Lattrait note

みなみ保育園コンサート


10月31日(月)
予報では雨だったのに朝からとってもいいお天気。
長野のみなみ保育園で2回コンサートを行いました。

午前中は園児達と一緒に歌ったり絵本を読んだりのコンサート。
みんなとっても静かに聴くことが出来ました。

絵本は「ノンタン ほわほわほわわ」
ノンタンがふうせんガムをうっかり飲んでしまったら
体が浮き上がって、雲の上までふわふわ飛んでいったら
蜂さんに刺されて空気が抜けて空から落ちてしまい
それを雲さんたちが助けてくれて雲が汽車になって
地上まで送り届けてくれた・・・という可愛らしいお話で
ノンタンの歌もあったのですが・・・
私は数日前から何故か突然声が枯れてオジサンみたいな声になってしまい
歌はもちろん歌えず朗読に変更、子供達のノンタン像を壊さないよう
「ノンタンが風邪を引いちゃったみたいなの」と前置きして
何とか無事終了。
「ハテナボックス」のコーナーでは箱から取り出したアイテムが
次の歌のキーワードになっていて結構盛り上がりました。


コンサートのあとはもちろん洋正先生の作った園歌を
みんなで歌いました。
みんなとっても上手に一生懸命歌ってくれました。

午後はお迎えに来たお母様たちやご近所の方もご一緒に
親子コンサート。
秋の童謡を6曲も盛り込んだ「秋メドレー」や
クラシックを聴いていただいたり
懐かしい歌謡曲などをみんなで歌ったりしました。
アンコールは全然用意していなかった「情熱大陸」が急遽リクエストされ
かなり焦りましたが
気分はすっかり葉加瀬太郎さんのつもりで
ノリノリで楽しんじゃいました。



お土産にはみんなが育てた取れたてのサツマイモと
王子のために手作りのおもちゃをたくさん頂きました。
心のこもったプレゼントをどうもありがとう!!



この日保育園ではハロウィーンの行事もあり
先生方と園児たちが彫ったというかぼちゃを
記念に頂いてきました。

自宅前で記念撮影。
暗くて分かりにくいですが何故かほうきを持っています。



2011年11月04日(金) No.105 (お知らせ)

王子の秋休み


10月31日に長野の実家隣のみなみ保育園でコンサートをやるために
30日から11月1日まで帰省して来ました。
コンサートの様子はまた後日写真とともにアップするとして
今日は秋休みのご紹介をします。

長野への帰省は2ヶ月ぶりくらいですが
王子にとってパパとママと一緒に過ごすお休みも
ずいぶん久しぶりだったはず。

30日は家でじぃじとばぁばともゆっくり過ごし
たくさん遊んでもらいました。
もうだいぶ慣れて、しばらくママがいなくても全然気にしないようなので
ちょっと練習ができちゃいました。

31日は午前中のコンサートの時に
じぃじとばぁばとお散歩に行ったようです。
いなごやトンボを見つけて大喜びしていたみたい。
普段見ることのできない景色で
いっぱいいい経験をしたようです。

午前と午後のコンサートの合間には
近くにある丸子公園にパパとママと三人で行きました。
広い芝生に木の遊具や滑り台があって
檻には鶏とサルがいました。
昔は鹿もいたそうです。
芝生の上を泥んこになって転げ回って
土管の中でかくれんぼして・・・
久々に親子三人で遊びました。

公園のすぐそばには大きな川が流れていて
川まで下りる階段を発見!!
もちろん水好きな私達(王子&ママ)はすぐ川へ。
「危ないから帰るよ〜」と言いながらもしっかりついてくるパパ。
オムツまでびっしょりになりながら黙々と石を投げていました。

1日の最終日はじぃじも一緒に車ですぐの信州国際音楽村という所に
行ってきました。
車通りのある道からだいぶ奥まったところにあるのですが
とても見晴らしがいい場所にあって
ホールは木と石でできたとてもぬくもりのあるホールです。
そこに新しく野外ホールと広場ができたということでお散歩に。

帰宅したらすぐ、今度はじぃじの軽トラに乗り換えて畑仕事です。
王子はついに畑デビューです。
今回は大根と長ネギとチンゲンサイと柿を収穫しました。
王子はかごに入れた野菜を全部出してばら撒く係をやってくれました。
畑には小さい蛙やバッタがいて手に乗せて遊んだりしていました。
小さい時から土に触れるという都会ではなかなかできない経験をたくさんして
健やかに穏やかに成長して欲しいです。

次回はみなみ保育園でのコンサートの様子を
報告します。



2011年11月01日(火) No.104 (お知らせ)

沢山の善意をありがとうございました


先月のラトレコンサートから一ヶ月も経ってしまい
ずっとご報告できずにいましたが
今日ようやくユニセフに振り込んできました。
コンサートのときに皆さまから頂いた募金です。
実は当日のバタバタでラトレメンバーに募金を呼びかけるのを
すっかり忘れていたのでした。

昨日の練習のときにもう一度箱を組み立てて
最後にメンバー達からも東北の方たちへの思いを
しっかり預かりました。

集まった総額なんと

65320円!!

