Lattrait note

みなみ保育園コンサート&帰省


8月6日(月)
いまや恒例となったみなみ保育園コンサートです。
午前中は保育園のお友達と歌ったりチェロを聴いたりしました。
いつもの事ながら反応がとてもよくて
「あ〜!アンパンマンだ〜」と言って
一緒に口ずさんでくれたりしました。


プログラムは6月にわいわいフェスタでやったものとほぼ同じ。
葉っぱの傘も作りました!!
こちらでも葉っぱの傘は大好評。

「トトロのかさだ〜!」と言ってみんな喜んでくれました。
コンサートの後教室に戻るときに全員がタッチして行ってくれました。
楽しかったみたいで良かった〜
「きれ〜い!!(ドレスが)」と言ってくれてたし♪

夕方のコンサートまで時間があったので
王子とかっちゃん(洋正's妹)と一緒に近くの公園に行きました。
ばぁばが茹でてくれた採れたてのとうもろこしを
依田川の河原に下りて川の水で冷やしてみんなで食べました。
最高に美味しかったです。


お昼寝が気持ちよくて、三人川の字で寝ていたら寝坊!!
大慌てで午後の支度をして、15時半から午後のコンサートです。

午後はお迎えのお母さんや保育園の先生方にも聴いて頂きました。
こちらでは8月7日が七夕だそうで
星や空にちなんだプログラムにしました。
6月30日に横浜でやったものとほぼ同じです。

みんなで歌うコーナーでは予想より大人のお客様の年齢層が低かったので
選曲が古過ぎたかもしれません。
声を出して歌うのが恥ずかしい年代の若いお母様方だったので
その分私が張り切って歌いました!
最後にはまたみんなで保育園の園歌を歌いました。
いつ聴いてもいい曲ですね。
さすが洋正先生。
子供達の一生懸命歌う姿にもぐっと来ます。

今日は朝から保育園で走り回って全然コンサートを聴いていなかった男の子が
最後に先生と一緒に「握手してください」と言いに来てくれました。
いやだいやだと言いながらも少しだけ興味を持ってくれていたんだなと思うと
とても嬉しかったです。
後で聞いたら複雑な事情があったけれど
そんなことは全然関係なく。
一人の少年が私達の音楽を一瞬でも聴いて
不器用ながら感謝の気持ちを表現してくれたということが
彼の心に少しでも変化を起こすことが出来たのかなと思うと嬉しいです。
なんでもその後「お姉さん(私のこと)の家はどこ?」としつこく聞いて
「家に行く」と言ってきかなかったとか・・・。
あらまぁファンになってくれたのかしら?
光栄です♪
きっと来年は忘れているんだろうな・・・

あっという間に帰省の一泊が終わりました。
コンサートを2本もやるとなるとせっかく帰ってもゆっくりできません。
秋にもコンサート&帰省になりそうですが
実家も出産ラッシュでこれから大忙し。
また落ち着いた頃にゆっくり帰れたらいいな。
その頃には王子の従姉妹達が増えて賑やかになっていることでしょう。



2012年08月08日(水) No.170 (お知らせ)

祝!!新ラトレ教室


7月29日
ラトレの生徒さんに集まっていただいて
新しい教室のお披露目と完成パーティをしました。
前半では大学のときからの恩師K野H文先生のコンサート。

一番初めに先生と私でボッケリーニのチェロのための二重奏を
演奏しました。

その後に先生がヴィバルディのコンチェルトと
ドヴォルザークのコンチェルトを演奏してくださいました。
間近で見る先生の動きや音色は圧巻でした。
特にドヴォルザークは大学の試験で演奏したことがあるので
大好きな曲だけど苦い思い出のある曲・・・
10年以上ぶりに聴いたらやっぱり素晴らしい演奏でした。


コンサートの後は皆さんが持ってきてくださったお土産を並べて
パーティをしました。
持ち寄りのパーティは初めてでしたので
皆さんも初めてで何を持っていったらいいか戸惑われたと思いますが
それぞれの性格が表れていてとても楽しかったです。
皆さんご協力ありがとうございました。
今日参加できなかった生徒さん達からも素敵なお花を贈っていただいたり
お菓子を事前に持ってきてくださったりして
感謝感激です!!
お花がこんなに沢山になりました!

