Lattrait note

絵画と音楽のコラボレーション


画家で、フランス国際文化大使でもいらっしゃる
富永先生の絵画が飾られたサロンホール。
こちらで地元の合唱団の方と一緒に
コンサートを行いました。

雰囲気はとても素敵です。
富永先生直筆の案内板。まるで作品のようです。
 

僕らのコンサートの前に
僕と栗原さん(バリトン)が
子どもが生まれたこともあって
合唱団のみなさんが僕らにと、
乾杯の歌をうたってくれました。
うれしいですね。

本番は栗原さんが得意のトスティ歌曲を中心に
フランス語の曲もいれました。
僕も自分の曲を3曲ほど。

最後にはみなさんで一緒に
3曲歌いましたが
とてもきれいな声で
みんなが一つになった気がしました。

最初はとても緊張しましたが
終わったあとは達成感というか
とても気持ちがいいですね。


以下プログラム
1.  O Sole mio(ディ・カプア)
2. Love Me(トスティ)
3. Chanson de l'adieu(トスティ)
4. Pour un baiser(トスティ)
5. Il Pescatore canta(トスティ)
6. July (相澤洋正)
7. Freesia(相澤洋正)
8. エーデルワイス&Moon River(相澤編)
9. Non Ti Scordar Di Me(デ・クルティス)
10. A ripple of heart(相澤洋正)
11. My Way(J.ルヴォー&C.フランソア)

アンコール 千の風になって

(みなさんと一緒に)
・夏の思い出
・夏は来ぬ
・あこがれのハワイ航路
御来場のお客様、富永先生、栗原さん、
他関係者のみなさま、ありがとうございました。

洋正

2010年07月25日(日) No.56 (演奏活動)

絵本コンサートat子どもの森幼稚園


今日は町田市にある子どもの森幼稚園にお邪魔して
絵本コンサートをしてきました。

去年もやらせていただいたところです。
今年は行事のカリキュラムに合わせたコンサートということで
いくつかのリクエストや先生方のご要望を伺いながらの
プログラムになりました。

まずは年中組。
いつもながら、きちんと先生の言うことを聞いて
体育座りをして黙って演奏を聴ける姿勢には感心します。
初めに幼稚園の先生にご協力いただいて
バイオリンとチェロの弾き比べをしました。
バイオリンは「可愛い音」
チェロは「太っちょの音」
と説明すると盛り上がってくれるので嬉しいです。

何曲かチェロとピアノの曲を聴いてもらった後は絵本です。
今日は「とべばった」をやりました。
色々な虫が登場してきたり、
ピアノが効果音のように使われるので
とても分かりやすい作品です。


その後は、今年の作品展のテーマだという
「あめふりくまのこ」の絵本を
音楽に合わせて朗読しました。
とても可愛くて優しい絵に合わせて
洋正先生が「あめふりくまのこ」の歌のアレンジを
しっとりと弾きました。

最後にはみんなの知っている曲を何曲か一緒に歌って
元気良く終わりました。


第2部は年長組です。
去年来たことをほとんどの子ども達が
覚えていてくれたのには感動しました。

こちらの今年のテーマは「ピアニカでキラキラぼし」。
シンプルなこの曲をどうしたら子ども達が興味を持って
楽しく取り組めるだろうかと考えました。
まずはピアニカでピアノ伴奏つきのお手本。
「上手〜!」とお褒めの言葉をいただきました♪
そして今度はチェロとピアノでアレンジしたキラキラぼしを。
大人でも楽しめるような素敵なアレンジにしてもらいました。

年長組の絵本は「おまえうまそうだな」という恐竜の絵本です。
このお話はとても切なくて、練習では毎回泣いてしまって
一度も最後まで読めたことがなかったのですが
今日は何とか泣かずに読めました。
子どもには面白くて大人には泣けるオススメの一冊です。

その後は幼稚園の先生方による打楽器の紹介。
私のピアニカも入ってミッキーマウスマーチを
みんなで演奏しました。

最後はみんなで元気良く歌を歌いました。


今回ももちろん反省や発見があったのですが
一番は
「今の歌を研究する」ということかな。
リクエストに上がった
「ドラえもん」や「勇気100%」など・・・
知っているドラえもんといったら
「あんなこといいな〜♪」ですが
今は新しい曲になっているのですね。
次回までに勉強してきます!