(何度も書き直したため見にくくなってしまいました・・・)

被災地の方々の為に寄付をしたかったけれど
どこに寄付したらいいか迷っていたという方が
このコンサートを聴いて賛同してくださったようです。

本当に皆さまどうもありがとうございました!!

一日も早い被災地の復興をお祈りしています。
これからも「私達にできること」していきたいです。



2011年10月24日(月) No.103 (お知らせ)

新生ラトレ始動!!&次回発表会!


10月23日
今日はコンサート後初のアンサンブルでした。
先月までは頻繁に練習があったので
なんだかずいぶんお久しぶりの気がして
早く皆さんにお会いしたかったです!

さて、コンサートで1曲だけ参加した新人さん達が
正式に仲間入りをしてくれて、新生ラトレは12名になりました♪
今日は自己紹介とコンサートの感想を一人ずつお話しするところから
始まりました。

皆さん初めて舞台に立って、
個人的な反省点はあるものの
楽しかったからこそもっと上手になりたい!という
前向きな思いの伝わる意見が沢山聞けました。

そんな感じで前半はしばしミーティングをして
久々に洋正先生の音階組曲をやってみました。
初めてやる方も多く、譜読みからのスタートです。

これはただの音階なのですが、素敵な伴奏が付いていて
「綺麗な音色で弾きたいな」「綺麗なハーモニーを作りたいな」と
自然に思えるようにできています。
まずは簡単に指番号のチェックをして
全員で合奏してみました。
・・・まぁまぁです。
初めは楽譜に書いてある指示通りに音を出すのが精一杯。
どんな曲だったか聴きながら弾けたかな?
そこで今度はメンバーを半分に分けてお互い聴きあいました。
少ないと緊張するけど周りや自分の音がよく聞こえます。
正しい音程を探るにはできるだけリラックスした状態で
軽い弓で音を出したほうが聴きやすいと覚えました。

聴きあうことで全体のイメージができてきたので
今度はフレーズや役割分担を考えました。
「今はピアノが主役だから私は伴奏」「ここはチェロの聞かせどころ」など
整理してもう一度やってみると、全然違います。
テクニック云々ではなく
「こんな風に弾きたい」とイメージすればだんだん近づいていくのです。

休憩中の恒例・近況報告会は「一人1分で」と言ったのに
皆さん沢山おしゃべりしてくださって(何しろ久しぶりでしたからね)
今日一番の盛り上がりでした(いつもの事です)。

後半は用意した賛美歌2曲を初見でやってみました。
賛美歌は四声になっているので和音がわかりやすく
音符も簡単なので色々なことに気づきながら練習することができます。
全員を4つのパートにわけ、
全員で合奏したり一人ずつカルテットにしたりして練習しました。
ここでは調の主役の音(主音)と主和音(主役の和音)について
まじめにお勉強しました。
たとえばドミソの和音の中でミ(第三音)は少し小さく弾いたほうが
合いやすいし聴きやすいのです。

今日の開始直後のアンサンブルと終了間際のアンサンブルでは
全然違う団体かと思うほどよくなっていました。
これからしばらく本番が無いので気が抜けてしまいがちですが
こういう練習をこつこつと続けていけば
間違いなく次回はもっといい演奏をお聞かせすることができるはず。

また次回コンサートに向けて頑張りましょう!!

来月は11月13日(日)あざみのの男女共同参画センターです。


10月24日
次回の発表会の日時が決定しました。
2012年4月1日です。
場所は大倉山記念館です。
今日は会場の支払いに行かなければいけなかったので
久々の丸一日休みだった事もあり、王子とお昼を持って
ランチがてら行ってまいりました。
ご存知の方は駅から会場へ続く急な坂が嫌だとおっしゃいますが
私は駅が上から見えるし、町も見渡せるし
広い公園の中に佇む厳かな建物の雰囲気が大好きです。
  
