Lattrait note

ラトレ三月合奏


元教え子リサイタル!!&春♪


先日、山梨浩子さんのリサイタルを聴きに
日暮里に行ってきました。

今年高校三年生になる彼女が
小学校4年生から音楽中学に入るまでレッスンしていました。

レッスンしていた期間はたったの三年間だったけど
チェロレッスンのほかに楽典やソルフェージュも特訓したり
レッスンの後ではご両親の美味しいお食事をご馳走になって
遅くまでおしゃべりしたり・・・
親子?いや姉妹のように慕ってくれていた可愛い浩子ちゃん。
「先生みたいな先生になりたい」と言ってくれていた浩子ちゃん。

いつの間にか私の手を離れてからの時間の方が多くなってしまったけれど
中学に入ってからは益々頑張って大活躍の様子を
たびたびメールで知らせてくれるのが
嬉しいような寂しいような気持ちで見守ってきました。

その彼女が弱冠17歳でリサイタルを開くと聞いて
ラトレの生徒さん数人にお声をかけて
とても楽しみに出掛けました。

演奏はとても若々しくてパワフルで情熱的でした。
一時間以上休憩なしで引き続けるパワーはすごい・・・
さすが17歳。

プログラムは
去年ラトレの発表会に参加した時に演奏してくれた
ポッパーの「ハンガリー狂詩曲」や
中学入試で演奏するために泣きながら特訓した
バッハの「無伴奏組曲一番プレリュード」が入っていて
色々なことを思い出しながら聴いていました。

もう「先生みたいな先生になりたい」なんて言ってもらえないな〜
と寂しい気持ちも
これからもどんどん経験を積んで素晴らしい演奏家になって欲しいな〜
と応援する気持ちも
どっちも本当の気持ちで・・・

子離れできないお母さんの気持ち?

演奏会後にロビーに出てきた浩子ちゃんと写真を撮ってもらいました。
完全にファンのノリです・・・


これからもご活躍応援しています!!
時々は連絡してくれるのを待ってるよ!


そして、
もうすぐ4月になるというのに
暖かい日があるかと思えば寒い日もあったりで
なかなかコートが片付けられません。
この寒いのにサクラが散ってしまって可哀想・・・
そんな中新たな春が・・・
     

我が家の庭に咲いたお花たちです。
チューリップ、ドウダンツツジ、ユキヤナギ。
みんな白いです。
赤いチューリップ咲かないかな?

今年こそは庭のお手入れもちゃんとしなきゃ!
(といいつつ去年のグリーンカーテンがまだ二階からぶら下がっています)

2013年03月30日(土) No.261 (お知らせ)

邦楽&チェロ&さくら


「邦楽&チェロ」というタイトルで
島根県にてコンサートが開催されます。
http://www.grandtoit.jp/theater/event/2013/04/post-124.html#001608

公益財団法人しまね文化振興財団より
委嘱を受けて、名曲「卒業写真」を編曲しました。

行きたいな、島根・・・

その他「白鳥」や「カレイドスコープ」も再演です。


この前の日曜はすがすがしい天気でした。
陽子先生が「横浜人形の家」で発表会のゲスト演奏だったので
僕と息子でそれだけ聴いて

あとは山下公園のさくらと
氷川丸を堪能しました。

さくら最高!
(ママも演奏よかったよ)

 

洋正
2013年03月27日(水) No.260 (お知らせ)

園歌


長野県上田市の依田保育園卒園式に
参加してきました。


いろいろな偶然も重なって
園の歌を作曲し、今日初めて
子ども達が歌う園歌を聴きました。

一人一人声はもちろん、
顔も性格も得意な事も違います。
でも歌は、みんなが一つになれます。
会場で聴いている人もひとつになれます。

卒園生の涙、先生方の涙、
そして保護者の方の涙・・・

沢山の思い出や想いが交錯しているこの空間、
本当に素晴らしい卒園式で、
この場にいれることが本当に幸せでした。

この園の歌が、いつまでも
歌い継がれていくことを願っています。



卒園式にもかかわらず、
卒園児のみんなから
素敵なプレゼントをいただきました。
僕の方こそありがとうの気持ちでいっぱいです。



洋正
2013年03月23日(土) No.259 (お知らせ)

