Lattrait note

ボランティア演奏&5月ラトレ合奏


5月26日

今年で2回目の参加になるもくせい園まつり。
去年は事前告知をしていなかったため
コンサートがあることを知らずに帰ってしまったお客様もいたそうで
今年はお祭り中何度かアナウンスして下さいました。
そのおかげか会場は超満員。
立ち見のお客様もたくさんいました。

曲は
・Sidewalk
・山の音楽家
・カノン
・エーデルワイス
・さくら
・アメージンググレイス
アンコール・勇気100%


Sidewalkは洋正先生の曲。
潤子先生と私と洋正先生の演奏でスタートしました。
王子はピアノの椅子にパパと背中合わせにちょこんと座り
お客様と一緒に手拍子しながら聴いてくれていました。

「山の音楽家」ではみんなで歌を歌い
「♪キュキュキュッキュッキュ〜」のところを
それぞれの楽器で演奏して各楽器の紹介をしました。
山のこりすはバイオリン、山のウサギはピアノ
ラトレオリジナルの山のくまさんはチェロ
最後はみんなで(お客様はマラカス)演奏しました。

カノンはバイオリンアンサンブル、
エーデルワイスはチェロアンサンブルを聴いていただきました。

さくら、アメージンググレイスはだいぶ弾き込んでいるので安心です。

アンコールの「勇気100%」の時はみんな興奮して
立ち上がって踊りだしたり近づいて楽器を触ったり。
「楽しい」気持ちを体中で表現してくれて
とても嬉しい気持ちになりました。

去年のラトレノートを読み返して
今年は全く違う気持ちで臨んでいたな〜と思いました。
去年は初めての事だらけで色んなことを
「ちゃんとしなくちゃ」と思っていたようです。
物凄く私もメンバーもガチガチになっていて
だからこそお客様の素直な喜びの表現に救われた部分があって
演奏することの喜びを感じたのでした。
この日がアンサンブルラトレの意義を確立した日だったような気がします。

今年はあまり「ちゃんとしなくちゃ」と思っていなかったような・・・
いい意味で肩の力が抜けたというか
楽しかった記憶だけが残っていてガチガチだった記憶が
すっぽり消えていました。
皆さんの演奏もよかったこと!!
一年前と比べると見違える成長です。
楽器って自分ひとりの努力では上達しない。
聴いてくれる人やお手本になる人や一緒に楽しむ仲間がいて
お互い支え合って初めていい音楽になるのですね。
演奏していないメンバーも手拍子を誘ってくれたり
お客様の方に目線をやったりリズムを取ったりして
思い思いに会場を盛り上げる雰囲気作りをしてくれました。


皆様、お疲れ様でした!



5月27日
連日ご苦労様ですが今日はラトレの合奏練習です。
今日は多めに時間を取ってまず昨日の感想をお一人ずつ伺いました。

みなさん同じように、お客様が楽しんでいる様子が体中から溢れていて
パワーをもらった、自分も楽しめた。
上手い下手より楽しむことの方が大切と思った・・・
など、たくさん得るものがあったようでよかったです。

私実はボランティア演奏ってなんだか偽善的で苦手でした。
若い頃に仕事でやっていた時は
「施設に行って演奏してあげる」
「何か曲弾けば喜ぶだろう」って言うような
(みんながみんなと言うわけではないけれど)
「仕事」の仕方に抵抗があって
障害のある方や高齢の方に対して上に立っているような
上手く表現できないけれど
「演奏者ってそんなに偉いのか?」と思って
遠ざかっていた時期がありました。

それが去年のもくせい園まつりの時に
私達が与えたものに対して得るものがその何倍も大きかったことに
気づきました。
お客様は演奏は出来ないけれど演奏者の音楽を聴いて
「音楽は楽しいな」と感じる。
演奏者は弾いているだけでは楽しいと感じることは出来ないけれど
お客様が楽しんでくださるから「楽しんでくれて楽しいな」と感じる。
おかれている環境はみんな違うけれど
全ての人は人によって生かされている(昔聖書で習った時は??でしたが)。
「ボランティア」という言葉にはまだ正直抵抗があるけれど
「人に何かを与えるために」ではなくて
「人から何かを得るために」これからもラトレのメンバーと
色々な活動をしていきたいと思います。

随分熱く語ってしまいました・・・

さて、合奏では先月お配りした「カッチーニのアベマリア」を
重点的に練習しました。
初めて弾いたときはどうなることかと思ったけれど
じっくりパート練をしてみたら
何とかいけそうですよ!