半年前にラトレコンサートをやるはずだった場所なので
懐かしいような寂しいような気持ちです。

次回の発表会はソロ演奏です。
アンサンブルと両方取り組んでいる方は慌しいですが
一度舞台を経験しているので大丈夫でしょう。

建物も素晴らしいですがホールの中もとても素敵で
音響もとてもよいです。
いい演奏ができるようにしっかりと準備をしてまいりましょう。




2011年10月23日(日) No.102 (お知らせ)

王子の秋休み


さて、最近頻繁に登場の我が家の王子です。

先週のコンサートまでは遅くまでレッスンにつき合わせたり
車で移動中に食事や昼寝をすることもあったりして
ずいぶん生活のリズムを崩してしまいました。
それに当日はほぼ丸一日ばぁばと叔父さんのTくんに面倒を見てもらって
とてもおりこうさんしてくれました。

今週はやっと私がゆっくり過ごす時間をとれたので
ほぼ一日中ベッタリしていました。
(今度はパパが作曲の締め切りに追われて部屋に缶詰です)
29日はまたまた突然思い立って上野動物園に行ってきました。

私は小さい頃から上野動物園が大好きで、ずっと連れて行きたかったのですが
人ごみや体調や気候などが気になって先延ばしになっていました。
長野で二度ほど動物園に行きましたが大喜びして反応もいいので
満を持して本命の上野に馳せ参じました。

朝からお弁当を持って開園と同時に動物園に入り
最初はもちろんリーリーとシンシンに初対面。
やっぱり上野にはパンダがいなくちゃ!
パンダブースはかなり混んでいて立ち止まるとメガホンで注意されます。
横目でチラチラ見ながら王子を抱っこしてただ目の前を通り過ぎただけ。
それでも愛らしい姿に感激しました。
午後にもう一回トライしましたがやっぱり立ち止まれなかったです。


午前中には象やさるを見てモノレールに乗って
ペンギンや新しくできたアイアイのブースも見に行きました。
お弁当を食べた後は
子供動物園でヤギや羊にご飯をあげました。
王子は小麦姫(我が家の猫)に慣れているので
物怖じせずに背中をなでなでしていました。



そして今日は初めての「お外で昼寝」。
抱っこ紐でしばらく歩いていたら寝たので私もベンチで休憩。
アイスを買って久々に一人の休息を過ごしました。

お昼寝から覚めた後は王子の一番のお目当て、トラです。
ライオンは遠くてよくわからなかったけどトラはすぐ近くまで来てくれました。


その後象が3頭鼻と尻尾をつないで一列に厩舎に帰っていくのを最後まで見送り
肩車でキリンを見て
シマウマやアリクイを見て
鳥達も見て
お土産やさんでぬいぐるみを買って
閉演時間の17時までたっぷり堪能して・・・
出口の外にあった公園の滑り台で駄々をこねしばらく遊び・・・
なんという体力・・・
ママは限界です。

おかげで夜はいつもより早く寝てくれました。
先週一週間がんばってくれたご褒美になったかな?
2011年10月01日(土) No.100 (お知らせ)

第一回ラトレアンサンブルコンサート・・・大成功!!


昨日はついにアンサンブルラトレの初舞台でした。
なんと70名以上のお客様が来てくださり
とてもいいコンサートになりました。

ここに来るまで本当に長い道のりでした・・・
前日の夜最後の準備をしながら今までのことをいろいろ思い出して
「大変だったけどよくがんばったな〜」と
勝手に感極まって何度も泣けてきましたが
本番が終わったらそんな今までの苦労も一気に吹き飛んで
全部忘れちゃいました。

演奏会を終えて思ったことは・・・

今回出演者にとって初めての舞台。
私達にとっては初めての運営。
出演者が不安をできるだけ感じないで演奏に専念できるように
裏方のことは全部私が一人で仕切らなくては、と思っていました。
けれども事情が変わり、私も演奏に加わることになってしまい
演奏と裏方を一人でこなすのは自分の度量をかなり超えていて
パンクしそうになりながらも仕事を上手く振り分けることもできず
不安なまま当日を迎えてしまいました。

ところが当日助けてくれたのはコンサートに関わる全ての人でした。

舞台のセッティングの指示をしてくださったのは先輩でもある
下倉バイオリンのKさん。

弾く場所や見た目のバランスを調整してくださったのは
舞台経験のある出演者の方達。

受付と照明のお二人は初対面にもかかわらず受付準備や雑用の手伝いまで
私が気づかなかったことまでやってくれていました。

慣れていない出演者に最後のアドバイスをしてくださったのは
急遽賛助出演を引き受けてくださった大好きなM先輩。
本当は言いたいことが沢山あっただろうに
後輩の私を上手く立てて上手にアシストしてくれて
舞台裏でも沢山手伝ってくださいました。

バイオリンのお手伝いのS先輩は
緊張している出演者をリラックスさせるのが上手です。
本番前にいつも弱音を吐く私を励ましてくれるのは
学生の頃と全く変わっていませんでした。

そしてウッカリだらけの私のミスを全部拾っていてくれたのは
意外にもパパでした。
最近はいつも王子が寝た後はビールを飲んで寝てしまい
(毎日忙しいので仕方ないのですが)
私が「ちょっと聞いてるの〜!?」と怒る毎日が続いていて
全然把握していないので頼りにならないな・・と思っていたのですが。
言い忘れたことややり忘れたことは全部指示してくれていて
大変助かりました!!

