Lattrait note

もうすぐハロウィン


王子と一緒に月に一回英語のレッスンに参加していますが
今月のテーマはハロウィンでした。

衣装や小物を作っていくことが宿題だったので
色々作ってみました。
まず最初に作ったのがかぼちゃのパンツ。
ちゃんと後ろに顔があります。

それから蜘蛛の巣のマントと
お菓子をもらって入れるバッグ(黒猫)と
パンツとおそろいのかぼちゃのステッキと
魔法使い必須アイテム、とんがり帽子です。


全て100均の材料なので
来年はもう使えないでしょう・・・
王子が寝た後こっそり起きるのは辛いけれど
手芸は好きなので作るのは楽しかったです。
次はクリスマス・・・何を作ろうかな?
2012年10月28日(日) No.200 (お知らせ)

0歳からの絵本と音のたまてばこvol.1


随分時間が経ってしまいましたが
10月12日(金)に0〜3歳の親子コンサートを開催しました。
10時開始と11時開始の二回公演で
10組限定の募集でしたが
沢山の親子さんが参加してくださいました。

最近ご一緒しているrootの大川ゆかり先生と
小さいお子さんがのびのびと生の音に触れ合う機会を作りたい!
と相談して立ち上げた企画です。

タイトルにもあるように、私達がライフワークとしている
絵本に音楽をつけた読み聞かせを一冊のほかに
体を使って音楽に親しんだり、一緒に歌ったり
楽器に触れ合ったり、内容は毎回変わります。

さて、この日は身近に楽器の音を感じてもらいたいと思い
一人ずつ廻ってチェロに手を当ててみました。

初めて近くで見たお友達はびっくりして硬直・・・
ママと一緒に触ってみて私が音を出すと
ブルブルブル・・と振動してさらにびっくり!
怖くて泣いちゃったお友達もいましたよ。

全員が触ってみた後もう一度チェロの演奏を聴いてもらうと
よりいっそう親しみを持って聴いてくれていたようでした。



その後はリトミックの要素も取り入れて
「森のくまさん」を歌いながらピアノに合わせて
歩いたり走ったりしました。

最後にはゆかり先生お手製の白い貝殻イヤリングを
みんなにプレゼント。


絵本は「ぼく お月さまとはなしたよ」です。

くまさんやお月様はみんな大好き。
くまさんが山の頂上でお月さまとお話をするのですが
実は山にこだましている自分の声。
それに気づかずに「お話できた〜」と喜ぶくまくんの姿に
子供の姿を重ねていたママたちもいたはず。
この絵本はママ達にもとても好評です。

そして最後にまたチェロで一曲聴いてもらって
あっという間の40分間でした。
今回は小さなお友達にも本物の音を聴かせたい
ママ達にもリラックスして楽しんでもらいたい、
子供だましではないちゃんとした演奏もしたい
いろんな「やりたい」を詰め込んだ玉手箱になりました。

次回は来年1月18日(金)エセナおおた音楽室です。
興味のある方はぜひ遊びにいらしてくださいね。


2012年10月27日(土) No.199 (お知らせ)

親子で楽しむチェロと絵本のコンサートin羽根木こども園


今日は去年からお世話になっている羽根木こども園で
未就園児の為のコンサートをやってきました。
王子が生まれて以来、小さなお子さんを持つ親御さんが
子供のためにどんな経験をさせてあげたいかが分かって
小さなお子さんと一緒に自由に楽しめるコンサートをモットーにしています。
何が一番疲れるって、
周りに気を遣って静かにさせることではないでしょうか?
本当は好きにさせてあげたいけど周りに迷惑になるから・・・と。
だから私達のコンサートではお子さんを自由にさせてあげてくださいと
お話しています。
お母さんにもリラックスした時間を過ごしていただきたいから。
そして、お母さんが楽しんでいる姿を子供に見せることが
何より大切と考えています。
今日は手を叩いてくれたり、踊ったり、歌ったり
近づいてきたり、音楽に合わせて歩き回ったり・・・
思い思いの過ごし方を見ることが出来てとても楽しかったです。
そしてどのお母様もそんな姿を温かく見守ってくださっていて
とてもいい雰囲気のコンサートになりました。


今回は40組募集のところ40組も集まって下さいました。
未就園児ですから3歳さん2歳さんが多かったですが
0歳さんや1歳のヨチヨチさんも沢山楽しんでくれました。

みんなチェロを初めて見たようで大きさにびっくりしていました。
まずはチェロさんがどんな音を出すのか「愛の挨拶」で自己紹介。
近くで見ていたお友達は目を真ん丸くして見ていました。