お菓子やワインや手作りケーキなど・・・テーブルに並びきれないほど
あったのですが、写真を撮り忘れました・・・

まずは初対面の生徒さんもいたので全員で自己紹介をしました。
皆さんコンサートが素晴らしかったという感想を
K野先生にお伝えしていました。
誰一人私が最初に演奏したことを覚えている人はいません・・・
それくらい先生の演奏が圧巻だったということですね。
先生はお一人ずつとお話してくださって
皆さんにもとてもいい刺激になったと思います。
私個人としては先生ご自身が学生のとき
「レッスンが楽しいと思ったことは一度もなかった」とおっしゃったことが
とても印象的でした。
ずっとチェロを弾くのが大好きだったのだろうと勝手に想像していましたが
先生のような方でも苦悩したりした時期があったのだと思うと
とても新鮮でしたし、今苦労している生徒さんにとっても
励みになる言葉だったのではないかと思います。

新しいレッスン室は今日のようなコンサートのときや
今後アンサンブルや子供リトミックをするときは広い部屋で、
普段のレッスンは区切って出来るように間仕切りをつけました。
家具を選ぶのは苦労したけれど概ねイメージ通りの部屋になりました。
皆さん新しい教室でのレッスンを楽しみにしてくださっているようです。
環境が変わると気分も変わりますよね。
いよいよ明日から新教室でのレッスンが始まります!!

今後もよろしくお願いいたします。


2012年07月31日(火) No.168 (お知らせ)

ラトレ7月合奏


やっとやっとレッスン室のリフォームが終わりました!!
今週は家具を揃えたり移動した荷物を戻したり
ちょこちょこと家庭内引越しを始めました。
何とか内装は終わったものの、家具の調達が全然出来ていないので
29日のオープニングパーティには間に合わず残念・・・
パーティにはラトレのほとんどの生徒さんが集まってくださるので
とても楽しみです。
師匠のK先生もコンサートをしてくださることになっていて
楽しみにしてくださっているようです。

さて、昨日はアンサンブルラトレの練習でした。
大所帯になってから初の半数以下・・・
月に1回皆さんと集まるのをとても楽しみにしているので
直前の欠席連絡は決して気分のいいものではなく
会場に向かう途中の電車では携帯が光る度に
(お休み連絡じゃありませんように・・)と
ドキドキしながらメールを開いています。

それでも集まって下さったメンバーのために気を取り直して
賛美歌から始めました。
先月はアヴェマリアを集中して練習したので
他の曲は2ヶ月ぶりとなりました。
2ヶ月も空くと結構忘れてしまっていたりもするので
今までのレパートリーを忘れないためにも
毎回全曲を通してやることにしました。
全曲とは
・賛美歌2曲
・エーデルワイス
・ふるさと
・アメージンググレイス
・音階組曲(ピアノがある会場のみ)
・さくら
・アヴェマリア
・カノン
です。
挙げてみると結構ありますね。

久しぶりに楽譜を見ると忘れているのが繰り返しの有無や繰り返し記号の位置です。
楽譜の中でワープするのでいつも目が迷子になってしまいます。
迷子にならなくていいように早めに次に飛ぶ場所を探しておくことと
繰り返しをするときの目印を覚えました。

休憩中に久々に写真を撮ってみました。
なんとこのカメラ、「自動手ブレ機能付き」です。
手ブレ「補正」機能ではありません。
どんなに動かないように持っても必ずぶれるという
ちょっと困った機能付き(機能ではありませんね)。
ただ、ブログのように肖像権の問題が生じるときにはボケるので便利です。
和やかな団欒の様子です。
  

