Lattrait note

「今を生きる」CD発売


手話シンガー水戸真奈美さんのCDが発売になりました。
難病の子ども達の事を思って一緒に作った「キミはここにいる」も
収録されています。全部いい曲なので、ぜひ聴いて欲しいです。
僕は彼女を応援しています。これからも頑張って下さい。
以下、真奈美さんの文章より抜粋

10月9日発売
『今を生きる』がリリースされましたぁ〜☆☆☆

アルバムコンセプトは、
今回のCDは【命】と【生きること】をテーマとしています。

震災後に様々な場所で、たくさんの方々と手話をしながら歌った曲や
二度とこんな辛い想いをしてほしくないという想いを込めて
歌っているカバー曲や、難病の子供たち、被災地の学生たち、
障がいを持った方々…本当に多くの方々と関わらせていただくことで、
毎日当たり前のようにしていることが本当に幸せなんだということを
改めて気づかせていただきました。
辛いことがたくさんあるかもしれませんが、
生きることを諦めてほしくないですし、
生きていることの奇跡を考えてもらえたらと思います。

1.INORI
2.笑顔
3.キミはここにいる
4.私はあなたを空にする
5.未来への扉

このCDは全国のCD店で注文・購入できます!!

また、アマゾンなどでも購入可能ですし、
私のホームページの方にある連絡先に
メールを送っていただいても大丈夫です(^ ^)

http://www.mitomanami.net/

iTunesにもあるので、ぜひダウンロードして着うたにしてくださいね♪♪

2013年10月11日(金) No.325 (お知らせ)

アンサンブルラトレ 合奏練習


9月の合奏練習は台風通過の為中止になっていました。
その代わりに9月22日と10月6日の二回に分けて
合奏の振り替え練習を行いました。

9月22日は集まった人数が各パート一人ずつと少なかったので
「もやもやしないではっきりした音で弾く」というのを
意識して練習しました。
弓のスピードを調整すると優しい音や力強い音や軽い音・・・
色々な音色を表現することが出来ます。
メロディパートの音がよく聞こえるように
みんなで工夫して練習しました。

合奏指導のあとも皆さんオヤツを食べながら夕方まで
自主練習を頑張ったそうです。

10月6日は7名ほど参加してくださり
大森のレッスン室がいっぱいになりました。
大森のレッスン室はグランドピアノを支えるため
床下に金属板が入っていてよく響くのです。
そのせいか7人で全力で演奏するとうるさくて・・・
メロディ以外の人が音量をぐっと落とす練習をしました。
するとすごくすっきりしてバランスもとてもいい!
頑張らない分体が自由に動くので
楽器も押し付けられた音ではなくよく鳴っています。
「メロディをよく聴いて」とはよく言っていて
皆さんも「聴いてます」と言ってくださるのですが
お客さんが聴いた時にメロディが聴こえてくるかな?
と客観的に考えてみるとまだまだ頑張りすぎな気がします。
私にとっても大きな発見で
よく考えれば
「メロディが聴こえるためにはメロディが頑張るんじゃなくて
他が抑えればいいんだ!」というごくごく単純なことでした。

この日はお昼をまたいでの時間帯だったので
朝からほうとうを作っておきました。
みんなで分けると少しずつになってしまいましたが
山中湖の思い出たっぷりのほうとうと
長野の手作り野菜のたっぷり入ったおいしいうどんになりました。
ほうとうを食べながら当日の衣装の相談をしていたら
なんと、ついに「ラトレTシャツ」を作ることになりました!!
その場にいる人だけで決めてしまったのが少々気にはなりますが・・
団結力も増していい演奏になることを祈ります。

練習風景
 
2013年10月08日(火) No.324 (お知らせ)

山中湖国際音楽祭2013閉幕


素晴らしい演奏家とお客様、スタッフに
囲まれて過ごした山中湖音楽祭。
リハーサル、本番、交流会、と
毎日音楽とお酒漬けの日々は本当に楽しく、
6日間があっという間でした。



