Lattrait note

25strings-koto Revolution concert vol.5


レッスン    ・・・&保育園


ラトレ3月合奏


絵本とチェロのファミリーコンサート


3月10日(土)

いよいよ待ちに待ったファミリーコンサートです。

今までの親子コンサートは主催者側から対象年齢の指定や
リクエスト曲などがあったのですが、今回は全てお任せ。
どんなお客様がどの位来てくださるのか全く分からない中で準備をしていました。
当日は前日からのラニーニョ現象とやらで吹雪のような雨風。
我が家の辺りでは霙になっていました。

それでも会場からの直前情報では10名ほど予約が増えたとか。
お天気が悪くてお出かけを中止したご近所の方が
来てくださるのかもしれません。

会場に着くとまた予約が増えていて
お子様用の楽器の材料が30個しか用意できなかったため
人数制限をしなくてはいけなくなりました。

そんなお客様の熱気は開演前の私達にも伝わって・・・
オープニングからとても楽しく過ごすことが出来ました。

ではコンサートの流れをレポします。

初めに入り口で配ったビーズを持参してきたペットボトルに入れて
マラカスを作りました。
みんなが作ったマラカスを振りながら
「さんぽ」と「アンパンマンのマーチ」を聞いてもらいました。
その後はチェロという楽器のお話を少しして
聞きなじみのあるクラシックを2曲演奏しました。
みんな静かに耳を傾けてくれました。

そして絵本「わたしのワンピース」です。
この絵本は主人公のうさぎさんが歌を歌うシーンが多くて・・・
私は歌は専門ではありませんがそんなのお客様に通用するわけがないので・・・
数日前からマスクをして寝たり、紅茶にしょうがを入れたり、
のど飴を舐めたり、早口言葉を言ったり・・
にわか歌手みたいなケアをしてみました。

果たして成果はあったのでしょうか?

お客さんが楽しそうに見ている姿が視界に入ったら
「上手にやらなくちゃ」という気持ちが吹き飛んで
子供が鼻歌を歌うように楽しく歌えました。
つまりあまり上手ではなかったかもしれませんが・・・
いつもラトレの皆さんに言っている
「上手ではなくてもいい演奏をする」は出来たと思います。

絵本の後は体をほぐすためにみんなに立ってもらって
「幸せなら手をたたこう」をオリジナルバージョンで歌いました。
最後の方は難しかったけど盛り上がりました!
体もぽかぽかになってきたところで、みんなで歌うコーナーです。
もう一度ペットボトルを取り出してさらに飾り付けをします。
配られたふわふわの紙をふたのところに貼ると・・・
お花のようになりました!

これをみんなで振ったらお花畑のようになりました。
そこでチューリップを歌いました。
チューリップのお花畑に飛んできた虫さんは誰かな?の問いに
「ちょうちょ!」「ハチ!」と即答してくれたおりこうさんたちです。
「ちょうちょ」と「ぶんぶんぶん」をみんなで歌い終わると
会場全体が賑やかなお花畑になっていました。


そしてあっという間に最後の曲。
「ありがとうの花」を演奏しました。

本当にあっという間でした・・・
まだ物足りない!!
ということで。
アンコールはおなじみの「勇気100%」
2コーラス目では後ろのお客様にも見てもらいたくて
後ろまで行っちゃいました。

コンサートが終わってお見送りするとき
一人一人が声をかけてくださって嬉しかったです。
女の子の大半は「ドレスがピンクで可愛い〜」でしたけど。

アンケートでは絵本の評判がなかなかよかったようで
にわか喉ケア?の成果はあったようです。
曲が良かったからなんですけどね(←作曲者より)。

来てくれたお友達からはとてもいいコンサートだったと
メールをたくさん頂きましたが
今回のコンサートでの一番の成功のカギは
お客様のウェルカムな笑顔と心から喜んでくれている姿でした。
会場に入った瞬間から
「今日はいいコンサートになる!」と思いましたから。
一緒に楽しんでくれたみんながいたから
一緒に素敵なコンサートを作り上げることが出来ました。

本当にどうもありがとうございました!!

徹夜した作品の数々



2012年03月14日(水) No.131 (お知らせ)

ひな祭り


我が家の娘「ムギ」ちゃん。
最近は息子も「ム〜ギ〜」と呼ぶように。



ひな祭りの人形も出しました。



飾りつけ類を出したりするのはママの役目。
ちょっとした棚などを組み立てたり
息子のためのダンボールの家や
牛乳パックの踏み台を作るのもママ。

パパは・・・掃除、片付け・・・全般。
(ママももちろんやりますよ)

なんだか反対ですね。

さて来週3/10(土)はいよいよ
「絵本とチェロのファミリーコンサート」です。
http://iwama.exblog.jp/17326608/

当日配るプログラム案も送られてきましたが
とってもかわいらしいです。
ぜひいらして下さい。
要予約ですので045-370-1550へ
2012年03月02日(金) No.128 (お知らせ)

ラトレ2月合奏


千葉旅行!!