そして後半は一曲を決めて細かく練習することにしました。
今回は「さくら」を丁寧に確認しながら練習しました。
前奏の桜がはらはらと舞い落ちるイメージが
なかなかまだ出来上がらないようで
なんだかぎこちない。
そこでパートごとにアイコンタクトを取りながら弾いてみると
とても気を使って音を出すので優しい音になりましたし
周りの音をよく聞いて音色が揃ってきました。
ちょっと気を使うだけで皆さんとっても上手になるんです!!
今回は2パート以外が全部一人ずつという事態になってしまいましたが
お互いの音をよく聞きあってとてもいい演奏でした。
きめ細かく練習できて充実した時間となりました。


次回は8月26日青年館です。
気の早い潤子先生は気持ちがもう合宿に飛んでいましたね。
来月の練習の次が合宿なのでお忘れなきよう・・・



2012年07月23日(月) No.166 (お知らせ)

大田区アマチュア音楽祭2012


日々のあれこれ


今週の火曜日からついに我が家の一階部分の改装工事が始まりました。
今までリビングだったところに防音加工するのですが
来週中には出来上がるとの事。
早いですね。

そのため先週からリビングにあった荷物や家具を全部二階へお引越し。
今は寝室で親子3人6畳一間の生活をしています。
29日には私の師匠をお招きしてのオープニングパーティもあるので
職人さんたちも頑張ってくれています。
今はこんな感じ。


工事の間は玄関を開けっ放しなので
小麦姫はかわいそうですがレッスン室に監禁中。
でも、二重窓の隙間に挟まって気持ちよさそうにひなたぼっこしています。


そんな不便な最近ですが
先日ダメもとで植えたゴーヤが発芽しました!!

去年苗を買ってきてグリーンカーテンに初挑戦したものの
一つしか実が生らなかったので種にして取っておいたものです。
10個あった種がなんと全部発芽してみるみる伸びています。
庭にはリフォーム完成に合わせてヒマワリも植えていますが
もうすぐ花が咲きそう。
子供もそうですが、植物のお世話をしていると
毎日たくましく成長していくのがよくわかるので
生命の素晴らしさ、生きていく強さをすごく感じます!
毎日暇さえあれば芽の成長具合を見に庭に出ています。
夫には
「それだけ命の大切さに感激してるなら買った野菜を腐らせないでくれない?」
と言われてしまいました・・・
たしかに。頑張ります。

そして、先週の話ですが生徒さんが私にお誕生日ケーキを作って下さいました!
息子さんと娘さんのために毎年ケーキを手作りしていたそうで
「私も欲し〜い!」とお願いしたら
約束したとおり作って届けてくださったのです。
娘さんに作ってあげたのと同じピカチュウのケーキ。
スポンジから手作りです。

私はお菓子が苦手で生クリームも泡立てすぎて失敗するくらいなのですが
手作りっていいですね!!
黒砂糖を使って焼いたという気遣いたっぷりのケーキ。
イチゴがなくてさくらんぼで代用したというほっぺ。
(奇しくも王子の大好物なので早速取られました)
田舎から届いたばかりのメロンまでサンドしてあって。
お腹いっぱい胸いっぱいです。
小さい頃母がケーキを作ってくれるのがとても楽しみだったことを思い出しました。
売っているものですごくおいしいものは沢山あるけれど
お金では買えない喜びがありますね。
食べてしまった後も思い出が残りますし。

私も息子のために毎年ケーキを作っていきたいな。
「もう作らないでいいよ」って言われるまで
何年くらいお祝いしてあげられるかしら。

そしてまた今日で一つ年を重ねました。
お祝いメッセージありがとうございました。
今年も健康で多くの経験が出来る一年になりますように。




2012年07月13日(金) No.162 (お知らせ)

八郎潟ふるさと会の写真


七夕コンサートat川島地域ケアプラザ


6月30日(土)