もちろん自分の作品の初演があったことや
あのクトロバッツ兄弟が僕の編曲で
ピアノを演奏してくれたことはうれしいですが
何よりもうれしいのは
初めて来たお客様が
「本当に感動した。またぜひ来年も来たい」や
「近くでやっているのは知っていたけど、こんなに
すごい音楽祭だったとは知らなかった」
「来年はたくさん宣伝して友人をいっぱい連れてきたい」
と、すごく感動してくれたことです。

僕もこの音楽祭のファンであるし、
もっともっとこの感動を伝えたい、という思いが
いっぱいあります。
ぜひ来年もたくさんの人に会えることを楽しみにしています。

ちなみにホテルには温泉もあるので
演奏家も本番前に入っているし、僕らも入ります。
こんなコンサートはなかなかないと思います。
ぜひ一度だまされたと思って来て欲しいです。

ではまた来年。


(息の合った6人で、作品を演奏してくれました)
2013年09月30日(月) No.322 (お知らせ)

ライブ&コンサート


台風が過ぎ、一気に秋になったような
気がします。
雨と風で被害をもたらしたかと思えば
過ぎてしまえばなんと穏やかな空が
広がったことでしょう。
自然は怖さもあり、包み込むような優しさもあります。
自然に感謝して謙虚に生きたいものです。

さて芸術の秋ということでまずは二つ。


手話シンガーの真奈美さんライブに行きました。
耳が聴こえなくても音楽を楽しめる、ということで
たくさんの人が来ていました。
手話を使ったパフォーマンスは、とても思いが伝わってきて
感動しました。
思いは伝わるんですね。
真奈美さんのHPはhttp://www.mitomanami.net/
彼女のCD「今を生きる」が10/9に発売になりますが
真奈美さん作詞で相澤作曲の「キミはここにいる」も収録されて
いますのでぜひよろしくお願い致します。



もう一つはバリトン歌手の栗原さんが出演する
コンサートを聴きに東京文化会館へ。
開場前から長蛇の列が出来ていて
とてもうれしくなりました。
歌はもちろんとても素敵でした。
これからも益々活躍して欲しいです。

そしていよいよウィーンからは
ピアノデュオのクロトヴァッツ兄弟が来日します。
明日は銀座でコンサートで、それからツアーが始まり、
山中湖国際音楽祭へと繋がります。
わくわくの9月です。

洋正
2013年09月19日(木) No.320 (お知らせ)

0さいのためのゆったりコンサート


昨日は私の念願の初企画でした。
今まで「0歳からの〜」という企画はあっても
0歳さん限定の企画はなくて、
0歳さんとそのお母さんが安心して楽しめる空間を作り
音楽を楽しんでもらいたいとずっと思っていました。

今回は手作りが史上最大に多いと覚悟はしていましたが
それに加えてパソコンの故障!
これはかなりの痛手でした・・・
プログラムが作れない!
白い紙にイラストを貼って定規で線を引いて
まっすぐ手書きで書いて色を塗って印刷して・・
一晩かかりました。
進行表、名簿も全て記憶を頼りに手書きです。
時間はかかりましたが手書きでも何とかなりました。
普段からアナログ生活していてよかった〜

そんな訳で全てが手作りとなった今回。
なんとチラシや口コミで9組の親子さんが集まって下さいました!
企画・募集・内容全て自分でやるのは初めてだったので
どうなることかとても心配でしたがよかったです。

今回は9組中5人が6ヶ月の女の子だったこともあり
初対面のママさん同士でも早速仲良くなっていて
最初から暖かくて優しい雰囲気が出来上がっていました。

初めにバイオリンとチェロとピアノによる演奏を
3曲続けてお聞きいただきましたが
泣き出す子は一人もいなくて、みんな興味津々で聞いてくれました。
楽器が気になって匍匐前進して来るお友達も!