今大河ドラマの「平清盛」の中でも時々流れています。
上手に弾けたら凄く素敵な曲になるので
是非皆さんにくじけず頑張っていただきたいな。

今日はHさんがお土産に話題の
大阪名物「面白い○人」を持ってきてくださいました。
確かにパッと見、本家の「白い○人」に似ています・・・
しかも中身はゴーフレットで
「東京サブレ」ならぬ「東京カブレ」って・・・
面白すぎます。
何故か写真撮影会になっていたので
私も撮ってみました。
そして練習風景写真は今日も撮り忘れました・・・


来月は6月24日青年館です。









2012年05月28日(月) No.150 (お知らせ)

マザー牧場!!


今日は久しぶりの休暇です!!

王子が保育園に入園してから土日は毎週仕事で
パパとママが一緒にお休みすることも難しくて
やっとやっと取れた貴重な一日休みです。

動物好きな王子のためにマザー牧場へ行ってきました。
私の母「オオサキのばぁば」も一緒です。
前の日から「あしたはボクジョーいくんだ〜」とか
「おうまさんみるの」
とか言って張り切っていた王子ですが、
入り口に大きな牛を発見すると固まってしまい・・・
とっとと逃げました!
本やテレビで見たり動物園に行ったりしたけれど
こんなに近くで見たのは初めてだったのでびっくりしたかな?
羊は大丈夫だったようで
「ねてるよ?」
「おなかすいたのかなぁ」
「ここ、かゆそう(掻いてあげてる)」とか
たくさん話しかけていました。


トラクターに乗って放牧されている牛や馬や羊を見に行くツアーに参加しました。
どちらかというと動物より、トラクターの大きなタイヤに興味津々。
途中でトラクターを降り、自由に餌をあげる事ができました。
王子は物怖じせずに近くのヤギさんに「はいどーじょ」。
アルパカにも「はいどーじょ」していました。
でも、そのときに大きな舌でベロンとやられたのが怖かったのか
その後牛や馬を見ても近づかなくなってしまいました・・・

朝大急ぎで作ったお弁当をみんなで食べて

お昼寝したあとは牧場のヨーグルトをおやつに飲んで、
最後に馬と仲良くなって帰ろうと馬エリアに向かう途中・・・
なんと!最愛のショベルカーが!
ああやっぱり〜。座り込んでしばし鑑賞。
ショベルカーが休憩になったので仕方なく馬を見に行き
繋がれた馬に安心したのか一頭ずつ名前を呼んだり
話しかけたりするほどに回復してきたところで・・・
「ショベルカーまた動いてるよ」とパパ(余計なことを・・・)。
早々に馬を切り上げショベルカーに突進。
今日一番の輝きでショベルカーを見つめる王子。
あまりに羨望の眼差しで見られて仕事がやりづらかったのか
操縦者のお兄さんが運転席に座らせてくれました。


動物を愛する優しい子に育って欲しい母の心子知らず。
息子の工事車両好きは止まりません。

せっかく千葉に来たので帰りに海に寄って貝拾いをしました。


何はともあれ、楽しい一日になったようでよかったです。





2012年05月24日(木) No.149 (お知らせ)

残りわずか


7/21「邦楽いろはにほ〜」の
チケットが残りわずかです。

 

今回初演する尺八と津軽三味線のための二重奏
「龍生」を(締め切りにあせりながら)作曲中です。

ぜひご希望の方はお早めにお申し込み下さい。
(前回もチケット完売済みでしたが当日券を求めて
入れなかったお客様が何名かいらっしゃいました)


