Lattrait note

山中湖国際音楽祭2010


山中湖畔にあるホテル清渓、
大自然に囲まれた静かな場所で
山中湖国際音楽祭は開催されます。

今年2010年は私、相澤の曲が
なんと3曲も演奏されます。
尺八や箏を中心に作曲したのですが
和楽器での作曲は今回が初めてです。
(日本人なのに身近に触れる機会が
今まではなかったですね。大学の授業で
ちょっと箏を習ったくらいです)

この歳になって箏や尺八の曲を
聞いたり、コンサートに行ったりしましたが・・・

いいですよ!
息とともに流れるような尺八の調べ、
心に直接訴えるような響き、箏。
日本の風景をイメージしながら
いつも通り、メロディ重視で
作りました。

演奏者はみなさん国際的に活躍されている方ばかりなので
プログラムも豊富ですし
すばらしいコンサートになると思います。
くわしくは公式HPをご覧いただき、
夏休みの最後の思い出に
ぜひ山中湖国際音楽祭に遊びにいらして下さい。


http://www.nippon-seinenkan.or.jp/ongakusai/index.htm

相澤洋正


2010年03月29日(月) No.43 (お知らせ)

チェロ合奏練習その2


続きです。

自己紹介をし終わった後は少し和んできて
生徒さん同士で談笑していました。

後半はまず、ソロ演奏を聞かせてくれたお礼に
アンサンブルラトレの合奏を披露しました。
半年間練習してきた「見上げてごらん夜の星を」です。
一ヶ月ぶりにしかもリハなしで臨んだ為か、出来はバラバラ・・・
大丈夫、それでも半年前よりは上達してます・・・


演奏を聴きあった後は見学の方、ソロの出演者も交えて
みんなで音階組曲をやってみました。
ピアノは洋正先生が弾いてくれたので初めて正面から
演奏している姿を見ながらの指導が出来ました。
迫力があってかっこいい!
いつもより人数が多く、音に厚みも出て
とても上手に聞こえました。
毎回練習に参加しているメンバーが引っ張ってくれたので
初めての方も混ざりやすかったのではないかな。


最後には「見上げてごらん夜の星を」も全員でやってみました。
何回か練習しているうちにだんだん思い出してきたようで
最後には壮大なチェロアンサンブルが完成しました。


来月からはいよいよバイオリンと合流しての合奏です。
これからみんなで練習していく曲はもう用意してあります。
皆さん気に入ってくれるといいけど・・・
お楽しみに。



2010年03月18日(木) No.42 (お知らせ)

ミニ発表会&チェロ合奏練習その1


3月14日は南林間教室で合奏練習でした。

この日は3人の生徒さんがソロの曲を皆さんに披露することになっていて
今までで一番集まりがよかったです。
なんと狭い部屋に14人!アットホームでいい雰囲気でした。

一人目は来年から就職or進学で忙しくなるので発表会には
しばらく出られなくなりそうなMちゃん。
今練習している曲が中途半端で終わらないように
人前で演奏することを薦めました。
ビバルディのチェロソナタを暗譜して頑張りました。
前の日に怪我をして弓を持つのが辛いと言っていたけど
最後まで弾ききって偉い!!

二人目は5月に出産予定のHさん。
私と年が同じで、子供が出来てからは毎回妊婦検診の報告や
心配事などをいつも語り合っていて
最近ではいいママ友だったので寂しいです。
リュリのガヴォットを今までで一番優しく上手に
演奏してくれました。

三人目はお父さんの転勤についてロンドンに行ってしまうYちゃん。
小学3年生の頃からの付き合いで、中学生になってからは
めきめき上達してきていただけにとても残念です。
ハイドンのチェロコンチェルト1番をきっちり仕上げてくれました。
これからもっと上手になっていく様子を見守っていけないのは
寂しいですが、ロンドンでもチェロを続けるそうなので
また戻ってきてくれたら嬉しいです。


三人の演奏が終わった後は早々に休憩タイム。
今日は生徒さんたちが手伝ってくださり
おやつに用意したケーキやチョコ、お茶を全員に配ってくれました。
今日初めて顔を合わせるメンバーもいたので
みんなで自己紹介をしました。






2010年03月18日(木) No.41 (お知らせ)

2月28日のバイオリンアンサンブル


小麦のひな祭り