感謝


作曲家吉松隆氏
http://homepage3.nifty.com/t-yoshimatsu/

の還暦コンサートに行ってきました。



僕の今までの人生で、特に音楽で強い影響を
受けた人は

勝淵丱鵐鼻法ΑΑγ羈愡代
久石譲・・・大学〜

そして吉松隆・・・です。

去年の大河ドラマ「平清盛」の音楽を担当されていたので
知っている方も多いと思います。

僕はこの吉松隆さんを知って、音楽だけでなく
人生というか、生き方、考え方の全てが
変わりました。

ほんのつい2年前のことです。

僕は吉松隆さんに直接会ったことはありませんが
心から感謝しています。
だから本人が見るかどうかも分かりませんが
感謝の気持ちを伝えたくて手紙を出したこともあります。
(届いているかは分かりませんが)

今日は吉松さんの自伝も出版されましたので
もちろん購入。


コンサートは3部構成で、
約4時間ありましたが本当に大満足でした。

オペラシティの満員のお客さんが
最後に登壇した吉松さんに惜しみない拍手を送り、
還暦を祝いました。
僕は涙が止まりませんでした。

心から心から感謝しています。

まだまだこれからもすごい曲を作ってくれることを
期待しています。


洋正
2013年03月21日(木) No.258 (未分類)

東日本大震災祈念コンサート


伊豆にある池田20世紀美術館でのコンサートです。

昨年に続き二度目の出演です。
今回は初めて電車とバスで行きました。
車で行くと楽だけど渋滞が読めないし・・・
私一人で車を運転するのは反対されたし・・
(息子が生まれるまで結構遠くまで行っていたのですけど)
当日の朝まで悩んで電車にしました。
伊東についてからバスに乗るまでだいぶ時間が空いたので
海岸まで行ってみました。


仕事と思えば待ち時間は惜しいけど
遊びと思えば待ち時間も楽しめます。
チェロを背負ってですが・・・
朝早くてまだ海は暗かったけど
静かで綺麗な波でした。
今日これからやるコンサートを前に
「津波で色々なものを失ったけれど誰も海を恨んではいない」
という文章を読んだことを思い出しました。

一碧湖の近くにある池田20世紀美術館は
コレクションの周りに囲いや係員がなく
写真も自由に撮っていいという珍しい美術館です。

この美術館の中の展示会場で画に囲まれての演奏でした。
一曲目は胃痛を抱えながら毎日過ごした
チャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」。
若い頃ちょろちょろっと弾いた程度なので
こんなに必死に練習したのは初めて。
覚えちゃいました。

後は守屋弘先生が作られた歌の曲や
合唱曲を演奏しました。

津波に襲われて家族とお店を流され
ご自身も金網に捕まって一晩を過ごした方のお話を聞きました。
「失うものはあったけれど私には友達も音楽もあって幸せ」と
おっしゃっていました。
それから、街の復興は殆ど進んでいないとの事。
これは困りましたね。
震災直後は傾いたまま立っていたビルも今では解体されて
更地になってしまい、日陰がないため夏はとても暑いのだそうです。
もう二年、ではなくてまだ二年。
これからも続けていけることは沢山あるかもしれません。
一番大切なのは「忘れないこと」。

今回は演奏のほかに楽しみにしていたこと。
東北の物産品を買うことです。
漁師のお母さんたちが作ったアクリルたわしがお目当てでした。
前回買ったら炊飯器を洗うのに傷つかないし
汚れも落ちやすいし長く使えるのでとても重宝しました。
野蒜(のびる)という所でお母さんたちが一つ一つ作っています。
ラトレの皆さんにお土産を〜と思って
大量購入してきました!!


