Lattrait note

0歳のためのゆったりコンサート


いよいよ8月も終わりですね。
子どもの頃は休みが終わってしまう「あ〜あ」っていう
気持ちと、早く友達に会いたい気持ちの両方
あった気がします。

いよいよ秋はコンサートシーズンですね。

まずは9/13(金)
「0歳のためのゆったりコンサート」
残りあと3〜4組までOKです。
お待ちしています。



☆とき:2013年9月13日(金)
 受付10時15分  開演10時30分  終演予定11時30分

☆ところ:エセナおおた3階音楽室

☆対象:首が据わった頃〜歩き始めた乳児さんと保護者様

☆参加費:大人1名+お子様1名で1000円(お茶・お菓子付き)

※双子ちゃんの場合はご相談ください
※安全なスペースを確保するため、応募者多数の場合は
先着順とさせていただきますことをご了承くださいませ。

☆お申し込み 保護者様のお名前、お子様のお名前と月齢、
ご連絡先メールアドレスをご記入の上 
info2009@lattrait-music.com 
までお申し込みくださいませ。
2013年08月31日(土) No.315 (演奏活動)

帰省


「夏だ野菜だ収穫だ」ということで
実家へ。

 

帰る最後の日の朝、6時に起きて畑へ行き、
じじと一緒に収穫です。
来年は自宅の裏も畑にするらしいので
すぐに行けるからうれしいです。

他にもいろいろやりたいことはあったけれど
一日雨が降ってしまったので花火もできず・・・

畑だけでも行かれてよかったです。
息子の体調もすっかりよくなった。
自然のパワーかな。

僕は恩師に会って来年のコンサートの企画を練りました。
好きなようにできそうなので楽しみ楽しみ。

さて充電したので秋に向けて頑張りましょう。

子ども達もそろそろ夏休みの宿題の追い込みかな?


洋正
2013年08月26日(月) No.314 (未分類)

アンサンブルラトレ合奏練習


花火


お盆も過ぎてぼちぼち仕事の人も多いかと思います。
ラトレは秋、冬のコンサートシーズンに向けて
今は充電期間。

僕も読みたかった本をまとめ読みしています。

土曜は神宮外苑の花火大会でしたね。
今年は日本青年館ホテルの6階テラスから
花火を見ました。
息子も大きい音にびっくりしつつ、
最後まで楽しんだようです。



ホテルに泊まり、朝近くの公園を散歩すると
ゴミを拾っている人が大勢いました。


そうです、花火のカスですね。

どの花火大会でもきっと同じように
ゴミを拾ってくれる方がいるんですね。
やはり何事にも表と裏、光と影があるんだなと
思いました。裏も知らないといけませんね。

さて今週は帰省です。
自然の中で心身共にリフレッシュしたいです。

洋正
2013年08月20日(火) No.312 (未分類)

息子の夏休みその


もうだいぶ日が経ったのでショックから立ち直ってきましたが・・・
先々週、今年最も長く取れたお休み(4連休)で
高尾山登山と相模湖でバーベキューを予定していました。
私の幼馴染の親友が相模湖に引っ越したので
一泊させてもらうことになっていてとても楽しみにしていました。

はぁ〜。
またしてもイベントに弱い私達母子・・・
出発前夜、息子が寝た後トイレに行くと赤ワインのような血尿が!!
なんてこった・・・
夜中で怖かったけど
病院の駐車場代は高いので初めて自転車で救急病院へ。

「検査するまでもなく膀胱炎です」とあっという間に診断が。
「去年もなって二度目なんですけど癖になるんですよね?」
と不安になって確認すると
「前回のは『腎盂炎』です」と即否定。
放っておかずにすぐに病院に来ること!とお叱りをうけ
いただいた薬であっという間に回復したのですが。

翌朝(登山当日)待っていたのはまさかの「息子発熱」。。。
3歳になってからだいぶ丈夫になったと思って油断していました。
イベントに弱いのは遺伝してしまったようで。
日をずらせばお泊まりくらいはできるかも!?と
望みをかけて小児科へ行くと、
ただいま流行中のヘルパンギーナ・・・
これはウィルス性の感染症で保育園では登園禁止に指定されているもの。
当然外出は禁止です。