当日は雲ひとつなくまるで秋のようなさわやかな一日になりました。
今日は大人も子供も楽しめるコンサートです。
予約の段階で60組と聞いていましたが
実際はどのくらいの方が聞きに来てくださったのでしょう。
開演前からとても楽しみにしてくださっている様子が
伝わってきていました。

今回は七夕ということで「空のもの」をテーマに曲を選びました。
・キラキラ星
・星に願いを
・雨メドレー〜雨のあとに〜
 シェルブールの雨傘・雨に濡れても・虹のかなたに
・絵本「ぼく、おつきさまとはなしたよ」
・千の風になって
・風の通り道(アンコール)


こんな感じです。
他にもクラシックの曲やみんなで歌うコーナーも入れました。

子供向けコンサートのときは
全体のテンポや子供たちの集中力のことも考えて
ほとんどMCは入れないのですが
今回は大人の方が多かったので
随分久しぶりにMCをしました。

始まるまでは演奏よりもトークの方が不安で緊張していました。
テーマは「七夕の短冊にどんなお願い事をするか」にしました。
子供の頃のお願い事って、
現実的ではないけれど夢がありましたよね。
「汽車になりたい」とか(←我が息子)「何とかレンジャーになりたい」とか。
でも大人になると浮かぶのは現実的な願い事ばかり。
「痩せますように」とか「出世しますように」とか「健康でありますように」とか。
・・・どれも自分の努力次第だよな〜と思ったり。
なんかつまらないよな〜。
そこで何十年ぶりかに短冊に私が書いたお願い事は・・・?
当日会場にいらした方だけの秘密です。

川島地域ケアプラザさんの方で笹と短冊を用意していただいていたので
コンサートを聴きながらお願い事を考えて
帰りに笹に飾ってもらいました。
私たちもちゃんと飾りましたよ。
お願い事、叶いますように・・・

絵本は初披露の「ぼく、おつきさまとはなしたよ」という本です。
絵本って子供の読む本というイメージがありますが
大人になっても楽しめるものもあるし
大人になったから良さが分かる本も沢山あります。
小さなお子さんにはちょっと長いお話でしたが
スクリーンで大きな絵が変わっていくのを
みんなじっと見てくれていました。


みんなで歌うコーナーは事前に施設の方から
歌うことが大好きな方が多いと聞いていたので
3曲用意しました。
会場には小学生のお客さんや乳幼児連れのパパママさんたちもいて
みなさん元気よく歌ってくれました。
若い方には聴き馴染みのない歌もあったけれど
ずっと歌い継がれていって欲しいものばかりです。
歌いながらマイクを持って客席を回ったのですが
マイクを向けると皆さん大きな声で歌ってくださって
最後のオジサマはマイクを私から取ってノリノリで歌ってくださいました。
会場とひとつになれたような気がしてとても嬉しかったです。


コンサートは休憩なしでたっぷり一時間。
熱気でエアコンも効きにくくなっていた中で
皆さん盛り上がって楽しんでくださいました。
私たちもとっても楽しかったです。

最後にスタッフの方が記念に撮って下さいました。
これまた久しぶりの二人揃っての写真です。
ドレスは天の川をイメージしました。







2012年07月05日(木) No.159 (お知らせ)

6月ラトレ合奏&ふるさと会演奏!!


「音の個展14inむろらん」


6月22日・23日で北海道の室蘭へ行ってきました。
前日までは長野旅行だったので旅続きです。

22日の朝羽田から同じ便に乗るメンバーと待ち合わせをして
手続きを全部やっていただきました。
飛行機は何度か乗ったことはありますが
なんだか乗る度に恐怖が増してきているようです。

