Lattrait note

アンサンブルラトレ臨時集会!!


やよいこども園・園歌


3/19日に中野区にあるやよいこども園の卒園式が
無事に行われました。
地震やインフルエンザなどがあり、式自体できるか
という状況でしたが
短縮バージョンで行うという事で案内をいただき、
出席しました。



幼稚園と保育園が一体となったこども園で
今年がこども園にかわってからの最初の卒園生、
第一回になります。
僕は園歌の作成を頼まれ、今日初めて発表となり、
ピアノを弾いてきました。

この一年でこどもたちが感じた事、楽しかった事などを
言葉として出してもらい、それをもとに曲をつけました。
卒園生はできた歌詞をボードに書いて卒園制作として
園に残していきました。
庭には池があり、実のなる木がたくさんあります。
そしてさらにこどもたちが野菜も育てています。
自然をいっぱい感じることが出来る環境でしたので
自然を大事にする気持ち、そして地球上のみんなが
大切な仲間である、ということをテーマにして
曲をつくりました。

「はなも とりも かぜも そらも みんなうたう
げんきいっぱい えがおいっぱい やよいこどもえん」




来賓の先生がお話してくれました。
「震災があって多くの命がなくなってしまったけど
みんなは生かされている いのちはひとつしかなく
一度なくなったらもう戻らない だから 大切にしてほしい」と・・・

来年度からまた新しいこどもたちが入ってきます。
新しい園歌を歌って元気に育ってくれることを願います。

2011年03月24日(木) No.80 (お知らせ)

ラトレアンサンブルコンサ−ト延期のお知らせ


ラトレコンサ−ト 講師リハ


4月3日のラトレコンサ−トでは
一部でアンサンブルラトレの皆さんが演奏した後
二部では潤子先生、ゲストの左納里美先生、私と洋正先生で
ミニコンサ−トを企画しています。
今日はその第一回目のリハ−サル。

里美先生には2年以上ぶりくらいだったので
王子ももちろん初対面。
久しぶりで先輩ママとしての話もたくさん聞きたかったけれど
大急ぎで早口でしゃべって早々に練習に取り掛かりました。

二人とも事前にお渡ししてあった楽譜を
ものすごく弾きこんでくれていて
初めて合わせたのにとってもやりやすい!
昔一緒によく演奏していた大切な仲間なので
とても息が合って弾きやすかったし心地よい時間でした。

曲数は5曲で練習場所は3時間借りていたので
時間が余るかなぁと心配していたのですが
みんなでどんどん細かく掘り下げて行ったり
いろいろ試してみたりしているうちに
あっという間に時間が過ぎ・・・
1曲を残してしまいました。
次回合わせに向けて曲のイメ−ジを掴み
それぞれの課題を見つけたところで今日のところは終了。
大変有意義な時間でした。

当日はとってもいい演奏になりそうです。
私たちもアンサンブルラトレの皆さんに負けないように
コンサ−トを成功させるために全力投球していきます!
2011年03月03日(木) No.77 (お知らせ)

2月のアンサンブルラトレ


チャイルドマインダー!!


チャイルドマインダーってご存知ですか?

日本ではまだ聞き馴染みがありませんが
イギリスで発祥した保育の資格で
最近ではテレビ番組の中で某アイドルグループの5人や
某女性お笑い芸人3人組が取得したそうです。
保育士さんと似ているのですが
集団保育ではなく家庭の雰囲気のような環境の中で
一人一人に愛情を注いで関わっていく人のことです。

実は昨年の終わり頃から学校に通っていました。
通学日数が少ない代わりに朝から夕方までびっちり8時間の
ハードスケジュールでした。

久しぶりの学校はとても新鮮で
勉強はとても楽しかったです。

授業は0歳児から6歳児までの体と心の発達についてや
栄養のお勉強、救急の実習もやりました。

(余談ですが、たまたま救急の授業があった日の帰りに
初めて救急車を呼んでしまいました。
級友たちと帰る途中壁に頭が挟まって倒れている男性がいて・・・
実習で使ったタオルで頭を抑えながらみんなで引っ張り出して
救急車を呼んで、待つ間に嘔吐物をふき取りながら声かけをして・・・
酩酊状態のお方でした・・・な〜んだ。一安心。
不謹慎ですがいい復習になりました。)

チャイルドマインダーの名の通り
育児そのものより、子どもが豊かに健やかに成長していくために
大人がどう接してゆけばよいのかという精神を
たくさん学びました。

授業だけではなく提出課題もあって
オススメの絵本を紹介してグループで読み聞かせをしあったり
子どもの遊びを考えて発表したり
最終課題は5歳児のお弁当!
これは難題でした。
料理の腕だけでなく今までの勉強の全てが詰め込まれた課題です。
5歳児の食欲を促す彩りや必要カロリー、
栄養バランスや食品衛生にまで気を使い作りました。

最後に認定試験があり、今日その合格通知が届きました!


