Lattrait note

王子のクリスマス&仕事納め


12月24日は王子と過ごす2度目のクリスマス。
去年はケ−キとチキンを買ってみんなで写真だけ撮って
王子が寝た後で食べましたが、今年はそういうわけには行きません。

ケ−キは今年は王子が食べられるように手作りすることにしました。
といっても買ってきたスポンジに低脂肪の生クリ−ムと
フル−ツを刻んでデコレ−ションしただけです。

1歳のお誕生日にもケ−キは「見てるだけ」だった王子にとって
初ケ−キでした。
ご飯をしっかり食べたのにケ−キもしっかり。
おかげでお腹ばかりがよく育っています。

クリスマスパ−ティは終わり。
サンタさんに会いたいけどいいこでねんねしてる子の所にしか来ないんだよ。
クリスマスツリ−に空っぽの大きな袋をぶら下げて
明日になったらプレゼントが入ってるかな?

今年のプレゼントは私が手作りした象のぬいぐるみと
じじばばからの乗り物の本。
夜中にツリ−に仕込んで、次の日に喜んでくれるか私のほうがドキドキ。

25日の朝、サンタさんからお手紙つきのプレゼントを発見!!
サンタさんにはさほど驚く様子はなかったものの
(ひげが生えたおじいちゃんが空を飛んでる・・位の認識なので)
プレゼントを開けたら
「うわ〜!」って大興奮しながらしばらく遊んでくれました。
よかった・・・

ひとまず今年のサンタさんは大成功!
いつまでサンタさんの存在を信じてくれるかな。


そして今年もいよいよおしまいです。
来年は年明けすぐに弾き初め会があるため
年内のレッスンは明日まであります。
お正月は少しゆっくりしたら、弾き初め会に向けて自主練習できるように
最後のレッスンで追い込みをかけています。
家の大掃除の予定とおせち料理の準備のことをすっかり忘れて
レッスンを組んでしまったのでちょっと大変ですが
大掃除は手抜きをさせていただいて
おせちの準備は母に手伝ってもらって
何とか無事にお正月を迎えられるようもうひとがんばりです。

今年一年は、悲しいことがたくさんあったけれど
皮肉にも震災のおかげで当たり前のことを大切にするようになったり
音楽で何か出来ることに色々挑戦したり
私達日本人が一回り成長できた年でもあった気がします。
日本人でよかったと改めて(はじめてかも?)感じた一年でした。

来年も日々の生活の中で、また音楽を通して
東北の美しい自然、人々の生活、文化が復活できるように
できる事を探していきたいと思います。

来年もよろしくお願いいたします。

相澤陽子


2011年12月29日(木) No.115 (お知らせ)

アンサンブルラトレ12月合奏


12月18日(日)

今日は先月見学にいらしたバイオリンのTさんが
正式にメンバーに加わりました。

そしてチェロのほうにもお一人見学者がいらっしゃいました。
女性の方で初めての参加ながら積極的に演奏してくださいました。
楽しんでくださったようなので来月から仲間になって下さるといいな。

今日は先月配った「アメイジング グレイス」の復習からです。
各パート一人ずつ選抜の四重奏にしてお互いを聴きあいました。

この曲はト長調からイ長調に転調するので
せっかくなので調号の覚え方を勉強しました。
覚え方はとっても簡単です。
五線譜の左端に書いてある♯のうち最後についている音符の次の音が
その調の主音です。
(皆さん「主音」「主和音」についてはだいぶ覚えたようです。)
♯が1個だとト長調、2個だとニ長調、3個だとイ長調・・・
とだんだん増えていくので「トニイホロヘハ」と呪文みたいな言葉で
覚えました。
♭だとまた違う覚え方があるので今回はとりあえずここまで。


休憩では見学者Kさんへの紹介も兼ねて長めの一人一言。
皆さん12月はハプニングが続出だったようで・・・
カバンを盗まれた方や、がっかりした異文化交流(合コン)の話や
病気でダウンしていた方も何人か。
そういえば私も階段から落下して大怪我をしたのでした。
(3日くらいで元気になったのですっかり忘れていました)
今年の厄は今年中に落として行きましょうね。