飛行機の中では出発前の注意事項をよく聞き、
モニターで救命胴衣の説明を見て椅子下にあるか確認、
動き出したら現状を受け入れるために窓の外をしっかり見て、
(でも機体が傾くといけないので体は動かさず首だけ)
しっかり両方の肘掛につかまり、
歯を食いしばって離陸しました!
恐怖って声に出すといくらか楽になりますよね。
隣に座っていた知らないおじ様は全然怖くないようで
「離陸って怖いですよね」と話しかけるわけにも行かず
ずっと一人で力んでいたので相当疲労しました・・・

さてさて、新千歳空港についてからまず札幌に移動しました。
同行のIさんは札幌に住んでいたことがあるらしく
札幌で2人の女の子と合流した後名所案内をしてくれました。

いくら憧れの北海道とはいえお仕事で行く身ですから
観光気分にはとてもなれなかったのですが
二人の女の子達が楽しそうに旅を満喫していたので
いつの間にか私もちゃっかり旅仲間になっちゃいました♪

北海道庁を見て、時計台を見て、テレビ塔を見て、
札幌オリンピックのジャンプ台も見ました。
それから焼きとうもろこしを買って室蘭へ向かう電車の中で4人で食べました。
列車の時間やお金の管理は全部Iさんがやってくれたので
修学旅行みたいで楽しかったです。

室蘭に着いてからはお仕事モードです。
守谷先生の企画はいつも知らされていない(決まっていない?)事が多くて
スリル満点です。
最近ではその緊張感も楽しくなっています。
会場の室蘭市民会館はとてもきれいで気持ちのいいホールでした。
他の演奏者の方とも合流し、リハーサルをさささっと。
あっさりしすぎのリハーサルで心配なので舞台袖の一角で自主練。
なんとか全体像が見えてきました。

練習終了が21時で、なんとその後に懇親会です。
ママにはとても考えられないスケジュール(いつもなら寝ています)ですが
逆にめったにないチャンスなのでもちろん参加してきました。
先生方のありがたいお話を聞いたり、
子育てをしながら演奏をしてきた方の子育て術を伺ったり
とても有意義な時間でした。
帰宅0時を過ぎたのも久しぶり。

翌日は6時にしっかり起床。
生活リズムが染み付いているのは嬉しいやら悲しいやら・・・
6時半に東京の王子とパパにモーニングコールをして
早朝散歩に出かけました。
王子に北海道の景色を見せたくて
沢山写真を撮りに行きました。
まずは駅で電車の写真を撮って、工事現場でショベルカーを撮って
川で鴨たちを撮りました。

そして最終リハーサルの後は本番です。

私の出番は最初と最後。
1曲目が終わって大好きな守谷先生の曲を客席で聴こうと向かったら
なんとほぼ満席!!
仕方なく楽屋に戻りスピーカーから聴いていました。
最後の演奏曲は「室蘭」という合唱交響曲で
歌詞がついています。
2楽章のタイトルにある「イタンキ浜」には
午前中に連れて行ってもらいました。

砂がとてもキレイでクッションみたいにふかふかでした。
足をすくわれる感じが全然なくて歩きやすかったです。
演奏中にはこの景色を思い浮かべながら・・・と思っていたのに
緊張していてすっかり忘れていました。

室蘭での公演も大喝采で終了しました。
5月の曲目とまた違うプログラムでしたが今日も素晴らしかったです。

演奏会が終わったらすぐ帰宅組は帰りの支度です。
私はチェロを手荷物で預けるのでチェロの梱包をしなければいけません。
幸い何事もなかったけれどやはり心配です。

帰りの便はメンバーの方が隣だったので楽しく過ごせました。
が、お話が盛り上がっていてもやっぱり離陸と着陸のときは
心ここにあらずで踏ん張ってしまいました。
23時半帰宅。

今回は弾丸ツアーでしたが
ちょっとでも北海道観光が出来たこと
守谷先生の曲を演奏できたこと
新しい仲間と沢山知り合えたこと
沢山の経験がまた宝物になりました。
飛行機の恐怖を忘れないうちに是非また行きたいです。

翌日はアンサンブルラトレの練習&本番でした。
これはまた改めて。


2012年06月25日(月) No.157 (お知らせ)

