Lattrait note

今年もお世話になりました


2013年もたくさんの出会いと、
楽しい事がいっぱいで
本当に素晴らしい一年となりました。

関わって下さった皆様、本当に
ありがとうございました。

昨日の忘年会でも話題になりましたが、
「自分を好きでないと、人には優しくできない、
そして自分を好きになるには
小さい頃から親やその他大勢からたくさんの
愛情をもらうこと」だと。

自分を好きであれば人のために何かしたいとか、
喜んでもらいたい、という外へ向かう事ができるのだと
思います。

人は人と関わることでしか生きていけないと思いますが
おかげさまで多くの方と知り合い、関わることが
出来た一年でした。
作曲も演奏も「喜んでもらいたい」、ただそれだけで
やっています。結果、それが僕の生きる力となって
いるので回りまわって自分のためでもあるのです。

僕は根拠のない自信を持ってここまでやってこれましたが
この「根拠のない自信」とは、自己肯定感であり、
親にたくさんの愛情をもらったおかげだと思います。

親に感謝し、関わった人全員に感謝しています。
もっともっと子ども達にも関わって、愛を少しでも
届けられたらいいなと思います。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

ラトレ代表
相澤 洋正



2013年12月30日(月) No.350 (未分類)

我が家のクリスマス


師走も一段落。
我が家にもやってきましたクリスマス。
息子が赤ちゃんの時はただ何となく
「ケーキ食べられるし、何かプレゼントもらえるな〜」
くらいでもオッケイでしたが
そろそろサンタさんの存在を信じさせる努力が必要になってきました。

まず、早い段階からプレゼントは何が欲しいかリサーチ。
一貫して「ショベルカー」という息子。決意は固いようです。
ショベルカーのおもちゃを調べてみると緑(コマツ)と黄色(CAT)が。
どっちも好きだと思うけどせっかくなら一番欲しいものをあげたい。
そこで「今歩いてたら知らないおじいさんに会ってね、
Rくんは何色のショベルカーが好きですか?って聞かれたよ」と聞くと
息子は「黄色い方!」夫「誰?誰?知らない人?」(警戒しすぎです)
「分かった〜。じゃ今度会った時伝えとくね」
あとはサンタさんにお手紙を書いて準備万端。

クリスマスイブにはばぁばも来てちょっとだけパーティ。

ばぁばがプレゼントを用意してきてくれたのですが
渡し方について考えてなかった・・・
サンタさんが2回来たらおかしいし、二人いてもおかしいし・・・
明日二個持ってくるのもおかしい?
せっかくならばぁばの前で開けて喜ばせてあげたいなぁ。
そこでばぁばに丸投げすると、
なんと「今ばぁば玄関でサンタさんに会ったの。
あわてんぼうだね〜。それでプレゼント預かってきたよ」
ううう・・・今日来ちゃったら明日来れないじゃないですか^^;
まぁいいや。後で考えよう。
開けてみたら長野のじいじが乗ってる軽トラにそっくりのトラック!
大喜びで夢中になって遊ぶ息子。
「サンタさん明日もう一回来てくれるかなぁ」と私。
「来なくていいよ〜」と息子。ショベルカーが・・・

私も粘ります。
「サンタさんさ、疲れちゃって休憩したくなるかもしれないから
コーヒー入れといてあげようか?
そしたらもう一回来てくれるんじゃない?」
息子「それいいね〜Rちゃんコーヒー入れるね!」
そしてツリーの下にコーヒーを用意。
何とかつじつま合わせに成功したのでした。

翌日は起きた途端コーヒーを確認。
「空っぽになってる〜!!」と感嘆の声。
隣には大きな箱が!
窓の外に向かって「サンタさ〜ん!ありがとう!」と叫びました。

もちろん今はショベルカーで石を拾ってトラックに乗せています。


2013年12月26日(木) No.349 (お知らせ)

リトミックレッスンクリスマス会!&12月アンサンブル練習


今日は幼稚園でやっているリトミックの特別レッスンです。

普段は幼稚園で延長保育をしている子ども達にレッスンしているので
お母さん達にレッスンを見ていただく機会がなかなかありません。
そこで、「クリスマス会」と題して
おうちの方に普段の様子を見ていただく機会を作りました。

ツボミ組さん(2歳児)は「海へ行こう!」
ボートで海の真ん中まで行ったら鼻をつまんで潜ります。
海には色んな生き物がいっぱい。
マンボウやタコ、カニやエビなど、全て音楽を聞き分け
それぞれに合った動きで表現します。
6種類くらいあって難しいけどよく聞き分けて動く事ができました!

