Lattrait note

6月ラトレ合奏&ふるさと会演奏!!


「音の個展14inむろらん」


6月22日・23日で北海道の室蘭へ行ってきました。
前日までは長野旅行だったので旅続きです。

22日の朝羽田から同じ便に乗るメンバーと待ち合わせをして
手続きを全部やっていただきました。
飛行機は何度か乗ったことはありますが
なんだか乗る度に恐怖が増してきているようです。

飛行機の中では出発前の注意事項をよく聞き、
モニターで救命胴衣の説明を見て椅子下にあるか確認、
動き出したら現状を受け入れるために窓の外をしっかり見て、
(でも機体が傾くといけないので体は動かさず首だけ)
しっかり両方の肘掛につかまり、
歯を食いしばって離陸しました!
恐怖って声に出すといくらか楽になりますよね。
隣に座っていた知らないおじ様は全然怖くないようで
「離陸って怖いですよね」と話しかけるわけにも行かず
ずっと一人で力んでいたので相当疲労しました・・・

さてさて、新千歳空港についてからまず札幌に移動しました。
同行のIさんは札幌に住んでいたことがあるらしく
札幌で2人の女の子と合流した後名所案内をしてくれました。

いくら憧れの北海道とはいえお仕事で行く身ですから
観光気分にはとてもなれなかったのですが
二人の女の子達が楽しそうに旅を満喫していたので
いつの間にか私もちゃっかり旅仲間になっちゃいました♪

北海道庁を見て、時計台を見て、テレビ塔を見て、
札幌オリンピックのジャンプ台も見ました。
それから焼きとうもろこしを買って室蘭へ向かう電車の中で4人で食べました。
列車の時間やお金の管理は全部Iさんがやってくれたので
修学旅行みたいで楽しかったです。

室蘭に着いてからはお仕事モードです。
守谷先生の企画はいつも知らされていない(決まっていない?)事が多くて
スリル満点です。
最近ではその緊張感も楽しくなっています。
会場の室蘭市民会館はとてもきれいで気持ちのいいホールでした。
他の演奏者の方とも合流し、リハーサルをさささっと。
あっさりしすぎのリハーサルで心配なので舞台袖の一角で自主練。
なんとか全体像が見えてきました。

練習終了が21時で、なんとその後に懇親会です。
ママにはとても考えられないスケジュール(いつもなら寝ています)ですが
逆にめったにないチャンスなのでもちろん参加してきました。
先生方のありがたいお話を聞いたり、
子育てをしながら演奏をしてきた方の子育て術を伺ったり
とても有意義な時間でした。
帰宅0時を過ぎたのも久しぶり。

翌日は6時にしっかり起床。
生活リズムが染み付いているのは嬉しいやら悲しいやら・・・
6時半に東京の王子とパパにモーニングコールをして
早朝散歩に出かけました。
王子に北海道の景色を見せたくて
沢山写真を撮りに行きました。
まずは駅で電車の写真を撮って、工事現場でショベルカーを撮って
川で鴨たちを撮りました。

そして最終リハーサルの後は本番です。

私の出番は最初と最後。
1曲目が終わって大好きな守谷先生の曲を客席で聴こうと向かったら
なんとほぼ満席!!
仕方なく楽屋に戻りスピーカーから聴いていました。
最後の演奏曲は「室蘭」という合唱交響曲で
歌詞がついています。
2楽章のタイトルにある「イタンキ浜」には
午前中に連れて行ってもらいました。

砂がとてもキレイでクッションみたいにふかふかでした。
足をすくわれる感じが全然なくて歩きやすかったです。
演奏中にはこの景色を思い浮かべながら・・・と思っていたのに
緊張していてすっかり忘れていました。

室蘭での公演も大喝采で終了しました。
5月の曲目とまた違うプログラムでしたが今日も素晴らしかったです。

演奏会が終わったらすぐ帰宅組は帰りの支度です。
私はチェロを手荷物で預けるのでチェロの梱包をしなければいけません。
幸い何事もなかったけれどやはり心配です。

帰りの便はメンバーの方が隣だったので楽しく過ごせました。
が、お話が盛り上がっていてもやっぱり離陸と着陸のときは
心ここにあらずで踏ん張ってしまいました。
23時半帰宅。

今回は弾丸ツアーでしたが
ちょっとでも北海道観光が出来たこと
守谷先生の曲を演奏できたこと
新しい仲間と沢山知り合えたこと
沢山の経験がまた宝物になりました。
飛行機の恐怖を忘れないうちに是非また行きたいです。

翌日はアンサンブルラトレの練習&本番でした。
これはまた改めて。


2012年06月25日(月) No.157 (お知らせ)

