Lattrait note

アンサンブルラトレ合奏練習


喜び


今日は息子と二人で近くの公園へ。
ここは水遊びが出来るのでお気に入りです。



親は子どもが喜ぶ姿を見たくて、
いろいろな場所に連れていきますよね。

最近思いますが、
相手の喜ぶ姿を見ると自分もうれしくなる、というのは
人間の本能というか、持っている性格だと思いますね。

褒められるとうれしいし、認められると自信になります。

だから僕は子ども達の前で演奏することを
ずっと続けたいと思います。

(そして親が楽しむ事が何より大切ですね)


洋正

2013年05月26日(日) No.283 (未分類)

区長訪問


6/9の「わいわいフェスタ」の案内とご挨拶に
大田区長のところに行きました。



今年は実行委員長をやっているのですが
さすがに区長室に入ってお話をする、というのは
緊張しました。

ずっと関わっている実行委員の人がいるので
その方のサポートもあってなんとか出来ました。

区長もフェスタ当日は実際に会場に来て
見て回られるそうです。
その時に一緒に回るというのは聞いていましたが
事前にお会いすることができたので
よかったと思います。

6/9は松原区長の他、来客があるそうなので
ぜひいいイベントになるように、あと
天気が晴れることを願って頑張りたいと思います。

もちろんラトレのコンサートもやりますので
15時にエセナ音楽室、お待ちしています。

2013年05月23日(木) No.282 (お知らせ)

もくせい園まつり


昨日はアンサンブルラトレの皆さんと
年に一度のボランティア演奏に参加してきました。

座間市にあるデイケア施設で行われるお祭りに参加するのは
今回で三回目。
だいぶ雰囲気にも慣れてきました。

コンサートは13時過ぎ、お祭り最後のイベントとして行われました。
一曲目は春うたメドレーを全員で演奏しました。
この曲は親子コンサートの時に私達が演奏する曲なので
皆さんにはちょっと難しかったと思いますが
短い期間でよくまとまりました!!

次はお客さんにマラカスを配って
「山の音楽家」を皆さんと一緒に演奏しました。
家の息子とピアニストのM先生のお嬢さんのYちゃんも
持参したマラカスで元気に参加してくれました。

そして次は皆さんの苦手な「アヴェマリア」。
今回はよかったですよ〜!!
と潤子先生がおっしゃっていました(^^)
全体に席が離れていてお互いの音が聞こえなかったのが残念でしたね。

「手のひらを太陽に」はもくせい園の利用者さんたちが
普段振付けて踊っていると伺ったので
みんなで一緒に演奏しました。
とても楽しそうに前に出てきて踊って下さいました。

そして初お披露目の「夢見月」。
テンポがなかなか決まらなかったり
ハーモニーが上手くはまらなかったりと
ほろ苦デビューとなりましたが
一度人前で演奏すると次へのステップに繋がるので
次回はもっと上手く行くでしょう!

最後は皆さんと「ふるさと」を歌いました。
「ふるさと」はここ数年歌う機会が多いので
歌詞を全部(やっと)覚えましたが
いい歌ですね。。。
ぜひカットしないで3番まで全部歌って欲しいです。
私は3番が一番好きです。

いつもコンサートの後たくさんの方が
「ありがとうございました!」「楽しかった!」と
声をかけてくださるのがとても励みになるのですが
今回はなんとファンクラブの方がいらっしゃいました。
私達が演奏しに行くのを心待ちにしてくださる方がいるのは
嬉しいですね!
ファンクラブ第一号の方を囲んで最後に記念写真を撮りました。


参加したアンサンブルラトレのメンバーから
感想が届きました。
Yさん:始まる前は大丈夫かなと思っていましたが
楽しく過ごすことが出来ました。
Tさん:本番では緊張で音符が読み取れなかったのですが
会場の雰囲気に慣れてくると落ち着いて楽しく弾けるようになりました。
アンサンブルデビューとしては大変よい場になったと思います。
Aさん:毎回緊張と感激と自分の不甲斐なさでいっぱいになりますが
目をキラキラ輝かせて体ごと一緒に楽しんでいる方々や
ありがとうって言ってくださるスタッフの皆さんに
また来年も演奏したいと思わせていただきました。
Sさん:障害者と健常者が共生する社会を
ノーマライゼイションというそうですが、
頭で分かっていても現実に向き合うと正直驚く場合があります。
もくせい園は私にとってもとても貴重な時間です。
失敗を恐れずもっとのびのびと演奏できるようになりたいと思います。


毎年のことながら
たくさんのお客様に喜んでいただく以上に
私達演奏者がたくさんの温かい気持ちをいただいて
励まされて元気になれる大切な場所ですね。


演奏では失敗したところもありましたが
私達の演奏を喜んでくださって
楽しみにしてくださっている人がいると言うことを
いつも心に留めておくと
練習する時にも「頑張ろう」と思えますよね。
また来年一回り成長した姿をファンの皆さんにお見せしましょうね!
2013年05月18日(土) No.281 (お知らせ)

わいわいフェスタ2013


童謡まつり


リトミックレッスン開始!!