続いて年少さんレッスン。
年少さんはドレミの歌をハンドサイン付きで歌いました。
いつもは私がピアノを弾きながら歌うのですが
今日は洋正先生がピアノを弾いてくれたので
私もみんなと一緒に歌う事が出来ました。

そして「トンパ」です。
二人組になって「ちょうちょ」のリズムに合わせて手を打ちます。
次に別のお友達と二人組になって「トンパッパ」と3拍子を打ちます。
その後よく音楽を聞いて「トンパ」なら最初のペア、
「トンパッパ」なら二度目のペアになって手を打ちます。
いつもは迷ってしまう子が今日は張り切って集中していました。
いつもは出来る子がボーっとしてお友達に教えられていました。
でもみんなで助け合ってだんだん合ってきましたよ!

ここでお茶の時間です。
といってもただのお茶会ではありません。
リトミックレッスンの中ですから音に合わせます。
みんなにお盆を配り、お茶を運ぶ時は「そーっとね」
置いて戻ってくる時は「急いでね」、お菓子を運ぶ時は「さっさとね」
ピアノに合わせてそれぞれのスピードで
お母さんお父さんの所へ運びました。
上手にお手伝いしてくれたみんなにもお菓子のプレゼント♪
前回レッスンの時にみんなで作ったブーツの中にお菓子を入れておきました。

お茶の時間に保護者の方を一組ずつまわり
普段のレッスンの様子をお伝えしたりお家での様子を伺ったりしました。
普段なかなか会えない保護者の方もいらっしゃったので
お子様やレッスンについてのお考えや姿勢が分かって
私にとってもとても有意義な時間になりました。


休憩の後は親子リトミック。
お父さんやお母さんとペアになって音楽に合わせてゆらゆら揺れたり
みんなで繋がって電車になったりしました。

最後にお待ちかねのプレゼント交換。
音楽に合わせて回すのは難しかったけど大人が大勢で手伝って
みんな素敵なプレゼントをもらうことが出来ました。

連休のお忙しい中にご両親おそろいで集まってくださり
お子様の習い事に高い関心を持ってくださっている様子が伝わりました。
「普段何やってるんだろう?」「先生ちゃんとやってるのかな?」と
ご心配もあったと思うので
私がどんな先生なのか分かっていただく意味でも
集まっていただいてよかったなと思います。

そして、午後はアンサンブルの練習。
急いで青年館へ向かいます。
今日はなにしろ来週に控えたボランティア演奏のたった一回のリハですから。
殆どのメンバーが時間前に集合してウォーミングアップしていてくださったので
スムーズに練習開始が出来ました。

本当は「先月の発表会でやった曲をそのままやりましょう」と
お伝えしてあったのに、客層を考えたら色々変わってきて
結局半分以上が新曲になってしまいました・・・
いつもは一年くらいかけて仕上げているので
今日一回だけの練習ではとても心配でしたが、、、
皆さんできるじゃないですか!!!
殆どの方が譜読みはもちろん、
前の楽譜や音源を調べて自分なりに練習してきてくださっていて
最初からちゃんと形になっていました。
普段からこれだったらいいのにね〜。
しかも、団結力も一層増したようで
出来ないところやわからないところをどんどん質問してくださって
とても活気ある楽しい練習になりました。

今回は老人ホームを訪ねて月の行事に参加させていただくのですが
「上を向いて歩こう」と「見上げてごらん夜の星を」を
お客さんと一緒に歌う事になり、私は歌いながら弾いていました。
が、マネージャーH氏より
「先生はお歌いにならないほうが・・・」とやんわりお断り。
ハイ、おとなしくチェロ弾きま〜す。

次回は29日の本番。リハーサルなし。
ドキドキですが、こういう状況の方が皆さんは強いので^^
私も自分のパート頑張ります!

