Lattrait note

山中湖国際音楽祭


グリーンホールで合同練習♪


リハーサル2


お盆休みですが、
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

先日、尺八と二十絃の曲の
2回目のリハーサルがありました。


(左が箏、右が二十絃)
再度演奏者の方からいろいろな意見を
いただいて、曲もすっきり。
かなりメリハリもついてきました。

大胆な変更もあり・・・

楽譜だけの机上のものから
演奏者が入って実際に音になり、
ようやく血が通った、という感じです。

演奏者の方には気持ちよく演奏してもらいたい、と
いつも思って書いていますので
実際に意見を交換できることは
何よりも貴重な経験になります。

あとは全て当日。
演奏者のリハーサルも
静かにしていただければ
見学自由らしいので
それも含め、楽しみにいらして下さい。


洋正


2010年08月15日(日) No.59 (未分類)

「パパがいるから」


ちょっと前になりますが、
生徒のKさんが素敵なプレゼントをくれました。

Kさんは昔ベルギーに住んでいらしたことがあって
フランス語に詳しいのですが、
王子の為に、Kさんが好きなフランス語の歌に
日本語の歌詞をつけて下さったのです。

PRENDRE UN ENFANT(子どもを抱いて)というこの曲は
フランスでは国歌の次くらいに皆に知られているシャンソンだそうです。

もともとの歌詞を直訳すると
父親が子どもを育てる覚悟を歌った深刻な感じの意味なので
王子の目線から気軽な感じの歌詞を考えてくれました。

いただいた歌詞を私が譜面に割り振って
洋正がピアノで伴奏できるように楽譜を作りました。
早速Kさんに聞いていただいたらとても感激してくださいましたが
感激しているのは私たちの方ですよ。

とっても優しい歌で心が温かくなりました。
世界にたった一つの、王子のための歌。
どんなプレゼントよりも嬉しいです。
今では毎日寝かしつけるときの子守唄です。


「パパがいるから」

ブランコゆれて パパと一緒に       
ボクのシートベルト パパのおてて
鳥のように こんなに高く
ママ、大丈夫だよ パパがいるから

ボクが泣いたら パパが歌うよ
ボクも知ってるあの 子守唄
パパはウトウト ボクは夢の中
お山の向こうに 何があるかな

ブランコゆれる ボクは自分で
ちゃんとこげるよ ドロンコおてて
風を切って こんなに高く
ママ、大丈夫だよ パパがいるから

いつも大丈夫だよ パパがいるから



Kさん 素敵なプレゼントをありがとうございました!!
2010年08月09日(月) No.58 (お知らせ)

リハーサル