Lattrait note

リトミッククラス〜ハロウィン合同レッスン〜


今日はリトミックレッスンをしている幼稚園で
2歳クラスと3歳クラスの合同レッスンをしました。
人数が多いほうがハロウィンが盛り上がるかな〜と思ったのと
来年度は2学年合同クラスにしようかなと考えているのでそのお試しを兼ねて。

ちょっと小さめの教室に7人のお友達とお手伝いのお母様二人は
予想以上にぎっしりで計画通りに動けませんでした・・・大失敗!!

しかも絶対に成功させようと
前々から手作りの準備をして、指導計画も特別プランを立てていたのに
せっかくお手伝いのお母様がいたのに・・・写真を撮り忘れました。
せめて作品だけでも見てやってください。

最初は私が魔法のステッキでみんなに魔法をかけました。
「小さく小さくなぁれ」と歌うと
ピアノに合わせてどんどん小さくなっていきました。
何も言ってないのにさすがです!
「大きく大きくなぁれ」でもちゃんと大きくなれました。
今度は魔法で「お花になぁれ」と歌うと
みんなキレイなお花に。
音楽に合わせてゆらゆら揺れてくれました。

次は一人ずつ魔法使いを交代してみんなに魔法をかけ、
他のお友達は魔法にかかってその物になりきってみました。
「カニさんにカニさんになぁれ」とか
「ピカチュウにピカチュウになぁれ」とか
子どもらしい発想が続く中
息子は「おイモにおイモになぁれ!」
・・・
みんな「なれな〜い!」とブーイング。
それでも思い思いのおイモのポーズで静止してくれるのでした。

そして今日は特別レッスンなので制作の時間を挟みました。
牛乳パックでカゴを作り、画用紙でかぼちゃやオバケやコウモリを
切り抜いたものをみんなで糊で貼り付けていきました。
3歳クラスのお兄さんお姉さん達は2歳クラスのおともだちに
糊を貸してあげたり糊を塗ってあげたりとお世話を焼いていました。

出来上がったカゴを持ったらオバケに変身!
暗〜い音楽に合わせてそーっと歩いて行って音楽が変わったら
「トリックオアトリート」と言って飴をもらいます。
みんな飴(ニセモノ)が欲しくてピアノなんて聞いちゃいません。
あっという間に飴係のお母さんを取り囲んでカゴいっぱいに詰め込む!
「これ食べた〜い!」
「持って帰りた〜い!」と手放さないお友達に
「それ、ニセモノだよ。本物のお菓子あげるんだけどな〜」と言うと
一斉に飴を返却。分かり易過ぎます。
最後には特別参加賞をみんなもらって
とても楽しんでもらえたようでした。


牛乳パックのカゴ。
レッスンで使った後、私のと息子のをくっつけてペン立てに加工しました。


魔法の帽子とステッキ、それから飴(ニセモノ)。
帽子はサイズが小さすぎてかぶれず
お友達が数人で落ちないように支えてあげる事態発生。
いつもツメが甘い陽子先生です・・・
2013年10月29日(火) No.332 (お知らせ)

10月ラトレ合奏練習


羽根木こども園コンサート


10月24日(木)

台風が心配されましたが何とか持ちましたね。
この日はコンサートと息子の保育園のお弁当遠足が重なっていたので
朝暗いうちからお弁当作りでした。
最近毎日泣いて保育園を嫌がる息子のため
せめてお弁当だけは喜ぶものを・・・と
希望を聞くと「アンパンマンとショベルカーがいい」
よかった〜。
昨日までは「ダンプカーとショベルカーがいい」だったので
かなり難題でした。

さてさて、そんな訳で今日は羽根木こども園で
未就園児(特に2歳さん)を対象にした親子コンサートです。
直前の告知にもかかわらず25組の親子さんが遊びに来てくれました。
羽根木こども園では毎回対象年齢を変えたり
座る位置を変えたりして、どうしたら楽しんでもらえるか
どうしたら集中してコンサートを聴ける環境を作れるかを
いつも研究させていただいています。

お天気のせいか初めはなんだかおとなしめのテンション。
前半はみんなの知っている「さんぽ」や「アンパンマン」で
だんだん元気になってきました。


今日の絵本は「ノンタンほわほわほわわ」です。
この絵本には歌が出てきますがとても簡単なので
みんなもすぐに覚えてくれて
「しゅぽしゅぽ〜」と一緒に歌ってくれていました。
お母様方も音楽に合わせてお子さんを膝に乗せてゆらゆら〜。

後半は秋コンサートでは名物となった
「落ち葉探し」と「葉っぱのかくれんぼ」です。
今回は未就園児さんなのでまだ知らない歌もあったと思いますが
ラトレのコンサートをきっかけに覚えてくれたら嬉しいな。