怒涛の12月がようやく落ち着いたのでしばらくのんびり。
(家の大掃除何一つやってない!!)
29日は楽しく過ごしたいと思います。


明日はサンタさん来るかな?



2013年12月23日(月) No.348 (お知らせ)

ラトレのわくわくクリスマス最終回&作品公開!


12月14日(土)
大田区のとある共立信用組合ホールをお借りして
初のラトレ単独コンサート!

地域の活性化と交流が目的だったので
親子さんだけでなく大きなお友達や大人の方もたくさん遊びに来てくれました。
大田ケーブルテレビも取材に来ていて、17日に放送されたようです。
(我が家は大田ケーブル入っていなくて残念!)

コンサートの内容は12月1日にやったのと同じですが
まったく同じ事をやりたくない(できない?)私たちなので
子ども達が参加できるコーナーを増やしました。

「サンタさんからプレゼントを預かったんだけど鍵が掛かってて開かない!
森の動物さんたちが鍵を持っているからみんなで歌を歌ったら
動物さんたちが出てきてくれるかもしれない」という設定です。
みんなマラカスや鈴を振ったり歌を歌ったりしてくれたので
動物さんが鍵を持ってきてくれたのですが大きすぎたり小さすぎたり・・・
最後にトナカイさんがちょうどピッタリの鍵を届けてくれました。

プレゼントの箱を開けると中身は緑のマフラー。
この後読む絵本「まほうのマフラー」の主人公がつけているマフラーです。
しっかりマフラーを握り締めると勇気が沸いてきたらいいな。

今年はバイオリンにMちゃんが加わってくれて
三人体制になり充実した活動を送る事が出来
おかげさまでラトレを応援してくださる方もたくさん増えました。
来年は色々なスタイルでお届けする事になり
どうなることやら不安もいっぱいですが
より一層皆さんに喜んでいただけるコンサートを考えて行きたいと思っています。
これからも応援よろしくお願い致します。

最後に、恒例の自画自賛タイムです。
今回の手作りは史上最多!

まずはプレゼントの箱。

蓋を開けると箱が開くようになっています。
開ける時には必ず歓声が上がるので大満足。
レッスンにいらした生徒さんにも見せびらかしちゃいました。

そして中身のマフラー。

「まほうのマフラー」に近い色のもので
実際に巻いて使えるような生地を探しました。
全部で140個は作ったでしょうか。
「気に入って巻いています」なんて声をかけていただけると
疲れも吹き飛びます。

鍵を届けに来てくれた動物さんたちと鍵。
少しずつクオリティが上がっているかな・・・?


来年最初は1月15日(水)と17日(金)に
「0歳のためのゆったりコンサート」があります。
バイオリンはアンサンブルでご一緒の潤子先生が担当してくださいます。
興味のある方は是非遊びにいらしてくださいね。


2013年12月20日(金) No.347 (お知らせ)

ラトレのわくわくクリスマスinくれよんくらぶ


12月7日は大森にあるくれよんくらぶさんにお邪魔してきました。
ここは一年前にできた障害を持つお子さんが通う施設です。

今年二回目を迎えたクリスマス会の中で
生演奏を聴かせるとどういう反応を示すのか
スタッフさんも未知数という状況でのコンサートでした。

実際「コンサートをやりますよ」と案内を出しても
「いいね!是非行きたい!」という反応ばかりではなかったようで。
来てくださった中にも不安を抱えたままの様子も見えました。
コンサートが始まるまでの間少し時間があったので
お子さんの様子を聞けるお母様とは少しお話をしました。
「この子は大きな音がダメなんです」
「この子は音が苦手なんです」
そのコミュニケーションの時間はとても参考になりました。


コンサートが始まると耳を塞いでしまう子、踊ってくれる子、
走り回っている子・・・色々な反応がありました。
一瞬だけシーンとしたのが絵本「わたしのワンピース」の時です。
今まで何度も読んでもらった事のある絵本ですが
音楽がついて、しかもまさか歌いだすとは思わなかったのでしょう。
そんなお子さんの様子を見てお母様たちもリラックスしたよう。
繰り返し出てくるメロディをだんだん一緒に口ずさんでくれるようになりました。