演奏の後はてあそび歌「ぞうきんのうた」でスキンシップをしました。
息子が赤ちゃんの時は知らなかったのが残念なくらい
可愛くて楽しいてあそびです。
ちなみに、3歳半の息子にやったら大喜びで何度もやらされました。

絵本は「しーっ」というかわいらしい絵本を読みました。
みんなとても真剣に見入っていました。


そして今回のメインイベント、「落ち葉遊び」です。
紙で作った大量の落ち葉の中に音のなるフェルトの落ち葉が混じっています。
しばらく落ち葉で思い思いに遊んだ後、フェルトの落ち葉探しをしました。
が・・・みんな紙の落ち葉の方が気に入ったようで
しっかり掴んでモグモグモグ。
夢中で遊んでくれているのでママ達にもいいシャッターチャンスとなったようです。

落ち葉で遊びながら秋の歌のメドレーを演奏しました。
ママ達は歌ったことのある日本の歌。
子ども達もいつか歌うことになるでしょう。
その時に「昔、紙の葉っぱを食べながら聴いたな〜」なんて
思い出してくれたら嬉しいなぁ。

さて、待望のオヤツタイムです。
タエフードのタエチンが
授乳中のママも離乳食の始まった赤ちゃんも安心して食べられるお菓子を
作ってくれました。
お茶ももちろんノンカフェイン。
確かお願いしたのはクッキー2種類だったのですが
ドライフルーツまでつけてくれて、月齢の低いお子さんも食べることが出来ました。
さすがタエチン!脱帽です。
お菓子の説明や、育児中のママが気になるアレルギーの話、
ママ達の質問にも丁寧に答えてくれて、有意義な時間になりました。
タエチンもブログに紹介してくださったので
ぜひこちらもどうぞ。
http://ameblo.jp/scubatae/entry-11613590106.html

そしてお子さん達も授乳タイムになりおねむになりはじめた頃
最後の「Affection」を演奏しました。
洋正先生が作った曲ですが、私は初めて聴いた時に
「おなかの大きくなったお母さんが『早くおなかの赤ちゃんに会いたいな』と
心待ちにしている時の曲みたい」と勝手にイメージして
とても暖かい気持ちになったことをお伝えしました。
すると、終演後のアンケートでもダントツの一番人気でした。
これから夜泣きが始まったり離乳食を食べてくれなかったりと
大変な時がやってくると思いますが
生まれたときの気持ちを思い出して「また頑張ろう!」と
思ってもらえたらいいなぁと思います。

はじめての企画「0さいコンサート」は大成功!!
次回は来年1月頃にVol.2を開催したいと思います。

参加してくださった皆様、
フード提供のタエチン、
広告協力の石井さん、
チラシを置かせていただいた小児科の先生、
ヤキモチ焼いて「0さいさんはぜっったい楽しくないと思う!」と
言い切っていた我が息子、
当日やっぱりダウンした息子の面倒をみてくれたばあば、
そしてラトレのメンバー二人、
皆さんどうもありがとうございました!!

タエチンが写真をたくさん撮ってくれたので
フォトギャラリーにもアップしておきます。
http://www.lattrait-music.com/photo/index.html



2013年09月14日(土) No.319 (お知らせ)

PCが…


こども部屋


ようやく子ども部屋が出来ました。
陽子先生の念願だったのです。
なんと自分でフローリングマットみたいなのを
買ってきて一人で作り上げてしました。
さすが日曜大工大好き奥さんです。
しかも口ぐせは「電動ドリルが欲しい」・・・と。



リビングや寝室のいたる所におもちゃがあり、
なかなか片付けもできない状態でした。

ようやく息子専用の部屋が出来たので
ここでおもいっきり遊べます。

自分の部屋になったからか
寝る前の片付けも上手です。
それに保育園から帰ってきたら
テレビを見ずにここで遊ぶようになっています。

片付けや整理整頓など、まずは
できる環境を整えてあげないといけないですね。

ちなみにこの部屋は僕の仕事部屋だったので
このためにPCやらキーボードやらは
別の部屋に。
なんとかネットは繋がりましたが
あとはまだめちゃくちゃな状態・・・

僕も仕事環境を早く整えないと・・・

でも心機一転、いい感じです。

洋正
2013年09月04日(水) No.316 (お知らせ)

アンサンブルラトレ合奏練習


息子の夏休みその


もうだいぶ日が経ったのでショックから立ち直ってきましたが・・・
先々週、今年最も長く取れたお休み(4連休)で
高尾山登山と相模湖でバーベキューを予定していました。
私の幼馴染の親友が相模湖に引っ越したので
一泊させてもらうことになっていてとても楽しみにしていました。