ピアノ練習


雨のメドレー


「わいわいフェスタ」リポート


6月10日
大田区の子育てイベント「わいわいフェスタ」に参加してきました。
前日から雨が降っていて心配したけれど
当日の朝には何とか止んで、お客様もたくさん集まっていました。

このフェスタは市民団体やサークル、ボランティアの皆さんが
協力し合って作ったイベントです。
フリーマーケットや健康診断、ワンコインの占いやつぼ押しなども
あったようです。
私は王子とポニーの乗馬体験をしたかったのですが
王子の体調不良により断念!!
そんなイベントの中で演劇や音楽や遊び歌を行っていたのが
「こども劇場」です。

今回は私と王子がお世話になっている英語のO川先生とご一緒に
やらせていただきました。
私達夫婦以外の人が加わるのは初めてだったので
とても新鮮で楽しかったです。
実は今まであまりお話しする機会もなかったのですが
「いつか一緒にやれたらいいですね〜」と言っていたら
色々な偶然が重なり、コンサートをやることになり
打ち合わせを重ねながら色々お話したり
アイディアを出し合ったり、
話が脱線して子育ての相談やレッスンの相談をしたり
同じ干支だったことで盛り上がり(金運が強くてしつこいアレです)
とても楽しい時間を過ごしました。


さてさてそろそろコンサートの内容について書きます。

オープニングは手遊び歌「はじまるよ」
「クラシックのコンサートだから静かにしなきゃ」という
お母様方の緊張がスッと取れたのではないでしょうか。
1曲目のアンパンマンは手を叩いたり口ずさんだり
思い思いに音楽を楽しんでくれていました。
2曲目、3曲目はチェロの音に耳を傾けて
とっても静かに聴いてくれていました。
4曲目は洋正先生が王子誕生のときに作った曲
「光と風につつまれて」です。
皆さんが赤ちゃんと初めてご対面したときの感動を
思い出しながら聴いてくれたかな。


演奏の後は絵本「わたしのワンピース」です。
普段は絵本の写真を撮ってスクリーンに映すのですが
今回はプロジェクターを使えないと聞いて
「絵本のよさはページをめくるワクワク感にあるんだから
本物の絵本でやるのもいいかも!」と思いあえて本物の本でやりました。
が。実際は部屋からあふれ出ているお客様もいるほどの満員で
しかも「わたしのワンピース」は絵本が小さいので
後ろの方の人はかなり見にくかったと思います。
ごめんなさい・・・


絵本の後は「雨」をテーマにいろんな音を楽しみました。
ピアノやチェロで雨の音を表現してみました。
レインスティックという雨のような音のする楽器も体験してもらいました。
嵐の音楽の中、みんなに葉っぱの傘が配られると
「あめふりくまのこ」をみんなで歌いました。


歌を歌い終わったらかえるやかたつむりもでてきたよ。
先日王子と海に行ったときに拾ってきた貝をみんなに配って
背中を擦り合わせたらかえるの鳴き声みたいになりました。

かえるの合唱を歌った後
みんなで「あ〜したてんきにしておくれ〜」と歌ったら・・
虹がかかりました!!


最後に「さんぽ」を歌うときには立ち上がってくれた人も沢山いて
とても盛り上がりました!!
あっという間の40分間でした!!

今回は知人友人や生徒さんや当日通りがかった人や
私達が出ると知って楽しみにしてくれていた人が
沢山集まってくれました。
終わってから沢山の方が声をかけてくださって嬉しかったです!
次はどこで皆さんにお会いできるでしょうか?
これからも沢山の親子さんに笑顔になってもらうために
楽しいコンサートをいっぱい考えたいと思います。
O川先生、またよろしくお願いしますね!!


写真が載せきれないのでフォトギャラリーにも載せておきます!
http://www.lattrait-music.com/photo/index.html







2012年06月12日(火) No.153 (お知らせ)

完売&終了


大田区子育てイベント
「わいわいフェスタ2012」も
天候に恵まれ、無事に終了しました。

ラトレの「チェロと絵本のファミリーコンサート」も
たくさんの笑顔に囲まれて楽しい時を
過ごすことができました。
ありがとうございました。

くわしくはまた後日写真とともにアップします。

僕は音楽室につきっきりでしたので
他のイベントは見ていませんが
中も外も盛り上がっているようです。
 

それと相澤作品の新作「龍生」も先日書き終わり、
演奏者に楽譜を送りました。
邦楽「いろはにほ〜」http://iwama.exblog.jp/i10/(7/21)は
おかげさまでチケット完売でございます。
今月からいよいよリハーサルも始まります。

本番を楽しみにしていて下さい。


洋正
2012年06月10日(日) No.152 (演奏活動)

おおた子育てわいわいフェスタ