2月12日のバレンタインコンサ−トの後
せっかく館山に来たのだから南房総を満喫しようということで・・・
白浜温泉に一泊しました。
房総半島の一番下の方にある所で泊まった旅館は海が目の前!!
王子にはずっと本物の海を見せたかったので
旅館についてワンパク母子は早速海岸へ降りました。
パパに言ったら危ないと反対されそうだったので
お風呂に入ってる間にこっそり脱出。
ちょうど日の入りに間に合いました。
水平線が真っ赤になっていく様子を
ず−っと見ていました。

翌日は野島崎灯台という最南端の灯台に登ってみました。
私は高所恐怖症なので一番上まで上がったものの
外の景色に足がすくみ、階段の手すりにしがみついていましたが
王子は大はしゃぎで展望台の周りをぐるぐる3周もしていました。

灯台の下が散策コ−スみたいになっていたので
海沿いの道をのんびり歩いてお散歩した後
鴨川シ−ワ−ルドに行きました。

最近は言葉がだいぶ増えて
海の生き物の名前も沢山知っているので
面白いです。
「パメ〜!」←亀
「ぁに〜!」←蟹
「イビ〜!」←えび
「おたな〜!」←魚
「うぅた〜!」←いるか
「あだ−し!」←アザラシ
と言いながら大喜びでガラスに顔をベッタリくっつけていました。

楽しみにしていたシャチのショ−では
初めて見る大きなシャチが水しぶきをあげながら
ジャンプしていました。

最前列で見ることは叶わなかったけれど(パパの猛反対により)
4列目で迫力満点のジャンプを見ることが出来ました。
一番最後にショ−の中で一番の水しぶきがザパ−ン!!とかかって
全身ずぶぬれになりましたがワンパク母子はへっちゃらです。
パパは・・・
一張羅がビッショリになってがっくり。

最後にアシカのショ−を見て一緒に記念撮影をして帰ってきました。

王子は水をかぶったことが面白かったらしく
いろんな人に「たたった(かかった)」「バッシャ−ン」と報告しています。
体を張ったけど旅の思い出になってよかったね、パパ。


今度はどこの水族館、動物園に行こうかな。
2012年02月19日(日) No.125 (お知らせ)

朗読発表会


2/4(土)代々木上原のムジカーザで
朗読発表会がありました。
僕はその中で演奏されるピアノと尺八のメドレーを
アレンジしたのですが
前日になって尺八の方が病気?で出演できなくなり、
大急ぎでフルート奏者を探して代演を頼みました。



ほぼ初見の状態で初合わせ。1時間ほどリハして
なんとか大丈夫そう・・・
もちろん本番はばっちりでした。さすが!

この会は朗読がメインですが
語り手がとってもすばらしく、
話の世界に引き込まれてしまいました。

 

素敵な役者さん。



そしてピアニスト。

朗読ってちょっと聞くのが大変というイメージが
ありましたが、みなさん本当にすばらしい読み手だったので
話がよく伝わってきて、感動することができました。
朗読もいいなと思いました。
次回作にまた期待。
2012年02月07日(火) No.123 (お知らせ)

アンサンブルラトレ1月合奏


1月29日(日)

今日は二人がお休みでしたが、遊びに来てくださった方がお二人いたので
14人も集まりました。

最初にいつもやっている賛美歌二曲から。
今日はコンミス(合図を出す係の人)に合わせて音を出す練習をしました。
コンミスの手元や息づかいを感じて
ちょっと先に出たり遅くなったりしてはいけません。
特に新しいフレ−ズの最初の音とか
アウフタクトとか。
最初の頃はあちこちからフライングの音と私の「やり直し〜!!」の
怒鳴り声が飛び交っていましたが
数回練習するとだんだんピッタリ合ってきました。
そうすると音色もとても綺麗に合ってきたのが
皆さん気づいてくれたかしら?
自分のタイミングで好きなときに「ブーッ」と弾くより
みんなの様子を伺って慎重に音を出すときの音は
なんて繊細で緊張感のある音なんでしょう。
「ひとつの音を出すのにこんなにドキドキしないといけないの?」
と思うかもしれませんが、そうなんです。
これくらい慎重に大切に一つ一つの音を出せたら
とてもいいアンサンブルになります。

アメ−ジンググレイスではまた譜面をチェンジ。
4種類あるパ−トを全部経験してみようというのが
この曲の課題です。
他のパ−トの人が指導を受けたりしているときに
ちょっと耳を傾けておくと
同じ注意を受けずに済みますし
似たようなパタ−ンが自分のパ−トにあるときに
応用が利きますよね!
最後にまた隣の人へ楽譜を回して終了。
次にやる人が見て分かりやすい書き込みをするというのも
お勉強しているポイントです。

今日は王子が同伴でしたが
お昼寝の入眠を失敗し初めはずっと不機嫌・・・
3時くらいからスイッチが入り
潤子先生にずっと遊んでもらっていました。
休憩のときはメンバ−一人ずつに
おやつのシュ−クリ−ムを「ど〜じょ」と手渡して
お手伝いしてくれました。

後半はさくらをやりました。
スコアを見ながらリズムが難しいところを
みんなで手をたたきながら歌いました。
複雑なリズムは、一小節を4分割して一拍ごとに区切ることから始めます。
タイや休符が拍の頭だったりすることもあるので
それをしっかり意識しないとなんとなくになってしまいます。
この曲の終わり方を何回か確認して
最後に通してみましたが、今日は・・・・
時間切れのため次回に期待です。


そうそう、今日夫は私の師匠のコンサ−トに行っていたのです。
師匠が小さな喫茶店でティ−タイムコンサ−トをやると聞き
こんな一生に一度くらいの貴重な機会に
是非行きたかったのですが今日の合奏と重なり
代わりに夫に耳と心を肥やしてきてもらいました。
20人くらいの少人数で
師匠の生の音を間近で聞くことが出来
たいそう感動しておりました。
恐れ多くも師匠はこのラトレの教室のために
演奏しても良いとおっしゃってくださったそうなので
(恐れ多くてまだ直接お話していませんが・・)
ラトレ特別授業としてコンサ−トが実現できるように
頑張ります!!



2012年01月30日(月) No.122 (お知らせ)

セロ弾きのゴーシュ


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30][31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39]