後半は「さくら」の復習です。
これは多くのメンバーが好きな曲なので何となくですが
形になってきました。
この曲はテンポが変わるところがあるので
曲全体を覚えてしまわないと難しいです。


そうそう、今日は新メンバーのTさんの奥様が
見学にいらっしゃいました。
メンバーのご家族も気軽に顔を出せる温かい雰囲気の仲間達です。
また遊びに来てくださいね。


年内は今日で最後です。
来年は1月29日からスタートします。

また来年も楽しく厳しく合奏していきましょうね。
来年もよろしくお願いいたします。


2011年12月22日(木) No.114 (お知らせ)

ほぼ決まり!


昨日は邦楽いろはにほの2回目のリハです。

訂正版の楽譜がギリギリになってしまい、
当日渡したので、ほぼ初見状態でやってもらいました。
(休憩の時間なのに楽譜に書き込みをしています・・・すいません)


米澤さんは特にいろいろな意見を出してくれます。
曲のつなぎや、D.Sの戻る箇所など、いろいろなバージョンを
提示してくれて、(一気に戻るのか、消えていくのか、など)
それをバージョンをかえてみなさんでやってくれます。

僕の最初のイメージにはなかった音や雰囲気が聴けるので
新しい発見もあるし、最初のより良くなる場合も多々あります。

弾き比べを何度もやっていただけるので音や響きの勉強になるし
本当にありがたいです。
楽器のことはやはり演奏する方に弾いてもらい、意見を聞けるのが
何よりの肥しになりますね(自作曲で出来るのは本当に貴重です!)

ほぼ曲の構成、流れも決まりました。
「すっきりして雰囲気もよくなって弾いてて楽しくなってきた!」と。

[演奏者も聴く人もやっていて聴いていて楽しい音楽]が
僕のモットーなのでよかったです。




2011年12月21日(水) No.113 (お知らせ)

山中湖メンバー集合


先日のクトロヴァッツの東京公演の後の一枚。
今日担当者から送られてきました。



打ち上げというか、ファンクラブの集いの中で
撮ったものです。
お酒も入ってるから少々顔が赤くなっています。

今回のコンサートでのチケット打ち上げ10%と募金の合計が
30万になったそうです。

それから来年2012年度の山中湖国際音楽祭の
予定プログラムも決まったそうで
すでに公開されています。
http://www.nippon-seinenkan.or.jp/ongakusai/

僕の曲も最終日の9月23日に入っています。
2台ピアノのための曲です。
すばらしい演奏が間近で聴けるし
山中湖という場所も素敵なので
泊まりで行くと最高です。
今から楽しみです。

2011年12月17日(土) No.112 (お知らせ)

Macが・・・


邦楽いろはにほリハ


来月1/7の邦楽いろはにほ、の最初のリハ−サル日でした。
http://iwama.exblog.jp/15600131/

まずはメドレ−からですが
みなさんからいろいろなアイデアが出てきました。

以前の音楽祭の時のリハでも思いましたが
テクニック的に難しいとか弾きにくいといった部分の
指摘ももちろんありますが
全体のスコアも見ながら音楽的に
「こうしたらもっとよくなりそう」という
曲の雰囲気についての意見がよく出ます。

そしてそういう時は弾き比べてみて
いい方を選びます(そうすると、いい!というのは
だいたい意見は一緒になりますね)

僕もその現場で生まれた新しいアイデアは即採用です。

レコ−ディングとかの現場ではその日にスコアをもらって
その場でいろいろ変更がありながら録音すると先輩からも
きいています。
以前は出来たものを変えるのは抵抗がありましたが
今はそれほどありません。
やはり演奏家の意見はとても貴重なので、
それでさらに曲がよくなるのでとてもありがたいです。

初めて実際の音になる瞬間は緊張しますが
とてもおもしろいですね。またまた至福の時間・・・

お客さんがいての本番となるとさらに最高の時間(打ち上げはさらに・・・)

今から楽しみです。


2011年12月03日(土) No.110 (未分類)