GWその◆,發せい園祭りの練習


そして、5月6日はもくせい園でアンサンブルラトレの練習でした。
パパが締め切りに追われて鬼になっているので
息子をつれての参加になってしまいました。
13〜17時という長時間で心配しましたが
もくせい園のスタッフのKさんがずっと遊んでくださって
すっかり仲良くなったようでした。
Kさんはかなりのスパルタで
すぐ泣きべそかいて「ママ〜!」になってしまう息子を
「ほら行くよ!」と上手く連れ出してくれて
いつのまにか息子はKさんの子分のようにピッタリくっついて
お手伝いをしたりいたずらしたりビショヌレになったりしていました。
連休最終日が仕事になってしまってごめんね・・・と思っていたけど
なんのなんの、ママといるより楽しそう♪
練習中に遠くの方で元気な笑い声がたくさん聞こえて
嬉しくなっちゃいました。

こんなに緑がいっぱいの中で思いっきり遊んで
よかったね!!

おっと!あやうく練習の内容を書き忘れるところでした。
今回のおまつりのために「春うたメドレー」をお配りしていましたが
皆さん四苦八苦していましたね。
今日しか練習ないけど大丈夫かな・・・
始めにピアノ伴奏に合わせて全員合奏。
こんな感じ、というのを掴んでそれぞれのパートで練習開始。
ヴァイオリンソロは「春が来た」、チェロのソロは「朧月夜」です。
休憩時間も自主練をしてもらって
最後にあわせてみると何とかまとまってきているではありませんか。
あとの心配は当日リハーサルがないので
今日の状態が上手く本番までキープできるか?ということですね。
レッスンの中でもフォローしていきますので
どうかお忘れなく・・・

もくせい園まつりの参加は三回目ですが
演奏は音だけでなく体の動きや顔の表情も大切だと
皆さん気づいてきましたね。
もくせい園のお客様は特に
顔の表情に敏感なので
私達が緊張したり暗い顔をしたりしていると
不安に感じてしまうかもしれません。
楽しそうな顔、皆さんに会えて嬉しい〜というお顔で
コンサートを楽しみましょうね。
余談ですが
口角を上げていると快楽ホルモンのエストロゲンが多く分泌されて
楽しくなくても「楽しい!」と脳が錯覚するそうです。
顔の表情を作ることによって本当に楽しい気分になってきて
リラックスしたら演奏も上手く行っちゃうかも!
なんていい事尽くめですね!


そして今日は保育園でお弁当遠足。
去年は張り切って本で調べたり図面を書いたりして
お弁当を作ったのに
今年はお弁当遠足があること自体すっかり忘れていました・・・
とはいえ息子に恥をかかすわけにはいかないので
今朝何とか作りました!
一年ぶりくらいにお弁当を作ったので
手際の悪いこと・・・
全部食べてくれるといいなぁ。



2013年05月08日(水) No.275 (お知らせ)

今年のGW その


su-shi


12日のリハーサルのため館山へ。

アクアラインの渋滞を見込んで早朝に出ましたが
やっぱり渋滞・・・でも予定通り着きました。

早く着いたらカフェで読書しようと思ってたから
それが出来てよかった。



お昼には手作りのお寿司をいただきました。
歌い手さんの実家が魚屋さんだったので
よくいただいていました。おばあちゃんの「にぎり」



最高です。

と、食べ物の話ばかり・・・

5/12のコンサートでは合唱隊に混じって
歌も歌いますので暗譜しなきゃ・・・

みんなで合わせて歌うってすごく楽しい。
大人になっても歌うっていいなって思います。
お勧め!

(帰りはもっと渋滞・・・)

洋正
2013年05月05日(日) No.273 (お知らせ)

5月


新年度になったかと思ったら
あっという間に5月ですね。

今月は「春の童謡まつり」が館山であります。



相澤洋正作品の
・どんな声
・愛の歌

編曲では
・我は海の子
・夏は来ぬ
・朧月夜
・冬景色(初演)

を演奏します。

この季節の館山はあたたかく、花も咲いているので
毎年行くのを楽しみにしています。

5/12(日)
13:00開演
千葉県南総文化ホール 大ホール
2000円(前売り1500円)
問い合わせは
0470-44-1796(千葉県童謡愛好会)
info2009lattrait-music.com まで

2013年05月02日(木) No.272 (お知らせ)