そういえば、先日リトミック指導者養成コースの
合格通知が届きました!!
これで晴れてリトミックの先生です〜!

5月から幼稚園で2歳児クラスと3歳児クラスを開講するので
落ちるわけには行かなかったのですが・・・
なかなかの好成績でよく頑張りました〜私!!
これから更に忙しくなるぞ〜




2013年03月18日(月) No.257 (お知らせ)

キムシンさんコンサートへ


シンセサイザープレイヤーの
キムシンさんのコンサートへ
行ってきました。
http://space.geocities.jp/kimshin0126/home.html



「難病の子どもとその家族へ夢を」の
テーマ曲のアレンジをして下さった方です。

音楽も人柄も愛にあふれています。
「難病の子どもとその家族へ夢を」の代表の大住さんも
来ていて、舞台でお話する機会がありました。
さらに福島の浪江町から避難されている方も
きっと招待だと思いますが、いらっしゃっていて
お話を聞かせて下さいました。

会場では泣いている方もいました。

なぜその音楽が出来上がったか、
誰のために作ったのか、
そういうストーリーがあると
音楽がまた違って聴こえます。

音楽は技術はもちろん大切ですが
その前にある「人間」「思い」というものが
どれだけあるのか、
それによって大きく変わるような気がします。

素敵なコンサートをありがとうございました。

それから4月1日の「絵本と音のたまてばこ」ですが
2公演とも定員に達しました。ありがとうございました。
当日たくさんのお母さんと子どもさんに会えることを
楽しみにしています。



洋正
2013年03月16日(土) No.256 (お知らせ)

邦楽いろはにほ〜其の十二




十二回目となる「邦楽いろはにほ〜」
今回は「舞・打・楽」と題されたコンサートで
韓国から伝統舞踊の名手が来日されます。
今からとっても楽しみです。

私、相澤洋正の新作「線香花火」も初演です。
いよいよ4月25日から発売開始。
ぜひお越し下さい。

詳細は
http://homepage1.nifty.com/yonesan/framepage09-concert-annai.htm

(その前に4月20,21日島根県で何曲か編曲や委嘱初演があります。
聴きにいきたいなぁ・・・いつか島根へ)


洋正


2013年03月14日(木) No.255 (お知らせ)

あれから・・・


ラトレの春うたコンサートin羽根木こども園


世田谷区の羽根木こども園で親子コンサートをやりました。
今回も沢山の未就園児のお友達とお母様が来て下さって
最年少は3ヶ月の赤ちゃん!!
今回はゼロ歳ちゃんが割りと多かったけれど
誰も泣かずに最後まで静かに聞いて(寝て)くれていました。


今回は手作りの楽器を使ってみんなと一緒にコンサートを作りました。
空のペットボトルに配ったビーズを入れて蓋をするだけの作業ですが
指先を使う細かい作業なのでとても難しい・・・
諦めてママにやってもらう子もいれば
自分で〜と言って一粒ずつ丁寧に入れている子(息子も同じく)も。
今回は軽めのビーズを選んだので
カラカラという音がしてみんなで鳴らすとキレイでした。
出来上がったマラカスを使って一緒に「さんぽ」を演奏しました。

そして今度は、羽根木こども園で初お披露目となったバイオリンと、
チェロを紹介しました。
洋正先生の作った「春うたメドレー」では
みんなの知っている歌も入った4曲を聴いてもらいました。

絵本は「わたしのワンピース」です。
ストーリー性がなく同じ歌が何度も出てくるこの絵本は
小さいお子さんに大人気。
おうちでママに読んでもらっているお友達もいて
音楽が付くとまた違った印象になったようです。

さて、後半はみんなで歌うコーナーです。
春にちなんで会場にチューリップを沢山貼りました。
みんなが大きな声で歌ってくれると虫さんが集まってきます。
はち(ぶんぶんぶん)、蝶(ちょうちょ)、蟻(おつかいありさん)を
歌いながら虫を貼っていきました。
この虫を貼る動作は子供達にとってはツボみたいです。