続いて「アンパンマン」と「キラキラ星」。
知っているお友達はくちずさんでくれました。

そして絵本はノンタンの「ほわほわ ほわわ」。
何度かコンサートでやっている定番ですが
やっぱり今回も大人気。
この本は私が小さい頃大好きだったそう(覚えていません)ですが
世代を超えて愛されている本ですね。

絵本の後は、落ち葉拾いをしました。
会場の隅にフェルトで作った落ち葉(中に鈴が入っている)と
紙で作った落ち葉が混ざって置いてあります。
「みんな〜!音の出る葉っぱを拾ってきて〜!」と言うと
一斉に落ち葉の元へ。

葉っぱを一つずつ振って音を確かめる子や
紙の葉っぱが気に入って持っていく子もいました。

みんなが拾った葉っぱを使って今度は「葉っぱのかくれんぼ」です。

穴の開いた葉っぱの間からチラッと見える動物さんを当ててもらおうとしたら
葉っぱが落ちて丸見え・・・
「タヌキ〜!!」ハプニングも子供達は大好きです。
タヌキが出てきたので「ゲンコツ山のたぬきさん」を歌いました。
全部で3問ありましたがみんな元気に答えてくれました。

そしてあっという間に最後の曲。
ありがとうの気持ちを込めて「ありがとうの花」を演奏しました。
今日はとっても楽しかったです。
ありがとうございました!!



2012年10月25日(木) No.198 (お知らせ)

弦楽四重奏


ようやく、書き上げました、弦楽四重奏の曲。

はじめて書いたので苦労しました。
締め切りギリギリになったのは久しぶりです。

初演は12月です。
詳しく決まったら報告します。

ようやく開放されて

息子と近くのイベントに出掛けました。
僕もうきうきです。

 
ミニSLに乗って


うしさんと対面して


うさぎさん抱っこして
(この時ってどんな気分なんだろう?)

このあと品川の食肉市場のイベントにも行って
美味しいモツ煮込みも食べました(息子は寝てました)

しかしパパはぐったり・・・

次は邦楽器編曲に取り組みます。


洋正
2012年10月23日(火) No.197 (未分類)

10月ラトレ合奏


カレイドスコープなど


結婚式


天気になあれ


木曜は息子がお弁当遠足ということで、
前日にテルテル坊主を下げました。


(ママ作)

一瞬雨が降りましたが、すぐにやんで
無事に公園に行ったようです。

ママは朝早くに起きて
お弁当作りをしていましたが、
突然「緑のものがない!」
と言い出して、
息子と二人でブロッコリーを買いにいきました。

ウィンナーでカブトムシを作ったり
トマトで、てんとう虫を作ったりしたお弁当を
息子は気に入って全部食べたようです。

朝からバタバタですが、
そんな日常が、全て奇跡!
全てが幸せな時なのですね。

今日、そして明日・・・当たり前ではなく奇跡。
そう思うと、いろいろなことに優しくなれました。

明日も天気になあれ

(洗濯したいから・・・)


洋正
2012年10月13日(土) No.193 (お知らせ)

再結成?




以前活動していたグループで、
久しぶりに曲の練習。
「Whole new world」と「わたげ」。

そう、お二人のかつての生徒さんが結婚するので
そのお祝いに披露するからです。

僕は、ピアノ弾いてます。
当日がとても楽しみです。

この後、ソプラノの前田さんの子供達にも
歌を披露。1歳と4歳だったかな。

ソプラノやバリトンの声はどう感じたかな?

本番は来週だから練習練習・・・



洋正


2012年10月10日(水) No.192 (お知らせ)

PDK沖縄公演!?改め沖縄旅行その


翌日はまたまたプールサイドで朝ごはんを食べて
万座毛に出発です。

万座毛はそびえたつ断崖が見事で外国人観光客にも大人気のスポットです。
この日は風が強くて崖の近くに立つのがちょっと怖いくらい。
王子はこの素晴らしい景色よりも、遊歩道に敷き詰めてあった石に夢中・・・
ところでどうして同じ海なのに沖縄の海はこんなに綺麗なんでしょうね。
分かってはいるけど美しすぎてため息が出ます。


その次に向かったのが斎場御嶽(せーふぁうたき)。
向かう途中で海水浴場を発見!!
沖縄に来て毎日海を近くで見ていたけれど入るのは初めて!
ワンパク母子、またまたパパの制止も聞かず服のままびしょ濡れ。
水も砂浜も落ちている海草でさえも、全てが綺麗で
王子は初めての海でも全然怖くないみたい。
ご覧下さい、この貫禄↓

若大将か裕ちゃんか・・・というくらい昭和の匂いがプンプンです。

ランチは近くにあったこれまた絶景のカフェで。
お食事も美味しかったし、景色も最高。

沖縄いいなあ。

そして目的の斎場御嶽へ。
ここはとても神聖な雰囲気です。
神様が住んでいたらしい跡で、数箇所の遙拝所があります。

森の中だからか空気がひんやりしていてとても厳かな気分になりました。
植物も虫達も見たことがない物に沢山出会うことが出来ました。

あっという間に沖縄での時間も終わり。
羽田に着いたのは夜の9時半。
たっぷり沖縄を堪能しました!