「わいわいフェスタ」リポート


6月10日
大田区の子育てイベント「わいわいフェスタ」に参加してきました。
前日から雨が降っていて心配したけれど
当日の朝には何とか止んで、お客様もたくさん集まっていました。

このフェスタは市民団体やサークル、ボランティアの皆さんが
協力し合って作ったイベントです。
フリーマーケットや健康診断、ワンコインの占いやつぼ押しなども
あったようです。
私は王子とポニーの乗馬体験をしたかったのですが
王子の体調不良により断念!!
そんなイベントの中で演劇や音楽や遊び歌を行っていたのが
「こども劇場」です。

今回は私と王子がお世話になっている英語のO川先生とご一緒に
やらせていただきました。
私達夫婦以外の人が加わるのは初めてだったので
とても新鮮で楽しかったです。
実は今まであまりお話しする機会もなかったのですが
「いつか一緒にやれたらいいですね〜」と言っていたら
色々な偶然が重なり、コンサートをやることになり
打ち合わせを重ねながら色々お話したり
アイディアを出し合ったり、
話が脱線して子育ての相談やレッスンの相談をしたり
同じ干支だったことで盛り上がり(金運が強くてしつこいアレです)
とても楽しい時間を過ごしました。


さてさてそろそろコンサートの内容について書きます。

オープニングは手遊び歌「はじまるよ」
「クラシックのコンサートだから静かにしなきゃ」という
お母様方の緊張がスッと取れたのではないでしょうか。
1曲目のアンパンマンは手を叩いたり口ずさんだり
思い思いに音楽を楽しんでくれていました。
2曲目、3曲目はチェロの音に耳を傾けて
とっても静かに聴いてくれていました。
4曲目は洋正先生が王子誕生のときに作った曲
「光と風につつまれて」です。
皆さんが赤ちゃんと初めてご対面したときの感動を
思い出しながら聴いてくれたかな。


演奏の後は絵本「わたしのワンピース」です。
普段は絵本の写真を撮ってスクリーンに映すのですが
今回はプロジェクターを使えないと聞いて
「絵本のよさはページをめくるワクワク感にあるんだから
本物の絵本でやるのもいいかも!」と思いあえて本物の本でやりました。
が。実際は部屋からあふれ出ているお客様もいるほどの満員で
しかも「わたしのワンピース」は絵本が小さいので
後ろの方の人はかなり見にくかったと思います。
ごめんなさい・・・


絵本の後は「雨」をテーマにいろんな音を楽しみました。
ピアノやチェロで雨の音を表現してみました。
レインスティックという雨のような音のする楽器も体験してもらいました。
嵐の音楽の中、みんなに葉っぱの傘が配られると
「あめふりくまのこ」をみんなで歌いました。


歌を歌い終わったらかえるやかたつむりもでてきたよ。
先日王子と海に行ったときに拾ってきた貝をみんなに配って
背中を擦り合わせたらかえるの鳴き声みたいになりました。

かえるの合唱を歌った後
みんなで「あ〜したてんきにしておくれ〜」と歌ったら・・
虹がかかりました!!


最後に「さんぽ」を歌うときには立ち上がってくれた人も沢山いて
とても盛り上がりました!!
あっという間の40分間でした!!

今回は知人友人や生徒さんや当日通りがかった人や
私達が出ると知って楽しみにしてくれていた人が
沢山集まってくれました。
終わってから沢山の方が声をかけてくださって嬉しかったです!
次はどこで皆さんにお会いできるでしょうか?
これからも沢山の親子さんに笑顔になってもらうために
楽しいコンサートをいっぱい考えたいと思います。
O川先生、またよろしくお願いしますね!!


写真が載せきれないのでフォトギャラリーにも載せておきます!
http://www.lattrait-music.com/photo/index.html







2012年06月12日(火) No.153 (お知らせ)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28][29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39]