お待ちしています。
2012年05月23日(水) No.148 (お知らせ)

パーティーにて


昨日は表参道にある青山ダイヤモンドホールにて
パーティーのお仕事。



・たしかなこと
・愛の挨拶
・Flowering Season
・光と風につつまれて 以上4曲。

たまにお洒落な空間で演奏するのも
いいものですね。

おいしい食事もいただきました。


(ママ頑張れ!)
2012年05月18日(金) No.147 (演奏活動)

童謡祭


「2012春の童謡祭」に行ってきました。



何度かこの童謡祭に参加していますが
今回も初めて聴いた曲や初めて演奏する
曲があり、本当にいろんな曲があるんだなと
あらためて思うのと、
唱歌、童謡などは次の世代にも歌い継いで
いきたいなと思います。



最後はみんなで歌いましたが
歌はやはりいいですね。
ピアノより歌の方が発散できて気持ちいいです。

ご来場の皆様、スタッフの方、地域の合唱団の皆さん、
本当にありがとうございました。



↑は、お客様の一人が本番中に書いた絵です。
ボールペンで書いたとの事ですが
とても素敵でした。これもいい出会いのひとつ。

2012年05月14日(月) No.146 (演奏活動)

守谷弘の世界&ボランティア演奏のリハーサル


童謡祭


いい季節


このGWは僕も奥さんも仕事めいっぱい。
それでも5、6日は僕が時間とれたので
平和島公園へ息子とレッツゴー!

蟻を見て、けむし見て、だんごむしつっついて・・・

人口が密集している公園は僕自身が好きじゃないので
大きな公園はのびのび出来て楽しい!

あっ!噴水の池の水が流れてる。
よっしゃー入るよ!



今までは節電ため流れていなかったので
なんともうれしい。
ちょうど天気もよくて最高に気持ちいいね。

子供達のはしゃいでいる姿がなんとも微笑ましい。
水がかかって濡れるのが楽しいんだよね。

慎重派の息子はゆっくり歩いて葉っぱを流して遊ぶ。
元気な子供達や親子連れを見るとなんだかうれしくなる。


そして今日は今度の12日に一緒に演奏するバリトンの栗原氏の家へ
練習がてらみんなで遊びにく。



外で遊ぶにはちょうどいい季節ですね。
二人とも蟻の観察が好きなようで。

夏にはどんな生き物が見れるかな?


(そういって最後は室内の写真。栗原家の物を借りて・・・)
2012年05月07日(月) No.143 (お知らせ)

グロリア合唱団サロンコンサート


桜がまだ咲いていた上田市。
初夏を感じるこの日に
グロリア合唱団のサロンコンサートに
出演しました。



丸子町出身で国立音楽大学名誉教授の
小山先生が顧問をされています。

僕は前日のリハーサル時に初めてお会いしました。

小山先生や、僕のピアノの恩師である先生、
それから同級生のお母さんなど
知っている人もいるので、期待に応えたい、という
プレッシャーがありましたね。

 

絵本はちょっと泣きそうでしたが
なんとかこらえて出来たと思います。
しっかり奥さんもギリギリOK?

合唱団の皆さんに本当によくしていただいて
演奏に集中することが出来ました。
お客さんの温かい雰囲気に包まれて
今までで一番いいパフォーマンスが出来たと思います。

グロリア合唱団の歌はもちろん素晴らしくて
楽しんで歌っている気持ちが声に乗って
よく伝わってきます。
本当に思い出に残る一日となりました。

小山先生からは先生の本日初演の楽譜をいただき、
「作曲は独学の方がいい。そして困ったときは
過去の素晴らしい作品の楽譜を研究すればいい」と
アドバイスをいただきました。
ありがとうございました。

これからも地元での活動を積極的にやっていきたいと
またあらためて思いました。


2012年05月02日(水) No.142 (演奏活動)