あっという間に楽しかった時間が終わり
最後に「ありがとうの花」を演奏しました。

お見送りの時には「ぎゅ」してくれるお友達や
タッチや記念写真など、それぞれに楽しかった気持ちを伝えてくれました。
ママ達にも「感動しました」と言っていただけて
嬉しかったです。
これからもお母さんとお子さんが安心して楽しめるコンサートを
どんどんやっていきますね!!
2013年03月07日(木) No.253 (お知らせ)

おひな祭りレッスン


3月2日
毎週土曜日は4歳のCちゃんと我が家の息子の
リトミック&チェロレッスンをしています。

レッスンでは季節にちなんだ制作や音楽を取り入れながら
やっているのでおひな祭りはうってつけの題材です。

前半ではお互いチェロを聞かせあうのが恒例となっていますが
楽器を用意する間(出来るだけ大人は手伝わないので時間がかかります)
ピアノで「嬉しいひな祭り」をBGMで演奏すると
二人とも歌いだして、Cちゃんはなんと4番までしっかり歌えました!!

チェロを弾くと言ってもまだメロディを演奏したりはしません。
リトミックの延長で、手拍子の代わりに楽器をこすります。
Cちゃんは「かえるのうた」「うれしいひなまつり」を
元気に歌いながら弓を上手に動かせるようになって来ました。
同じリズムで弓を動かすこと、歌いながら他の動作をすることは
大人でも結構難しいのですがCちゃんはコツを掴んでからというもの
どんどんレパートリーが増えていきました。
そして息子は「どんぐりころころ」を
Cちゃんに負けじと大声で熱唱。
やっと右手もなんとかリズムに合わせて動けるようになって来ました。

様子を見ていて合奏がいけそうだったので
二人で初めて一緒に弾いてみました。
「かえるのうた」を競い合うように大声で歌いながら
元気良くチェロを演奏してくれました。


そしてその後はいつものリトミックをやってから
お雛様作りをしました。

二人とも保育園では既に作っているので
イメージもしやすいようで
私の見本を真似しながらお母さんと一緒に作りました。
時間がなかったのでCちゃんはお雛様
息子はお内裏様を作って記念撮影!!


そしてお待ちかねのおやつ♪
いつもはレッスンのご褒美に小さいおやつを渡すのですが
今日はせっかくなので和菓子とひなあられを用意して
お雛様の前でママ達も一緒に食べました。

その後に来たお姉さん生徒さんも巻き込んで
ちょっとしたパーティになりました。
我が家は男の子なのでこういう機会でもないと
おひな祭りはしませんから
私も準備していて楽しかったし
とても華やかな気分になりました。


その後Cちゃんはおうちでお内裏様と台を作って
完成させたそうです。

顔が上手に書けたね!
おうちでもレッスンの続きをしてくれて嬉しいです!



2013年03月03日(日) No.252 (お知らせ)

テーマソング


今日は風が強かったですね。
でも寒くなかったので
ちょっとうれしかったです。

さて先日披露した
「難病の子どもとその家族へ夢を」の
テーマ曲のビデオが出来ました。
ダイジェストでごらんいただけます。

http://youtu.be/3k4zpSH158E


1曲目は「大切なものほど…目の前にある」

2曲目は「大丈夫、ひとりじゃない…sokoriki-song」

です。
2曲目はみんなが一緒に歌える歌ということで
作りました。
手話も会場のお客さんと一緒に出来て
なかなか盛り上がりましたよ。

さていよいよ3月。なんだかワクワクしますね。
3/6のラトレコンサートのプログラムの原案も
出来たようです。
手書きで温かい感じを出したいと言っていましたが
なかなかいい感じだと思います。
(奥さんは作り物が得意なようです)


世田谷在住の方ならどなたでもOK。
定員があるので03-3327-5030(羽根木こども園)へ
お問い合わせ下さい。
お待ちしています。

洋正
2013年03月01日(金) No.251 (演奏活動)