バーベキューの予約も食材の下ごしらえも万端だったのに・・・
親友も赤ちゃんがいて大変な中、沢山用意してくれていたのに(T-T)
あまりのショックにしばらく診察でうずくまってしまいました。

ヘルパンギーナは症状はすぐに治まりますが
喉が痛くて食事が出来ず体力が落ちてしまうため
回復に時間がかかる場合があると聞きましたが
自然治癒能力もママ譲りでよかった〜
息子は喉の痛みに気付かないようで食欲も落ちることなく
ママのショックもどこ吹く風。
元気に保育園に復帰しました。

前置きが長くなりましたが
この夏一大イベントが中止になったので
回復記念に二人で日帰りですが遊びに行ってきました!

「丸の内キッズジャンボリー」というイベントで
国際フォーラムの色んなところで色んな企画をやっていました。
トークショーだったり、試食会・体験コーナーだったり、
コンサートだったり、手作りコーナーだったり、
防災体験だったり、重機の撮影会だったり・・・
防災体験はスタンプラリーになっていて
レスキュー体験・消火器体験・放水体験・煙体験・起震車体験が出来ました。
「ママと一緒じゃなきゃできないよう」と半泣きだった息子は
消防士のお兄さんに制服を着せてもらうと仕事人の顔に!


放水体験

レスキュー体験

しかし一番のお気に入りはもちろん重機です。
油圧クローラドリルとミニクローラクレーン(だったかな?)が
展示してあって、特にドリルは初展示ということで
行列ができていましたが
毎度毎度並びなおすことそれぞれ4回ずつ。


ミニクローラクレーン

油圧ドリル

最後の方は「ママは来なくていいから」と
男らしく操縦席に座り、工事の人になりきっていました。
なにしろ今年の七夕の短冊は「工事の人になりたい」でしたから。

一日たっぷり遊んで、心行くまで重機を堪能して
すっかり満足の息子さま。
この日は「絶対息子のやりたいことに付き合う」と
決めていたのでさすがに私はぐったりでしたが
親から離れて一人でチャレンジできたり
怖い体験も頑張って挑戦したり
一日で息子の成長を沢山見ることが出来たので
私もとっても満足な一日でした。

来週はいよいよ二つ目のイベント。
じいじばあばの家に帰省です。

今度は熱出ませんように・・・


2013年08月16日(金) No.311 (お知らせ)

線香花火


東京は暑い日が続いていますね。
突然の雷やゲリラ豪雨など
自然の怖さを感じます。

さてお盆ですがみなさまいかがお過ごしですか?

東京に留まっている相澤家ですが
夫婦で「線香花火」をやりました。



純日本製手作り線香花火です。

見た目も素敵ですよね。

先月初演の拙作「線香花火」を書く時に調べたのですが
線香花火はその燃える段階によって
「牡丹→松葉→柳→散り菊」と名前がついているんですね。
この繊細な感覚、いいですね日本人。

たまにはちょっと贅沢な感じの線香花火もいかがでしょうか?

洋正
2013年08月15日(木) No.310 (お知らせ)

邦楽ジャーナル


「邦楽ジャーナル」8月号に山中湖国際音楽祭の事を
取り上げていただきました。
主に新曲2曲についての取材を受け、
曲の構成や思いを記事にしていただきました。
その他邦楽器のコンサートの情報が満載です。
よかったら手にとってみて下さい。
山中湖国際音楽祭
http://nippon-seinenkan.or.jp/ongakusai/

邦楽ジャーナル
http://www.fujisan.co.jp/product/1281680287/?gclid=CP7E05qc3bgCFYtgpQod12cA3A



そして先日は初めてオーケストラ編成で曲を書いて
それが音になりました。
知らない曲をそれぞれの人が練習して、
指揮者の方も譜面を読み込んで・・・
そしてこの日のためにプログラムや受付の準備をし、
この日のために予定を空けて来てくれるお客さんがいて・・・。