さて、PDKのコンサートですが
無事に2日に振り替え公演が行われ
洋正先生の「てぃんさぐぬ花」はとても好評だったようです。
スタッフの方が舞台袖で録音したものを早速送って下さいました。
お二人の演奏は素晴らしかったです!!もちろん編曲も。
地元の方にも喜んでいただけたようで、ぜひ次回も、と。
来年こそは聴きに行けたらいいな。


2012年10月05日(金) No.191 (お知らせ)

PDK沖縄公演!・・・?


9月30日はPDKの沖縄公演。
その中で洋正先生がアンコールの編曲をしています。
曲は「てぃんさぐぬ花」。
この作品をヨハネスさんがとても気に入ってくれたので
どうしても生で聴きたいと、家族で沖縄に行くことになりました。
(今回は親子室を用意して下さいました)

ところが台風の影響でコンサート会場付近が停電になってしまったのです。
台風自体は通り過ぎていたのでほっとして
ご機嫌で那覇空港へ降り立った矢先の電話でした。
そしてさらに残念なことは30日のコンサートを中止にして10月2日に
振り替えをするという事でした。
2日は私達が帰る日。
誰のせいでもないけれどただただ残念です。


というわけで気を取り直して、家族旅行に変更です!!

まずはメインイベントの「美ら海水族館」です。
ここには日本一大きい水槽にジンベエザメがいます。
王子とママは大興奮でガラスに張り付いていました。

水族館を出るとウミガメ館、マナティ館、イルカラグーンがあります。
王子の大好きなウミガメ館には
アカウミガメ、アオウミガメ、黒ウミガメ、タイマイがいましたが
全然区別がつかず。
それでも王子は楽しそうにカメに話しかけていました。


イルカラグーンには世界初の人工尾びれに成功した
バンドウイルカの「フジ」がいました。
以前に本で読んだことがありましたが
病気で尾びれの75%を失ったのです。
ショーの合間で休憩中だったため尾びれは外していました。
確かに小さい尻尾だったけれど元気に泳いでいました。
ご飯もしっかり食べて水槽内をくるくる廻りながら泳いで。
生きる強さに感動してなんだかわからないけれど涙が出ました。

他のイルカ達は練習なのか、泳ぎながら顔を出したり尻尾を振ったりして
楽しませてくれていましたがフジちゃんは泳いでいるだけ。
それが、王子に「フジちゃんにまた来るねって言おうね」と言って
二人でバイバイした時、
フジちゃんが尻尾を持ち上げて振ってくれたのです。
痛々しい小さい尻尾。
でも元気に振ってくれました。
偶然かもしれないけど、何か伝わったのかな。
また涙が出ました。
また会いに来るからね!

お昼を食べた後に向かったのはネオパークオキナワという動植物園。
昔沖縄を実際に走っていた電気機関車を3/4の大きさに再現した汽車に乗って
まず園内を一周しました。
その後は徒歩で園内を散策したのですが
危険動物以外はオリに入っておらず、
まるでジャングルに私達がお邪魔している様。
近寄ってはきませんがスリル満点です。

中にはふれあいパークがあってポニー・ラマ・ヤギ・犬・
ウサギ・モルモット・ブタ・カピバラ・カメに触れることが出来ました。
ここでも大好きなリクガメさんに会えた王子。
動かないからいいや、と座っちゃいました。

前に牧場に行った時よりずっと上手に触れるようになっていました。
怖がる様子もなくなって、どこを撫でたら喜ぶかも分かっているみたい。
ママの「ムツ○ロウさん化計画」は順調に進行中です。シメシメ。


最後にパイナップルパークでパイナップルをたらふく食べて
ホテルへ帰宅。
夜は海の見えるプールサイドでバーベキューです。
とっても美味しかった!!

続きはその△







2012年10月05日(金) No.190 (お知らせ)

打ち上げ


山中湖国際音楽祭打ち上げ


会場のまわりを作品で盛り上げてくれる
画家の塚田氏。


ありがとう、デュエットゥ。


マーティン、ルイス、なぜかうちの父親。


ありがとう、Mt.Fuji・・・


また来年。


洋正
2012年10月03日(水) No.189 (お知らせ)