いつもの事ながら子ども達には
音の鳴るフェルトの落ち葉(制作時間1時間)より
紙の落ち葉(制作時間5分)の方が人気です・・・
「落ち葉探しに来て〜!」というとワッと集まり大騒ぎ。
歌も元気よく歌ってくれました。


コンサートが終わった後、落ち葉は今シーズン最後なので
みんなにプレゼントすることにしました。
喜んで持って帰ってくれると作った甲斐があります。
フェルトの落ち葉でも遊んでねT^T

秋コンサートが終わりいよいよ冬コンサートの準備です。
洋正先生が新作絵本に取り掛かっていますが
私の手作り作業はそれからになるので間に合うかドキドキ・・・
頑張って仕上げてくれ〜い。

そうそう、結局息子のお弁当はこんな感じになりました。
アンパンマンの下の黄色いのがパプリカのショベルカーです。
2013年10月26日(土) No.330 (お知らせ)

キッズチーム!!発表会リハーサル


今日は初めて今回発表会に参加するキッズが
全員(5人)集合しました。
そのうちチェロを弾くお友達が3人、
リトミックに参加するお友達が2人です。

最初にチェロを弾くお友達が順番に見せあいっこしました。
本番のように名前を呼ばれたら元気よくお返事、
おじぎをして演奏しておじぎをして帰る・・・という練習です。
お友達に見られて緊張したのか
いつものように弾けなくて泣いてしまったCちゃん。
女の子に囲まれて嬉しくなったのかふざけてばかりの息子は
ママに教室から追い出されて号泣。
一年生のRちゃんはさすがのしっかり者だけど
練習でいつも間違えてしまう箇所は相変わらず直らずしょんぼり。

そんなそれぞれがほろ苦デビューとなったリハーサルでしたが
気合を入れなおして全員リベンジ!!
2回目は何とか上手く弾くことが出来ました。
でもまだ発表会まで1ヶ月もあるので大丈夫!

続いてダンスと合奏です。
これは3歳から6歳までのお友達5人でやりますが
これまた大変。
一列に並ぶのが一苦労です。
それでも振り付けは何とか覚えてきてくれていて
楽器の演奏ももう一息です。
  
発表会までにもう一回リハーサルできるといいなあ。

さて、レッスンでたっぷり汗をかいた後は
ランチタイムです。
お母さん方とゆっくりお話しする機会もなかなかないので
発表会に向けての準備の仕方などを説明しながら
交流会をしました。
差し入れにドーナツや果物をいただいて
みんな夢中で食べてすぐに仲良くなっていました。
お母様方、ご協力ありがとうございました!!

子どもの発表会は子ども本人の努力ではなく(もちろんそれも重要ですが)
いかに親が子どもをやる気にさせるかが最重要ポイントになりそうです。
なかなか上達しないとイライラして
「練習しなさ〜い!」となってしまうのですが(私も同じく)
子どもが進んで楽器を構えたくなるような
発表会を楽しみにしたくなるような環境作りを
目指して行きたいものです。

そして、今日は生徒さんからなんとなんと
大きなマツタケが届きました!!

すっごく大きなマツタケで、直径8cm、長さ20cmくらいです!
小さい頃に父がよく土瓶蒸しにして食べていました。
あの頃は大しておいしいと思わなかったけど
「これは大人の食べ物なんだよ」と言われて
ありがた〜く一口もらったりしていました。
なんだかすごく懐かしくて・・・
細く割いて軽くあぶってポン酢でいただきました。
香りが強くておいしかった〜!!
一気に全部食べちゃうなんて贅沢、きっと最初で最後です。




2013年10月20日(日) No.328 (お知らせ)

こだま幼稚園コンサート


10月17日(木)
長野から帰った翌々日は都内にある幼稚園に行ってきました。
最近園舎が新しくなったお祝いに
園児さんと先生方に音楽のプレゼントを
ということで、お邪魔しました。


とっても元気なお友達で、しかもお行儀がよい!!
静かに聴くところと元気に歌うところとの区別がしっかりついていて
驚きました!!


今回は音楽教育に力を入れている所と聞いていたので
バイオリンとチェロをそれぞれ紹介して聞き比べてみました。

演奏もたっぷり聞いて、歌もたっぷり歌って
あっという間に一時間!!
子供向けのコンサートはいつも40分で組んでいるので
かなり長くなってしまいましたが
最後まで飽きることなく盛り上がってくれました。

いつも盛り上がるアンコール「勇気100%」では
みんな振り付けをしながら歌ってくれたのにも驚き。

きれいな園舎と可愛くて元気なお友達に囲まれて
パワーとほっこりをいただいて帰ってきた大人たち三人でした。
2013年10月18日(金) No.327 (お知らせ)