多くの人が関わって一つのコンサートが成り立つわけで
それが今回オケなものだから、余計恐縮してしまいますね
(明らかに人がいっぱいいるから)

でも思うのは
こうして人が関わる、ということがとても大事だと
思います。関わって、壁にあたって、悩んで・・・
でもそれが完成した時の達成感。
音楽に限らず人が関わる社会を作りたいと思います。
まずは自分の地元で継続してやろうと思っています
(なんだか話が壮大になってきてしまった・・・)

あっ、山中湖国際音楽祭、ぜひ聴きに来て下さい。

洋正
2013年08月08日(木) No.309 (お知らせ)

バイオリン教室発表会!


8月4日
お世話になっているバイオリンの先生のお教室で
発表会が行われました。
今回は一部がオーケストラの演奏会で二部が発表会になっていました。

私は一部の方に参加させていただきました。
プログラムの中に洋正先生が作った
「大切なものは・・・目の前にある」が入っていたので
とても楽しみにしていました。
オーケストラの方たちは初めての曲なので
ポップスの細かいリズムが捉えにくいようでしたが
リハの後「一緒に練習してください」と声をかけてくださり
何人かで重要な箇所を特訓しました。
昨日のリハで初めて顔を合わせた即席オーケストラだけど
こうやってすぐにまとまれるとすごく楽しいです。

終演後、演奏者からは「いい曲だね。演奏してて気持ちよかった」と
言っていただけました。
「難病の子どもとその家族へ夢を」のhope&wishの代表の方も
いらしていて、「とても感動した」と言ってくださいました。
曲自体もよかったけれど
はじめはピアノと歌で作ったこの曲を
オーケストラで聞きたいと提案して下さった方、
オーケストラを集めて演奏する場を与えてくださった方、
知らない作曲家の作った知らない曲を形にしてくださった指揮者の先生、
演奏してくださったオーケストラの方たち、
いろんな方の手を借りてやっと生まれた音楽。
と思うとなんだか感無量です(私は作曲してませんが)。

会場で聴いていた洋正先生は「楽譜がほしい」とか
声をかけていただいたそうです。
近くに住むラトレの生徒さんが聴きに来てくださって
素敵なお花をいただきました!

「初演おめでとうございます」なんて嬉しいですね。
レッスン室に飾らせていただきます♪
ありがとうございます!!

演奏会の最後には会場の皆さんと一緒に歌ったり楽器を演奏したりする
コーナーがあって、
息子はお気に入りのタンバリンを持っていったのですが
始まると同時にお昼寝タイム・・・
(パパが静かに聴きたくてわざと寝かせた疑惑アリ)
一部の演奏が終わるまでしっかり熟睡していたようです。

次はラトレの教室の発表会です。
そろそろ曲が出揃いました。
私も気合入れて準備頑張ります。


さて今日から4連休。
夏休みのない息子のために家族サービスです!
6日は高尾山登山。相模湖の友人宅に泊まって7日はバーベキューです!

皆さんもよい夏休みを!




2013年08月05日(月) No.308 (お知らせ)

今を生きる


手話シンガーの水戸真奈美さんが
CDをリリースしました。
http://ameblo.jp/mana-ttoc/entry-11583070697.html


「難病の子どもとその家族へ夢を」の団体の
テーマ曲作成をきっかけに知り合い、
一緒に曲を作りました。

3曲目の「キミはここにいる」の曲を作曲しましたが
CDが届いたので聴いてみるとアレンジも素敵だし、
どの曲も素晴らしかったです。

真奈美さんのようにポップス系の人のために曲を
書いたのは初めてですね。

真奈美さんは宮城出身ということで、被災地に
何度も足を運んで歌を歌っています。
また手話をコミュニケーションの一部と捉え、
障害者だけではなく、一般的なツールとして
広めようとしています。本当に尊敬できる
アーティストです。
http://www.mitomanami.net/

そして今日はリハでした。


明日はホールで聴けるのでバランスチェックして
本番を楽しみたいです。

洋正

2013年08月03日(土) No.307 (お知らせ)

小さな音楽会