今回もお世話になった先生方
どうもありがとうございました。


2010年05月28日(金) No.49 (演奏活動)

ヴァイオリン教室 弾き納め会♪


11月17日 絵本コンサートat子どもの森幼稚園


11月17日は年長さんクラスのコンサートです。
前回のコンサートの後、幼稚園の先生から色々アドバイスやリクエストをいただいて、
私たちもどんな様子か行ってみて分かった事もあるので、
今回はさらに楽しいコンサートにすることができました。
  
絵本音楽は「とべバッタ」をまたまた巨大スクリーンで読み聞かせです。
カエルやトンボやちょうちょなど、身近な生き物が出てきて
面白かったようです。

そのほかのプログラムはほとんど同じですが、年長さんには実際に
楽器に触ってもらう体験コーナーがありました。
ホールの奥にずらっと沢山の打楽器が並んでいます。
小太鼓、中太鼓、ボンゴ、シンバル、タンバリン、鈴、ベルリラ・・・
それに今日演奏したチェロとバイオリンとピアノもこすってみました。
みんなとても興味津々で最初のうちはお行儀よく順番に並んでいたけれど
最後の方はわぁっと押し寄せてきて、楽器ごと潰されそうになりました。
でも初めに「楽器は木でできているけど中身は空っぽだから
ぎゅうって押すとぺしゃんこになっちゃうからやさしく触ってね」
と約束した事をみんなちゃんと守ってくれたので
おかげさまで無事です。

3学年それぞれに特徴があって、同じようにはいかないので
とても楽しかったし、もっと色々とやりたいことや勉強したいことが
出てきました。
大人になったときにふと小さいときの事を思い出すことがあったり
就いた仕事が無意識に小さいときに影響を受けていたものだったりすると
思うので、この子達の将来の何かに役立つことができたらとても素敵だなと
責任とやりがいを感じました。
ぜひ定期的に続けて行きたいです。

幼稚園の先生方、沢山お手伝いいただいてどうもありがとうございました!!






2009年11月19日(木) No.30 (演奏活動)

11月13日 絵本コンサートat子どもの森幼稚園


今回は町田市にある子どもの森幼稚園という所に
2人でお邪魔してきました。
とても人数の多い幼稚園で、一学年150人くらい園児がいるそうです。

コンサートは年少・年中・年長の3回に分けて行いました。
どの学年もとても集中して演奏やお話を聞くことができて
あっという間の40分でした。

チェロという楽器にも興味を持ってくれて、みんな食い入るように
弓の動きを目で追いかけていました。
年少さん・年中さんの時の絵本は「チリとチリリ うみのおはなし」
という2人の女の子が海をお散歩して素敵な宝物を見つけるお話です。
巨大なスクリーンと、『絵本拡大機』なる物があって、大迫力の
読み聞かせができました。
  
年中さんのコンサートでは、これから導入するというピアニカで
キラキラぼしをアレンジして演奏しました。
他にも、楽器紹介ではバイオリンが出てきて音の高さを比べたり
曲当てクイズをしたり、みんなで歌を歌ったり・・・と
盛り沢山の内容でした。
今日のコンサートを見て、音楽をもっと好きになってくれる子が
増えたら良いなと思った一日でした。
  



2009年11月19日(木) No.29 (演奏活動)

みなみ保育園絵本コンサート!!


先日長野にある保育園でコンサートをやらせていただきました。
園児達・父兄の方々合わせて40名ほどが集まってくださり
とても楽しい時間を過ごすことができました。


コンサートのテーマは「ゆめのせかいりょこう」
みんなで「さんぽ」を歌いながら色んなところへお散歩に行きました。
まずたどり着いたのが動物園。ここにいたのは・・・
「ぞうさん」(チェロで演奏)です!
みんな元気いっぱいに答えてくれました。
次に「さんぽ」を歌いながら向かったのは川。
ここには「めだかの学校」(チェロで演奏)がありました。

他にも林やお空や海にも行きました。
林にはバッタがいて、「とべバッタ」の絵本を読み聞かせしました。
絵本の朗読は初めての経験でしたが、どうだったのかしら?


最後に「夢」という意味の「トロイメライ」を演奏して
ちょっと難しいクラシックの世界にも触れてみました。


みんな歌うときは元気に歌ってくれて、聴くときは静かに聴いてくれました。
最後の「トロイメライ」では本当にウトウトしてくれた子も・・・

アンコールを2曲もやったのに最後までちゃんと集中して聞いてくれて
感激です!

みんなが摘んできてくれた花束と、作ってくれたヒマワリは
レッスン室に飾っています。
どうもありがとう!


みなみ保育園のみんな〜!また行くから忘れないでね!