はぁ〜。
またしてもイベントに弱い私達母子・・・
出発前夜、息子が寝た後トイレに行くと赤ワインのような血尿が!!
なんてこった・・・
夜中で怖かったけど
病院の駐車場代は高いので初めて自転車で救急病院へ。

「検査するまでもなく膀胱炎です」とあっという間に診断が。
「去年もなって二度目なんですけど癖になるんですよね?」
と不安になって確認すると
「前回のは『腎盂炎』です」と即否定。
放っておかずにすぐに病院に来ること!とお叱りをうけ
いただいた薬であっという間に回復したのですが。

翌朝(登山当日)待っていたのはまさかの「息子発熱」。。。
3歳になってからだいぶ丈夫になったと思って油断していました。
イベントに弱いのは遺伝してしまったようで。
日をずらせばお泊まりくらいはできるかも!?と
望みをかけて小児科へ行くと、
ただいま流行中のヘルパンギーナ・・・
これはウィルス性の感染症で保育園では登園禁止に指定されているもの。
当然外出は禁止です。

バーベキューの予約も食材の下ごしらえも万端だったのに・・・
親友も赤ちゃんがいて大変な中、沢山用意してくれていたのに(T-T)
あまりのショックにしばらく診察でうずくまってしまいました。

ヘルパンギーナは症状はすぐに治まりますが
喉が痛くて食事が出来ず体力が落ちてしまうため
回復に時間がかかる場合があると聞きましたが
自然治癒能力もママ譲りでよかった〜
息子は喉の痛みに気付かないようで食欲も落ちることなく
ママのショックもどこ吹く風。
元気に保育園に復帰しました。

前置きが長くなりましたが
この夏一大イベントが中止になったので
回復記念に二人で日帰りですが遊びに行ってきました!

「丸の内キッズジャンボリー」というイベントで
国際フォーラムの色んなところで色んな企画をやっていました。
トークショーだったり、試食会・体験コーナーだったり、
コンサートだったり、手作りコーナーだったり、
防災体験だったり、重機の撮影会だったり・・・
防災体験はスタンプラリーになっていて
レスキュー体験・消火器体験・放水体験・煙体験・起震車体験が出来ました。
「ママと一緒じゃなきゃできないよう」と半泣きだった息子は
消防士のお兄さんに制服を着せてもらうと仕事人の顔に!


放水体験

レスキュー体験

しかし一番のお気に入りはもちろん重機です。
油圧クローラドリルとミニクローラクレーン(だったかな?)が
展示してあって、特にドリルは初展示ということで
行列ができていましたが
毎度毎度並びなおすことそれぞれ4回ずつ。


ミニクローラクレーン

油圧ドリル

最後の方は「ママは来なくていいから」と
男らしく操縦席に座り、工事の人になりきっていました。
なにしろ今年の七夕の短冊は「工事の人になりたい」でしたから。

一日たっぷり遊んで、心行くまで重機を堪能して
すっかり満足の息子さま。
この日は「絶対息子のやりたいことに付き合う」と
決めていたのでさすがに私はぐったりでしたが
親から離れて一人でチャレンジできたり
怖い体験も頑張って挑戦したり
一日で息子の成長を沢山見ることが出来たので
私もとっても満足な一日でした。

来週はいよいよ二つ目のイベント。
じいじばあばの家に帰省です。

今度は熱出ませんように・・・


2013年08月16日(金) No.311 (お知らせ)

線香花火


東京は暑い日が続いていますね。
突然の雷やゲリラ豪雨など
自然の怖さを感じます。

さてお盆ですがみなさまいかがお過ごしですか?

東京に留まっている相澤家ですが
夫婦で「線香花火」をやりました。



純日本製手作り線香花火です。

見た目も素敵ですよね。

先月初演の拙作「線香花火」を書く時に調べたのですが
線香花火はその燃える段階によって
「牡丹→松葉→柳→散り菊」と名前がついているんですね。
この繊細な感覚、いいですね日本人。

たまにはちょっと贅沢な感じの線香花火もいかがでしょうか?

洋正
2013年08月15日(木) No.310 (お知らせ)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16][17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39]