コンサートが終わった後、皆さんのランチにご一緒させていただき
お話をする事が出来ました。
最初に「音が苦手」と言っていた子はやっぱり我慢していたようでしたが
私が話しかけると嬉しそうに答えてくれて
「音は苦手だけどこの空間は嫌いじゃなかったんだな」と感じたり、
ずっと走り回っていた子が突然私のチェロを弾き始めて
「興味ないのかと思ってたけどちゃんと見てたんだな〜」と驚き、
静かに聴いてくれてた子が寄って来て
「ねえねえ、すっげ〜つまんなかった!」
私「え〜!お姉さん悲しい!ホントは楽しかったでしょ?」
「すっげ〜つまんなかった!(結構しつこく続く)
ねえねえ、ホントはすごく楽しかった!」
なんて可愛いちょっかい出してくる男の子もいて
みんなそれぞれの個性で初めての経験を楽しんでいてくれたようです。
  

「コンサートは静かに聴かねばならない」って
誰が決めたのでしょうね。
「楽しい」気持ちの表し方がみんな違うだけの事。
私達演奏者はお客さんが「楽しい」を伝えてくれることが
何より嬉しいのです。
もちろんそれは限られた環境の中でしか許されないのですが、
でも、「静かに聴かねばならない」ではなく
「楽しいものなんだ!」と感じる気持ちが
やがて「静かに聴きたいな」に変わっていくのではないでしょうか。
そうだといいな〜・・・と思いながら
最近親子コンサートやってます。
2013年12月17日(火) No.346 (お知らせ)

いよいよ明日


クリスマスコンサートin共立信用組合


7(土)は大森駅前にある
くれよんくらぶでコンサートでした。
詳しくはまた報告しますね。

そして14(土)は
共立信用組合のホールでコンサートを
行います。
これは地元の町会が中心となって
地元でのつながりを増やし、地域で
子育て応援隊を作って、地域で子ども達を
守っていこう、という趣旨もあります。
その一環として秋のこどもフェスタに続き、
今回はコンサートということでラトレが
出演することになりました。



現在の申し込みは乳児も合わせて
約90名になっています。
ちょっと大人の数が多いみたいだけど
また素敵な親子や家族にお会いできるのを
楽しみにしています。

申し込みは
info@fuboren.net
(お名前・ご住所・連絡先・参加人数を記載して下さい)

ではお待ちしています。

洋正
2013年12月09日(月) No.343 (お知らせ)

ラトレのわくわくクリスマスコンサート


12月1日(日)

大森にあるラズ大森4階集会室で
今年も参加させていただきました。
ラトレにとっては年に一度の一大イベントです。
なんと今年は100名以上のお客様が遊びに来てくださいました。

今回はクラシックの音楽を静かに聞いてもらう一部、
みんなと一緒に歌を歌う二部、
絵本の読み聞かせの三部の構成で行いました。


前半は初めて聴く曲もあったのか
ゆったりめの物が続いたのでもじもじしているお友達もちらほら。
でもいいんです。
小さいお子さんがじっと座って聞いてることなんてまずないですから。
動きながらでも心地よい音楽が聴こえてきたら
脳はリラックスした状態になります。

そして、よいこのお友達全員にサンタさんからプレゼント!
しかし、プレゼントの箱に鍵がかかっていて・・・
みんなで元気よく歌を歌って鍵を探しました。
プレゼントの中身は・・・内緒です(14日もあるので^^;)


最後の絵本は乳幼児さんには難しい内容だったけど
音楽の美しさや息づかい、優しい空気を感じていただけたのでは
と思います。

最後の歌はみんなで一緒に歌いました。


14日は内容を少し変えてお届けします。
今回は史上最大の作り物の数でしたが、
14日が終わったら公開します!

遊びに来てくださった沢山のお客様
どうもありがとうございました!!
2013年12月03日(火) No.342 (お知らせ)