隣の保育園


僕がお世話になった実家隣にある
保育園でコンサートでした。

毎年やっていますが、
ここはホームって感じで
とても楽しくやらせてもらっています。



近所の方や、あの頃の友達が親同士となって
再会したり、と懐かしいさや驚きも
一緒に味わっています。

ついでにじじばばの畑に行って
芋ほりもしました。



帰省すると畑に行くのが日課ですが
今度自宅の裏も畑にするということで
もっと簡単に行けてしまうので楽しみです。

まあ芋よりもてんとう虫と遊ぶほうが
興味あったみたいですが。

既に寒い長野でした。

洋正
2013年10月16日(水) No.326 (演奏活動)

「今を生きる」CD発売


手話シンガー水戸真奈美さんのCDが発売になりました。
難病の子ども達の事を思って一緒に作った「キミはここにいる」も
収録されています。全部いい曲なので、ぜひ聴いて欲しいです。
僕は彼女を応援しています。これからも頑張って下さい。
以下、真奈美さんの文章より抜粋

10月9日発売
『今を生きる』がリリースされましたぁ〜☆☆☆

アルバムコンセプトは、
今回のCDは【命】と【生きること】をテーマとしています。

震災後に様々な場所で、たくさんの方々と手話をしながら歌った曲や
二度とこんな辛い想いをしてほしくないという想いを込めて
歌っているカバー曲や、難病の子供たち、被災地の学生たち、
障がいを持った方々…本当に多くの方々と関わらせていただくことで、
毎日当たり前のようにしていることが本当に幸せなんだということを
改めて気づかせていただきました。
辛いことがたくさんあるかもしれませんが、
生きることを諦めてほしくないですし、
生きていることの奇跡を考えてもらえたらと思います。

1.INORI
2.笑顔
3.キミはここにいる
4.私はあなたを空にする
5.未来への扉

このCDは全国のCD店で注文・購入できます!!

また、アマゾンなどでも購入可能ですし、
私のホームページの方にある連絡先に
メールを送っていただいても大丈夫です(^ ^)

http://www.mitomanami.net/

iTunesにもあるので、ぜひダウンロードして着うたにしてくださいね♪♪

2013年10月11日(金) No.325 (お知らせ)

アンサンブルラトレ 合奏練習


9月の合奏練習は台風通過の為中止になっていました。
その代わりに9月22日と10月6日の二回に分けて
合奏の振り替え練習を行いました。

9月22日は集まった人数が各パート一人ずつと少なかったので
「もやもやしないではっきりした音で弾く」というのを
意識して練習しました。
弓のスピードを調整すると優しい音や力強い音や軽い音・・・
色々な音色を表現することが出来ます。
メロディパートの音がよく聞こえるように
みんなで工夫して練習しました。

合奏指導のあとも皆さんオヤツを食べながら夕方まで
自主練習を頑張ったそうです。

10月6日は7名ほど参加してくださり
大森のレッスン室がいっぱいになりました。
大森のレッスン室はグランドピアノを支えるため
床下に金属板が入っていてよく響くのです。
そのせいか7人で全力で演奏するとうるさくて・・・
メロディ以外の人が音量をぐっと落とす練習をしました。
するとすごくすっきりしてバランスもとてもいい!
頑張らない分体が自由に動くので
楽器も押し付けられた音ではなくよく鳴っています。
「メロディをよく聴いて」とはよく言っていて
皆さんも「聴いてます」と言ってくださるのですが
お客さんが聴いた時にメロディが聴こえてくるかな?
と客観的に考えてみるとまだまだ頑張りすぎな気がします。
私にとっても大きな発見で
よく考えれば
「メロディが聴こえるためにはメロディが頑張るんじゃなくて
他が抑えればいいんだ!」というごくごく単純なことでした。

この日はお昼をまたいでの時間帯だったので
朝からほうとうを作っておきました。
みんなで分けると少しずつになってしまいましたが
山中湖の思い出たっぷりのほうとうと
長野の手作り野菜のたっぷり入ったおいしいうどんになりました。
ほうとうを食べながら当日の衣装の相談をしていたら
なんと、ついに「ラトレTシャツ」を作ることになりました!!
その場にいる人だけで決めてしまったのが少々気にはなりますが・・
団結力も増していい演奏になることを祈ります。

練習風景
 
2013年10月08日(火) No.324 (お知らせ)

邦楽いろはにほ〜


10月に入り、一気に寒くなった気がします。

山中湖国際音楽祭の余韻に浸っていたいところですが
2013年も気がつけばあと3ヶ月。
ラトレのコンサートもありますが
毎回のように新作を発表させていただいている
「邦楽いろはにほ〜」



2014年の1/11(土)ですが
今回はチェロとの出会いと題して
チェロ、尺八、二十絃の新作
組曲「カレイドスコープ」が初演されます。
(まだ出来ていませんが)

カレイドスコープとは万華鏡の事。
チェロは大好きなので
いい曲かけるように頑張りますので
ぜひ聴きに来て下さい。

洋正
2013年10月05日(土) No.323 (演奏活動)