終わったあともみんなで手分けして片づけをしてくれて
冷静に考えてみると、私が一番働いていないんじゃないかしら・・?

本当に皆さんに感謝でいっぱいです。

他にも昨日会場に来てくださった全てのお客様。
私達の拙い演奏に温かい拍手を送ってくださりありがとうございました。
皆さまからお預かりした募金は責任を持ってユニセフに送らせて頂きます。
予想以上に多くの善意が集まり、
私達でも少しは被災地の方のお役に立てたのかなと思うと嬉しいです。
金額は後日発表いたします。

我が相澤家親戚一同も長野、茨城、東京、横浜から
それぞれ集まってくれました。
いつも身内への感謝が一番後回しになってしまいますが
とても心強い味方です。

そしてラトレ初コンサートを楽しみにしてくださっていたW先生からは
いつも応援していただいて、当日はいらっしゃれなくなってしまいましたが
ラトレのロゴである素敵なカラーのお花を贈ってくださいました。


打ち上げでは幹事のS氏がこれまた全て仕切ってくださり
とても楽しくて充実した時間を過ごしました。
一言ずつ感想を言い合い、達成感をみんなで共有することができました。
今回アンサンブル初参加の3名も
次回から正式メンバーになってくれそうです。

言うまでもなく潤子先生はいつもどおり私の女房役で
一番近くでいつも私をフォローしてくれる内助の功の達人です。

ここまで長々と書いてみて気づいたのは・・・
やっぱり私が一番働いてない!!?

皆さん本当にありがとうございました!
また来月から次のコンサートに向けて休む間もなく始動です。

演奏会の写真は近日中にphoto galleryにアップします。


追伸:
あ、演奏について一言も触れていませんでした・・・
帰ってビデオを見ましたが、なかなかよかったです。
一人一人の人柄がとてもよく伝わって
温かい演奏だったと思います。
入退場もとてもスムーズでメリハリのあるいい空間になっていました。
出演者にはDVDをお配りするのでお楽しみに!





2011年09月26日(月) No.99 (お知らせ)

ラトレ合奏最終回!


王子の夏休み


さて、お待ちかねの最終回はパパの実家に帰省です。

今回の帰省は遊びの予定がぎっしり詰まっています。

1日目
碓氷峠 鉄道文化村に立ち寄る。
実家到着。

2日目
須坂市動物園。
ランチ
山田牧場。
雷滝見学。
山田温泉到着。

3日目
小布施観光。
実家でランチ後帰路へ。

とかなりのハードスケジュールです。
まず鉄道文化村は乗り物大好きな王子が喜ぶと思って
行く時に立ち寄ることにしていました。
が、王子の興奮は私達の予想をはるかに超え
100円入れて走る自動車に夢中(ここは「鉄道」文化村です!)。
トロッコ電車や本物の車両の運転席やジオラマなど・・
色々あったのに、、、もちろん全部楽しみましたが
やっぱり最後は白バイにまたがって真剣です。

出発のときは案の定この世の終わりのような大号泣でした。

実家に着いたら、何回も来て場所に慣れたのか
じじばばの顔を覚えていたのか、すぐに探索開始。
テレビ台の中身を全部出したり
パソコンのスイッチを入れたり
台所へ行ってバナナを発見して食べたり
だいぶ自由に過ごしていました。
ママとしてはハラハラするけど
家と同じように好きにさせてくれるので
王子もリラックスして過ごせたようです。

次の日は朝早くから動物園に出発です。
須坂市動物園はボクシングするカンガルーのハッチがいた所で
今はハッチは亡くなって息子さんのタッチが後を継いでいました。
ハッチに会えなくて残念でしたが
ペンギンや鹿や熊やトラなど、写真や絵本で見たことのある動物達を
間近で見ることができて、あーと指差しながら大興奮していました。

山田牧場で牛を見た後は滝の見学に行きました。
「雷滝」というだけあって物凄い轟音でした。
滝の裏側を通って滝つぼの近くまでいけるので
ちょっと怖いけどみんなで行ってみました。
マイナスイオンを沢山吸ってエネルギーが益々みなぎって来た感じです。


宿泊した旅館のお風呂は渓流沿いで
酸化して赤くなった岩と木々の緑がとても綺麗に見えました。
王子は初温泉です。


次の日もゆっくり過ごし、帰りの車ではぐっすり。
いろんな経験をしてまた一回り大きくなったかな?