この資格があると保育所を開設したり、
自宅で一時保育などをしたり出来るのですが、
私の当初の目的は「子どもを知ること」だったので
それは少し果たせたような気がします。
ラトレにレッスンにいらっしゃる生徒さんが
安心してお子様を預けられるように、また
小さい生徒さんが習いに来たときにその子の目線でレッスンできるように、
他にも勉強したことを活かした活動ができたらいいなと思っています。





2011年02月06日(日) No.74 (お知らせ)

アンサンブルラトレ1月合奏練習


祝2011年


あけましておめでとうございます。

いよいよ2011年が始まりました。

1/8は早々に邦楽いろはにほ〜にて
私、相澤の曲が再演されます。
http://www.yaf.or.jp/event/2010/11/-meet-the.php

1/10は陽子も出演する「みんなで音楽会」。
チェロのアンサンブルが楽しめます。

2月には館山でのイベント、これは歌が
盛りだくさん・・・
それからいよいよ4月には
アンサンブルラトレのコ..
続きを読む
2011年01月03日(月) No.71 (お知らせ)

弾き納め会


横浜ロイヤルパークホテルで
今年一年を振り返る弾き納め会を開催しました。
お茶とケーキとフルーツの盛り合わせをいただきながら
演奏と歓談を楽しめるので生徒さんにも大変好評で
今年もお世話になりました。

今年は17名の生徒さんが参加してくださいました。
自己紹介などお話をまじえつつ個人演奏や
親子演奏


チェロアンサンブル


バイオリンアンサンブルなど


様々な編成での演奏を披露しあいました。
演奏の後には昨日夜中まで考えた渾身の(?)クイズで盛り上がりました。

個人演奏は皆さんどなたも素晴らしかったです!
ぜひこの力を発表会でも発揮してください〜!!

それぞれの方がご自分で演奏してみて、また人の演奏を見て、
来年の抱負や目標が見つかってくれたらいいなと思っています。

皆さんとても緊張していたようで
きっと「また先生に怒られる・・・」と思いながら
ドキドキしていたかもしれませんが、
私は一人一人の演奏を聞きながらどの方の場合も
今年を振り返って「この一年よく頑張ったな〜」と
熱い思いがこみ上げてきて
充実感で一杯の時間を過ごさせていただいていました。
普段一人で練習していると上手くならない事に不安を感じたり
自分は向いていないんじゃないか、と思ってしまったりすることもあります。
年に一回はみんなで集まって同じ時間を共有することで
楽しいな、また練習頑張ろう!という気持ちになってもらえたら
本当に嬉しいことです。

最後に、今日お世話になったアンサンブルコースの潤子先生、
王子の子守&伴奏&受付と色々手伝ってくれた克枝先生、
ママの演奏に付き合ってくれたお子ちゃま達とパパ達、
ホテルのスタッフの方々、洋正先生、ありがとうございました。
皆さんに助けていただいて無事2010年を終えることが出来
本当に感謝しています。
来年もまた色々楽しい企画を考えて行きたいと思います。


では皆様よいお年をお迎えくださいませ。

ラトレ音楽教室 相澤陽子








2010年12月26日(日) No.70 (お知らせ)

「全日本高校選抜オケ」指導&12月アンサンブルラトレ合奏


12月12日(日)

毎年日本青年館で行われる全国高等学校選抜オーケストラフェスタの
合同練習の指導をしてきました。

今年で17回を迎えるこのイベントは全国から多数の高校の
オーケストラが集まるという大きなお祭りです。

今回は59校のオーケストラが集まって12月26日から28日の
3日間に亘って演奏会が催されるのですが
その中で選抜オーケストラというのがあり全国から選抜されたメンバーが
事前練習の為にやってきました。
曲は「アイーダ」です。

私はチェロ・コントラバスパートの練習の指導を担当させていただきましたが
チェロだけで15人!!
これでも欠席者が半分いたそうなのでものすごい迫力です。
一箇所の練習場所で高弦と低弦と木管と金管に分かれて練習したので
練習の間中ずっと声を張り上げていないと後ろまで聞こえない状態です。
決して好条件ではない練習環境でしたが高校の部活や合宿を思い出しました。
一箇所でぎゅうぎゅうづめになって汗だくになりながら
声を張り上げていた頃を懐かしく思い出しました。

久しぶりに接する高校生の集団は、とてもひたむきで熱心に取り組んでいて
可愛い子達ばかりでした。
感動したのは、一度注意すると全員が一度に直ることです。全員が!
15人もいればもちろん上手な子、初心者っぽい子が混ざっていますし、
弾き方もそれぞれ。
でも「こういう風な感じで」と見本を見せるとできないながらも
必死にそうしようとして食らいついてくるパワーを感じて
感心しているうちにあっという間に時間が過ぎてしまいました。


本番の26日〜28日は3500人が参加するそうです。
私は見に行けないのがとても残念ですが、熱気溢れる素晴らしい演奏に
なることと思います。
興味のある方はぜひ足を運んでみては如何でしょうか。
http://www.nippon-seinenkan.or.jp/orchestra/


12月19日(日)

今日は本番会場となる大倉山記念館での練習でした。
初めて行ったのですが、小高い丘の上の公園の中にホールがあり
とても素敵な場所でした。
ここで演奏会をやれるなんて皆さん感激するだろうな〜と思いながら
待っていると・・・皆さん汗だくではぁはぁ言いながらやってきました。
会場に来るまでの長い坂をチェロを抱えて登るのは大変なのでした。
でも着いたら見晴らしの良い景色が待っているので頑張って!!


さて、今日の練習ではそれぞれの曲のテンポがだいぶ本番のテンポに
近づいてきたので、周りの人を見たり音を聞いたりする練習をしました。
音程を合わせようとして無意識に優しい音色になるととてもいい音がします。
そして聞こえやすくなるので音程もよくなります。
今日は皆さんが自分の音を周りの音と聞き比べながらハーモニーを作れたので
バランスもとてもよくなってきました。

練習が終わった後、せっかくだからと会館の方にお願いして
ホールを見せていただきました。
こじんまりしたホールでしたが、天井が高く
教会のような荘厳な感じでした。
皆さん舞台で演奏する姿を想像して士気が高まってきたようです。

来週の弾き納め会ではアンサンブルラトレの皆さんも
何曲か演奏することになっています。
いよいよ本番まであと4ヶ月を切りました!







2010年12月19日(日) No.69 (お知らせ)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34][35] [36] [37] [38] [39]