先生方にはチラシを作っていただいて、準備からお世話になりました。   
動きだした新しいプロジェクトもぜひ成功させましょう!



2009年10月21日(水) No.25 (演奏活動)

斉藤ホテルロビーコンサート


長野県鹿教湯温泉にあるホテルで毎週行われているロビーコンサートに
出演してきました。


台風の影響も思ったほどではなく、とてもいいお天気でした。
紅葉には少し早いけれどそろそろ色づいてきていて、連休のためか
ツアーのお客様や家族連れの方がたくさんいらしていました。

ロビーコンサートは食事を終えて温泉につかった後の寛ぎの時間を
浴衣で過ごしていただくため、とてもリラックスした雰囲気です。

今回はオリジナルの曲を5曲、アレンジ物を5曲の編成にしてみました。
皆さんと一緒に歌うコーナーも用意していくのですが
いつも選曲に悩みます。
「あの素晴しい愛をもう一度」はあまり御存じなかった様子・・・
もうちょっとリサーチしなければ・・

そのほかの曲は皆さん元気に歌ってくださり、初めて聞くはずの
オリジナル曲にも大きな拍手を送ってくださったので
とにかくほっとしました。
コンサート終了後にもたくさんの方が声をかけてくださいました。
「キセキ」がなかなか評判がよかったようです。


そして今回初めて、私陽子もMCに挑戦してみました。
しゃべる方が緊張します。
言いたいことはたくさんあったのに結局ほとんど洋正に
バトンタッチしてしまいました。
こちらの腕も磨かねば・・・


プログラム

篤姫〜メインテーマ〜
Flowering Season
夏の思い出
朧月夜
あの素晴しい愛をもう一度
わたげ
Peaceful Garden
キセキ
千の風になって
上を向いて歩こう

御来場くださった皆様
どうもありがとうございました!!

2009年10月09日(金) No.21 (演奏活動)

アンサンブルラトレ シーズン2始動


スイミー再演


相模原市にあるあじさい会館というホールで
スイミー再演にして最終公演です。
県立養護学校のPTAが主催するコンサートに
先日のヴァイオリン教室のみんなと出演させていただきました。
夏休み中ということもあり、キャストに多少の変更があったにもかかわらず
当日のみのリハーサルでみんな新しい自分の持ち場を
しっかり把握できていて、前回とはまた違ったスイミーになりました。

夏だというのにみ..
続きを読む
2009年07月26日(日) No.16 (演奏活動)

高校芸術鑑賞教室


今日は小田原にある高校の芸術鑑賞教室で演奏をしてきました。
毎年授業の一環としてやっているもので、陽子先生と潤子先生は毎年参加しているのですが、
今年は僕が編曲を4曲担当させていただきました。
合わせは前日のみということでしたがさすがプロです、
数時間のリハーサルであっという間にとても綺麗に仕上げてくれました。

プログラムは
・アイネクライネナハトムジーク
・カノン
・オペラ『椿姫』より「乾杯のうた」(+歌の先生)
・オペラ『ジャンニスキッキ』より「私のお父さん」(+歌の先生)
・ピチカートポルカ(J・シュトラウス)
・ハンガリー舞曲5番(ブラームス)

選択授業でバイオリンを習っている生徒さんの発表

・ロングロングアゴー(編曲:相澤洋正)
・河はよんでいる(編曲:相澤洋正)

・翼を下さい(+歌の先生)(編曲:相澤洋正)
・手紙〜拝啓十五の君へ〜(編曲:相澤洋正)
・花のワルツ(チャイコフスキー)

というように、クラシックあり、オペラあり、流行の曲あり、
ピチカートという弓を使わず指で弦を弾く奏法だけで演奏する曲あり、と
演奏していてもとても楽しいプログラムでした。
聞いている生徒さん達も盛り上がってくれてよかったです。

普段作曲や編曲をするときはピアノで作業するので
多数の弦楽器で演奏していただくと厚みが増して
とても感慨深い気持ちになります。
演奏者の方たちにも気に入っていただけたようで安心しました。

ずっと何年も続いたこの課外授業は、会場の改修工事の為と
学校の都合により、来年はまだ目処が立たないそうです。

生のクラシックに気軽に触れられる機会や、生徒さんが舞台に上がって
みんなの前で練習の成果を発表する機会をぜひずっと大切にしていきたいです。
また来年もみんなと会えるのを楽しみにしています。

by洋正










2009年07月15日(水) No.14 (演奏活動)

[1] [2] [3] [4] [5][6]