2011年09月09日(金) No.97 (お知らせ)

矢口幼稚園教室オープニングコンサート!!


10月から幼稚園の教室をお借りしてレッスンが始まります。
今日は私の自己紹介とチェロの生の響きに触れて欲しくて
近くの施設をお借りしてコンサートをやらせていただきました。

あいにくの台風と、場所が分かりにくかったために
事前申し込みの人数よりだいぶ少なくなってしまいましたが
事前申し込みの人数はかなり多かったので
沢山の方が興味を持ってくださっているのだと嬉しく思います。

今日は元教え子のHちゃんにお手伝いしてもらって
洋正先生と三人でのコンサートでした。

Hちゃんは今音楽高校に通っていますが
一番初めの3年間を家族のように濃密に過ごしたせいか
たまにしか会えないけれど妹のように可愛い存在で
フォームも良く似ていて合わせやすいです。


プログラムは洋正先生の作ったオリジナル曲や
クラシック、チェロ2本だけで演奏する曲、絵本の読み聞かせ、
曲あてクイズなど、盛り沢山に組み込みました。

園児のお客様はみんな50分近くもきちんと体育座りして
静かに聴いてくれました。
初めは後ろのほうでパパにピッタリくっついていた女の子も
いつの間にか前で座っていました。


コンサートの後は子供用の分数サイズの楽器を持ってきたので
興味のあるお友達に体験してもらいました。
指を抑えるのを手伝って、弓を一緒に動かしてみると
「キラキラ星」の一節が弾けてみんな大喜びしてくれました。

10月から早速レッスンを開始する生徒さんもいますし
このコンサートがきっかけで興味を持ってくれた人もいるので
これからが楽しみです。

ところで、チェロの場合、楽器は子供用(3歳くらい〜)があるのですが
教材はそれほど充実していないのです。
バイオリンほど習う人口が多くないのはそのせいもあるのかと。
そこで奮起してチェロの小さいお友達向け教材を作っちゃいました!!
何ヶ月かかったでしょうか・・大変でした〜
と言っても音楽的なことはほとんどしておりません。
バイオリンの子供向け教本を研究して
楽譜を洋正先生にチェロ用に直してもらって
それを切ったり貼ったりコピーしたり穴を開けたり・・・
夜な夜な工作でした。
そして出来上がったのがこちらです!


この教材を使ってチェロとともに成長してゆくお友達が
いるのかと思うと感慨深いです。

2011年09月04日(日) No.96 (お知らせ)

ラトレ講師リハーサル♪


今日は台風の影響で大雨が心配な中
バイオリンの潤子先生と左納先生が集まってくださり
ラトレコンサート第二部のリハーサルを行いました。

練習は半年前に一度合わせて以来だったのですが
久しぶりに会ったとは思えないくらい弾きやすくて
あっという間の充実した3時間でした。
結構曲数も多いのに忙しい中しっかり仕上げてくださっていて
一緒に演奏していながら
「素敵だなぁ・・・」とすっかりお客さんの気分になっていました。

4日のコンサートが終わったら私も猛チャージで頑張ります!!

ちなみにこの日の王子はというと・・・
半年前と違ってじっと練習を聞いていられる状態ではなくとても心配しましたが、
お二人の先生の広いお心のおかげで
王子はいつもどおり自由に過ごしておりました。
パパがピアノ弾いてる横で連弾してくれたり(僕も弾きたいと大騒ぎ)
救急車を呼んでくれたり(電話のおもちゃです)
牛乳をこぼして拭いてくれたり(拭きたくてわざとこぼす)
大活躍の後はきっかり11時にママの背中によじ登り
気づくとご就寝。
そっと携帯用ベッド(チェロケース)に運び・・・

その後は集中して練習がはかどりました!

子育てとお仕事&練習の両立は大変だけど
周りの方の応援と理解があって何とか維持できています。
ベッタリ一緒に過ごせるのもあとちょっと。
もうしばらくの間だけ、周りに迷惑をかけながら
欲張って両方こなして行きたいと思います。

2011年09月02日(金) No.95 (お知らせ)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32][33] [34] [35] [36] [37] [38] [39]